今日の迷言・余言・禁言

今年は「中傷&暴露合戦」の年?

どうも最近、“戦いの場”を間違えている戦士たちが多いようで、相撲にしろ、レスリングにしろ、本来の“戦いの場”ではないところでガチンコを演じている方達が多い。近年、週刊誌などが片側だけの取材を基に報道するケースが多くなってきたことで、後からもう片方の“反論”を掲載するなどして“泥沼化”する主張が多くなった。ネットなどの書き込みにしても、どちらの側に属するかによって、観方・捉え方が180度異なり、いったいどっちの言い分が正しいのかだんだん分からなくなってくる事象も多い。国家間の“争い事”でも同様の傾向がみられ、どの国の主張が正しいのか、判然としなくなりつつある。今年は特に、年初からそういう感じの“ぶつかり合い”が多い。おそらく、この後も一年間、そういうような出来事が続いていくに違いない。実際、物事には、明らかに“正・邪”を定められるような問題と、なかなか判別がつきにくい問題とがある。例えば“パワハラ”とか“セクハラ”とかにしても、明確な証拠とか証明が出来るものは別として、微妙な場合が山ほどある。昔なら、何の問題もなかったことが現代だと“名誉”や“地位”や“職場”を失う事態に発展しかねない。果たして、それほどのことなのだろうかと首を傾げる場合もあれば、当然だなと思うケースもある。昔なら“闇に葬られた”ような問題も、現代なら徹底的に抉り出される。もちろん、正義は大切なのだが、どこか昔のような“清濁入り交じっている世の中”の方が、懐かしく感じられるのは私だけなのだろうか。


最近の記事はこちら

「自由&平等」は「責任」の元に与えられる

何かが違う。そんな“違和感”をおぼえるのは私だけなのだろうか。全国各地の“同性カップル”が2月14日に国を相手取り“損害賠償”を求めて一斉提訴するというのだ。つまり、同性婚を認めないのは憲法が保障する…続きを読む

長寿「113歳の顔」の特徴

男性としては「現存する世界最高齢」と昨年ギネスで認定されたばかりの足寄町の野中正造氏が亡くなった。1905年7月25日生まれなので享年113歳だった。前日までは元気にしていたらしい。これこそ“大往生”…続きを読む

本人よりも詳しい「オタク」がいる⁉

最近はどういう分野でも“熱烈ファン”や“追っかけ”や“マニアックなオタク”がいる。そして、それらの人は、その人物のあらゆることを知っている。時には、その本人よりも“詳しく知っている”こともある。驚くべ…続きを読む

ホロスコープは「真実」を告げるか

私は、或る程度、どういうところでは何か書くか、何となくだが決めている。そして、ここでは基本的に「占い」を真正面から扱うことはほとんどしないのだが、今日は“どうでも良いニュース”が多かったので、たまには…続きを読む

「竜宮の遣い」出現は“幸運”?“災い”?

「リュウグウノツカイ(竜宮の遣い)」と呼ばれる“深海魚”をご存じだろうか。深海魚であるから、滅多なことでは姿を現さない。体長が3m以上ある太刀魚に似た体形の奇妙な魚類である。昨日、舞鶴市の沖合でこのリ…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.