今日の迷言・余言・禁言

今後も「本当の…」で“殺害”が増えていく

さいたま市の教職員住宅で殺害・遺棄された進藤遼佑くん(9歳)の事件は、同居する義理の父親である進藤悠介(32歳)の逮捕・自供によって一応の決着を見た。殺害動機は「本当の父親ではない」と言われたことらしい。事実を事実として述べただけなのだが、32歳の無職の父には“我慢できない言葉”だったのかもしれない。近年、子連れでの離婚、再婚が増えている。子連れでの「再婚」には当然のことながら“義理の父”或いは“義理の母”としての“難しい問題”が待っている。こればかりはITがどんなに進んでも簡単には解決できない。今回の容疑者の場合、無職で一日中家の中に居て、義理の息子との接触時間が多かったということも、複雑な感情を育てる一因ではあった。実の親子でも、“父親”と“息子”が二人だけで一日中顔を突き合わせていたら、問題が生じやすい。ましてや母親より10歳も年下で見た目的にも“お兄さん”的風貌の人物が「父親」に見えないのは当然だった。経緯的にみると、昨年12月から同棲を始めて、今年3月になって正式に「籍」を入れたらしい。なぜか“妻”の方の籍に入っている。もしかすると“無職の父親”ではいろいろ都合が悪いので、妻側に入った、ということかもしれない。住居的にも、妻が元々居住していた教職員住宅そのままで移動していない。そういう意味でも、息子からしてみれば“家に転がり込んできたお兄さん”であって「本当のお父さん」ではないと思うのは、ごく自然な流れだった。けれども、新米の父親は“父親らしく”自分の息子を注意をする。その時、息子の眼が妙に反抗的だった。言葉ではなく“眼”が反抗的だったのだ。一瞬、父親はうろたえ、より強く注意する。「なんでいうことを聴かないんだ。俺の言うことが聴けないのか」しばらく、二人は互いを見合った。「あんたは本当のお父さんじゃない」噛みしめるように息子は言い、背中を向けようとした。父親はカッとなった。気付けば、息子を絞め殺していたのだ。したがって、容疑者が“悪い奴”なのかと言えば、もちろん“悪い”のだが“根っからの悪い奴”なのではない。ごく普通の“感情に走りやすい奴”であり“プライドの高い奴”なだけである。そうして“そういう奴”は世間に沢山いて、シングルマザーと恋愛・再婚している男性にもたくさんいる。したがって、今回の事件は、今後増えていく可能性の極めて強い“典型”にすぎない。


最近の記事はこちら

「野性の本能」を“許す”ことへの疑問

“動物愛護”とか“動物保護”とかに対して、異常に熱心になる人達がいる。そういう人達が、本当に“愛情深い人”なのかどうか、疑問に思うことが多い。スイスのチューリッヒ動物園で7月4日の午後、来場者たち多数…続きを読む

もはや「温帯気候」ではない日本列島

日本の場合、やはりと言うべきか「防ぎようのない自然災害」の“新しい波”は「集中豪雨」で襲ってきている。それが異常な“今年だけの現象”になるのか、それとも“その後も続く開始年”になるのか見極めは難しい。…続きを読む

「先住民族」に勝てない「文明」という“錯覚”

われわれはどうしても「先住民」とか「原住民」という言葉を聴くと、アフリカの人々を連想しがちである。けれども、実際にはアフリカのほとんどは“文明社会”である。けっして弓矢を持って生活していない。そこへ行…続きを読む

「西之島」は、やがて「日本のムー大陸」になる⁉

「西之島」と言われて、それがどの場所にあるのか即座に答えられる人はそんなにいない。まあ、太平洋の“小笠原諸島”の辺りと答えられれば大正解に近い。とにかく、その辺なのだが、2013年11月にその付近から…続きを読む

「手相の線」に“名前”が無くなったら…

何日か前、手相の方で名前を知られる「にしけい」こと西田圭一郎氏が、私の元を訪ねてきた。彼は手相の本を矢継ぎ早に何冊も出している“新進気鋭⁉”の手相家である。鑑定の方ではなく「占い教室」という形で私に対…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.