今日の迷言・余言・禁言

今後も「本当の…」で“殺害”が増えていく

さいたま市の教職員住宅で殺害・遺棄された進藤遼佑くん(9歳)の事件は、同居する義理の父親である進藤悠介(32歳)の逮捕・自供によって一応の決着を見た。殺害動機は「本当の父親ではない」と言われたことらしい。事実を事実として述べただけなのだが、32歳の無職の父には“我慢できない言葉”だったのかもしれない。近年、子連れでの離婚、再婚が増えている。子連れでの「再婚」には当然のことながら“義理の父”或いは“義理の母”としての“難しい問題”が待っている。こればかりはITがどんなに進んでも簡単には解決できない。今回の容疑者の場合、無職で一日中家の中に居て、義理の息子との接触時間が多かったということも、複雑な感情を育てる一因ではあった。実の親子でも、“父親”と“息子”が二人だけで一日中顔を突き合わせていたら、問題が生じやすい。ましてや母親より10歳も年下で見た目的にも“お兄さん”的風貌の人物が「父親」に見えないのは当然だった。経緯的にみると、昨年12月から同棲を始めて、今年3月になって正式に「籍」を入れたらしい。なぜか“妻”の方の籍に入っている。もしかすると“無職の父親”ではいろいろ都合が悪いので、妻側に入った、ということかもしれない。住居的にも、妻が元々居住していた教職員住宅そのままで移動していない。そういう意味でも、息子からしてみれば“家に転がり込んできたお兄さん”であって「本当のお父さん」ではないと思うのは、ごく自然な流れだった。けれども、新米の父親は“父親らしく”自分の息子を注意をする。その時、息子の眼が妙に反抗的だった。言葉ではなく“眼”が反抗的だったのだ。一瞬、父親はうろたえ、より強く注意する。「なんでいうことを聴かないんだ。俺の言うことが聴けないのか」しばらく、二人は互いを見合った。「あんたは本当のお父さんじゃない」噛みしめるように息子は言い、背中を向けようとした。父親はカッとなった。気付けば、息子を絞め殺していたのだ。したがって、容疑者が“悪い奴”なのかと言えば、もちろん“悪い”のだが“根っからの悪い奴”なのではない。ごく普通の“感情に走りやすい奴”であり“プライドの高い奴”なだけである。そうして“そういう奴”は世間に沢山いて、シングルマザーと恋愛・再婚している男性にもたくさんいる。したがって、今回の事件は、今後増えていく可能性の極めて強い“典型”にすぎない。


最近の記事はこちら

「癒しのジョーク」か⁉「人騒がせ」か⁉

もしもあなたが知人の葬儀に参列していて、その途中で故人の棺桶の中から「お~い、お~い、ここから出してくれ!」という声が聴こえたなら、どうするだろう。もちろん、その場は一瞬、凍り付いた。誰もが、けげんな…続きを読む

“怪しい運動”がBBCで「100人の女性」と評価⁉

欧米人と日本人とでは「評価の基準が異なる」と感じることは多い。英BBCが毎年行っている“人々に感動や影響を与えた”世界各国の「100人の女性」の発表が10月16日に行われ、日本では“女相撲”の復活に取…続きを読む

コンビニもタクシーも「無人」に変わる日

最近は日本のスーパーでも“無人のレジ”が出現し始めている。日本の場合はまだ店内を見渡せば必ず店員さんがいるから良いようなもののアメリカのように“完全無人化の店”が出来始めるのも時間の問題なのかもしれな…続きを読む

「天災」と「死後生命」の不思議

東日本大震災以降「似顔絵ボランティア」を続けて来たイラストレーターの森琢磨氏(46歳)が10月14日に亡くなった。今年2月に「肺がん」が発覚し、その後は闘病が続いていた。彼が東北各県で“似顔絵”をプレ…続きを読む

“無記名書き込み”が「死」を招く

韓国芸能界では、同じような事件があまりにも多い。昨日、ソウル近郊の自宅で、元ガールズグループ“f(x)”で現在は女優主体に活動するソルリ氏(25歳)の自殺遺体が発見された。連絡しても反応がないのに不信…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.