今日の迷言・余言・禁言

体外受精で毎年5万人以上が産れている

予想外に多いものの一つが「体外受精」だ。つまり、SEX無しで産れて来る子供。毎年、5万人以上もいたのだ。良く言えば“未来的な妊娠・出産”。悪く言えば“愛の伴わない妊娠・出産”。いや、正確に言えば“肉体的な愛が伴わない妊娠・出産”ということになる。それでも、確実に増え続けている。社会的には「生殖補助医療」と呼ばれるらしい。ところが、この“体外受精”に関して、さまざまな問題が起こってきている。先日も、元妻が無断で自分の“受精卵”を移植して長女を出産したことにより、精神的な苦痛を受けているという40代の男性が“損害賠償”の訴えを起こした。問題が複雑である。二人は結婚していた当時、不妊治療を受けていて、受精卵を冷凍保存してもらっていた。ところが、その後に別居・離婚している。その離婚前後の時に元妻は移植を受け、離婚後になって長女を出産しているようだ。移植の同意書は“偽造された”ものらしい。こういう場合に“法律上の親子関係”が成立するのかどうか、ということが問題になっている。近年は“代理出産”という“奥の手”もあって、ますます“誰の児”なのかの判定が難しくなっている。昔から「血は水よりも濃い」と言って、嫌でも親子は似るところが出て来るし、本能的な“情愛”を抱くものだ。人相学的に言うと「眉」というのは“血の余り”で出来ているので、“血縁”や“血族”と大いに関係を持っている。「眉」が“形良く、濃く、長い人”は、根本的に“血族”というものを大切にするし、“家系・血統”に導かれた生き方をする。逆に「眉」が極端に薄いとか、抜け落ちているとか、形が変形しているとか、極端に短いのは、いずれも“身内の運”が良くない。こういう人は、かえって“身内から遠ざかった”方が幸運を掴めるものである。アラブ系統の人々など見ると、いずれも極端に“濃く長い眉”の持ち主が多い。彼らはだから、親子・兄弟の絆を異常なほどに重要視する。イスラムの戒律と符合する部分が多いので、アラブ民族にはイスラム教徒が多いのだ。ただ“濃すぎる眉”は、身内との縁が強すぎることで“種々な問題”を抱えるケースも多い。それにしても、自分の“血を分けた子”が育つことによる“精神的な苦痛”というのが、眉の比較的濃い私には、理解に苦しむ。


最近の記事はこちら

習近平&トランプ「暴露本」で、勝つのはどっち⁉

アメリカと中国の貿易戦争が“休戦中”の今、にわかに注目され出したのが「習近平氏の暴露本が出る」という話題だ。もちろん、中国ではなくてアメリカで出る。元々は2015年に香港の銅羅湾書店というところから出…続きを読む

眼が“斜め型”女性の「危険なアルバイト」

一般的な日本人にとって「爬虫類」は“怖い生き物”、或いは“気味の悪い生き物”の印象が強い。私は爬虫類でなくても動物は苦手だが、そういう“生き物”を怖がらない人たちもいる。彼女の場合も、おそらくそうであ…続きを読む

男性社員たちの「奇妙な追悼」の違和感

ときどき私には「理解不能」としか言いようのない出来事が“芸能界”では起こる。例えば過日亡くなった芸能事務所社長・ジャニー喜多川氏に対して、その所属していたタレントたち、要するに男性社員たちなのだが、そ…続きを読む

「優秀な外人」と「粗悪な外人」に挟まれながら…

昨日、今後の日本を考える上で貴重なデータが公表された。十年連続で人口減となったが、その比率は徐々に拡大している。つまり「少子化問題」は待ったなしなのだ。そこでというわけでもないのだろうが、外国人の比率…続きを読む

「アイドル」で“失ったもの”は、もう戻らない

「或る朝、眼が覚めると、僕は有名になっていた」とは詩人バイロンの言葉だが、似たような雰囲気で日本のアイドル達も誕生していく。それは或る意味で、夢見る少女たちにとって“シンデレラ物語”のように魅惑的であ…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.