今日の迷言・余言・禁言

体外受精で毎年5万人以上が産れている

予想外に多いものの一つが「体外受精」だ。つまり、SEX無しで産れて来る子供。毎年、5万人以上もいたのだ。良く言えば“未来的な妊娠・出産”。悪く言えば“愛の伴わない妊娠・出産”。いや、正確に言えば“肉体的な愛が伴わない妊娠・出産”ということになる。それでも、確実に増え続けている。社会的には「生殖補助医療」と呼ばれるらしい。ところが、この“体外受精”に関して、さまざまな問題が起こってきている。先日も、元妻が無断で自分の“受精卵”を移植して長女を出産したことにより、精神的な苦痛を受けているという40代の男性が“損害賠償”の訴えを起こした。問題が複雑である。二人は結婚していた当時、不妊治療を受けていて、受精卵を冷凍保存してもらっていた。ところが、その後に別居・離婚している。その離婚前後の時に元妻は移植を受け、離婚後になって長女を出産しているようだ。移植の同意書は“偽造された”ものらしい。こういう場合に“法律上の親子関係”が成立するのかどうか、ということが問題になっている。近年は“代理出産”という“奥の手”もあって、ますます“誰の児”なのかの判定が難しくなっている。昔から「血は水よりも濃い」と言って、嫌でも親子は似るところが出て来るし、本能的な“情愛”を抱くものだ。人相学的に言うと「眉」というのは“血の余り”で出来ているので、“血縁”や“血族”と大いに関係を持っている。「眉」が“形良く、濃く、長い人”は、根本的に“血族”というものを大切にするし、“家系・血統”に導かれた生き方をする。逆に「眉」が極端に薄いとか、抜け落ちているとか、形が変形しているとか、極端に短いのは、いずれも“身内の運”が良くない。こういう人は、かえって“身内から遠ざかった”方が幸運を掴めるものである。アラブ系統の人々など見ると、いずれも極端に“濃く長い眉”の持ち主が多い。彼らはだから、親子・兄弟の絆を異常なほどに重要視する。イスラムの戒律と符合する部分が多いので、アラブ民族にはイスラム教徒が多いのだ。ただ“濃すぎる眉”は、身内との縁が強すぎることで“種々な問題”を抱えるケースも多い。それにしても、自分の“血を分けた子”が育つことによる“精神的な苦痛”というのが、眉の比較的濃い私には、理解に苦しむ。


最近の記事はこちら

「赤い糸」が「一軒家を無償で借りられる権利」に発展

あなたは「赤い糸プロジェクト」をご存じだろうか。もちろん知らないだろう。大阪市鶴見区のNPO法人「みらくる」が取り組んでいるコロナ困窮者のための“支援プロジェクト”だ。今年9月に立ち上げられたばかりな…続きを読む

ピカピカの40年前に戻る「勇気」

女優の宮崎美子氏が自らの芸能生活“40周年”を記念して「カレンダー&フォトブックセット」を発売した。そして40年ぶりにカメラの前で“ビキニ姿”を公開している。ほぼ同時に「週刊現代」でも11ページにわた…続きを読む

「70代女性」の元気と「30代女性」の体力低下

日本には「スポーツ庁」と呼ばれるものがあって、そこが各世代別の体力や運動能力に関する調査報告を出した。それによると「東京オリンピック」が行われた1964年当時に比べて、令和の60代後半~70代の女性は…続きを読む

麻薬首領「ゴッドファーザー」は「前国防相」だった

あなたは「ゴッドファーザー」という名曲、或いは映画を知っているだろうか。知っているなら若くはない。とにかく私の大好きな映画音楽だった。もちろん、大ヒットした映画も「マフィア」を描いているのだが、それで…続きを読む

預金1000万が「宝の持ち腐れ」になる⁉

世の中に「心配性」の人は多い。心配性の人は、どんなに周りが「大丈夫」といったところで訊く耳を持たない。大体が“長期的未来”を考えすぎる。「未来」とか「将来」について考えることは悪いことではないが、せい…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.