今日の迷言・余言・禁言

何かがおかしい“生涯未婚率”の増加

男性の“生涯未婚率”がひそかに上昇している。もちろん“生涯未婚率”というのは“未婚”のまま人生を歩むことで、“離婚経験者”を含まない。基準は50歳で、それまでに入籍・結婚したことがなければ当てはまることになる。現在は23%だが、2035年には約30%になると予測されている。男性の三人に一人は“独身のまま生涯を送る”ことが特別なことではなくなるのだ。今から40年ほど前の日本では、考えもしなかった世界がやってくることになる。私が20代の時、周りは既にみな結婚していた。私はなんとなく“取り残されたような気持ち”だった。このまま独身で終わってしまうのではないか、と不安が過ぎることもあった。それがのちに二回も結婚することになったのだから、世の中は解らない。今にして思うと、私はあまりにも消極的で受け身であった。“恋愛”や“結婚”を重く捉えすぎると、実質的に“結婚”は遠のく。それは占い師として、これまで多数の男女を見てきて実感していることで、特に男性で未婚のまま終わる人には“結婚”を重く捉えすぎている人が多い。確かに就職と違って、合わないから辞めて別のところを…と簡単にはいかない。けれども実質的には、一緒に暮らしてみなければ本当に“合うかどうか”など解からないものである。「相性」を必要以上に気にする人がいるが、100%の相性などというものは土台がない。或る程度の協調性は、誰と一緒に暮らす場合でも必要である。同性の友達を得る場合でも、相性を気にして付き合うようなことは普通しない。いつの間にか仲良くなっていく、というのが最も自然で長続きもする。“恋愛・結婚”も同じようなものだと考えれば良い。無理をすると長続きしない。“恋愛”が長続きしない人には、無理をしてでも交際しようとする人が多い。“お見合い”でも、不似合いな相手とは当然のことだがまとまりにくい。基本、飲食の好み、服装の好み、著名人の好みが共通していれば、占いなど不必要で相性は良い。あとはタイミングの問題で「結婚」はタイミングが八割、どんなに相性が良くても時機を逸すると、その相手とは結婚できない。これらを参考にすれば、生涯未婚率は減っていく?


最近の記事はこちら

神の館で「心の衣裳」は剥ぎ取られていく

近代に入って世界的にじわじわと勢力を拡大しつつあるのが「イスラム教」という宗教である。一日5回の厳格な礼拝義務を課すこの宗教が、ITが普及した現代でも受け入れられているのは奇妙な気もするが、一つだけ“…続きを読む

「くじ」で決まった“落選”が覆される⁉

人には“運不運”というものが有る。その象徴ともいえるものが「くじ運」だ。もし「くじ」で“その職業”を失ったとしたら、あなたは黙っているだろうか。松浦千鶴子氏は黙っていなかった。昨日、選挙管理委員会に対…続きを読む

「悪い予感」が的中した話

書こうか書くまいか、私には珍しく迷った。けれども、もう20年も前のことなので“懺悔”的な意味も含めて書くことにした。先日、パリのノートルダム寺院が焼けたが、あの映像を見ていて、私には何故か20年前の“…続きを読む

“最悪三人組”が経営する「怖~い病院」

「類は友を呼ぶ」という言葉があるが、確かにそういう傾向はある。昨日、福岡県警に摘発された医師達などは正にその典型と言える。どういう仲間だったのかというと、まず一人目は院長で井上勉(61歳)。この人物は…続きを読む

ジェドカラー「貴族の墓」は“大発見”の予兆か⁉

4月13日エジプトのサッカラで、今から4400年前のものとみられる「貴族の墓」が報道陣に公開された。古代エジプト王朝で言えば第5王朝の時代のもので、ギザの大ピラミッドで有名な「クフ王のピラミッド」から…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.