今日の迷言・余言・禁言

何が「チャンスの女神」か、誰にも解からない

世の中には簡単には“評価できない職業”というものがある。“俳優・タレント”という職業も評価が難しい。週三日・不動産会社の事務をして生計を立てている“女優・タレント”多岐川華子さんも、そういう一人だ。この人の母親は「多岐川裕美」という看板女優だった。その二世タレントということで比較的早くから芸能界で仕事をして、これからというとき「松方弘樹」の息子と結婚した。そして一年も経たずに離婚した。このことが彼女にとってはマイナスに作用し、その後は簡単に仕事が得られなくなった。そこで“普通の会社勤め”を始めたというわけだ。その一方で最近は“婚活”もしているらしい。元々“お嫁さん願望”が強い人なのだろう。これも、評価が難しい。近年、“お嫁さん願望”の強い女性は少なくなった。まるで社会に出て働くことが当然でもあるかのような、世間の風潮がある。けれども、今から40年ほど前までは、女性たちの多くは“お嫁さん願望”を持っていた。家庭に入って“良い奥さん”、或いは“良いお母さん”となることが、多くの女性達の願いだったのだ。そういう意味では、多岐川華子さんには“古風な点”があるのかもしれない。母親が看板女優だったからと言って、その娘が同じようになるとは限らない。似たケースでは坂口杏里さんがいる。この二人、一見、似ているが方向性が全く異なる。多岐川華子さんの方は“堅実型”である。きちんとした形で就職し、きちんとした形で結婚したいという意識が垣間見える。離婚の仕方が悪かったので、そのあと崩れても仕方がない状況ではあったが、見事“堅実型”で立ち直ろうとしている。ここに、似たような境遇にあっても、その“生き方の選択”によって、同じような人生にはならないことの“お手本”がある。短い期間に、さまざまな出来事を経験し、いろいろな人達と関わっていくことで、女優・タレントとしても、女性・多岐川華子としても、今度は“本当のスポットライト”を浴びられる日がやって来るに違いない。


最近の記事はこちら

「病は気から」は本当だったが…

北大の村上教授を中心とする免疫学チームが「病は気から」のことわざを実証するデータを15日オンライン科学誌上で発表した。つまり、マウス実験により睡眠不足などの慢性的なストレスを与えて、それに神経細胞を攻…続きを読む

「心霊スポット」は避けたがるのが霊視者

人には“霊的存在”を見たり感じたりできる体質と、そうでない体質の人達がいる。そして実際には“そうでない体質”の人達が圧倒的に多い。したがって“見たり感じたりできる体質”を否定したり、逆に、羨ましがった…続きを読む

「三つの国」へのメッセージ

昨日、北朝鮮で拘束されていたカナダ人の牧師が解放された。なぜ解放されたのか、答えは簡単である。カナダが水面下で北朝鮮との交渉に応じて何かの交換条件を呑んだか、いくばくかの金銭を支払ったか、いずれかであ…続きを読む

超アウトな「わいせつ罪」の施行

世の中にはいろいろな趣味・嗜好の人がいて、最近はいろいろな“わいせつ犯罪”が報道されるので、滅多なことでは驚かなくなった。そういう私でも“超アウト”に感じたのが今回の逮捕劇だった。静岡県で起きた父親が…続きを読む

「間近で見たい」と思わせるスター

私は個人的に人を差別する方ではないので、一般の方達の“ファン気質”というものが今一つよく解からない。例えば芸能人でも、スポーツ選手でも、政治家でも、その人が有名だから「間近で見てみたい」という風な気持…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.