今日の迷言・余言・禁言

何が「チャンスの女神」か、誰にも解からない

世の中には簡単には“評価できない職業”というものがある。“俳優・タレント”という職業も評価が難しい。週三日・不動産会社の事務をして生計を立てている“女優・タレント”多岐川華子さんも、そういう一人だ。この人の母親は「多岐川裕美」という看板女優だった。その二世タレントということで比較的早くから芸能界で仕事をして、これからというとき「松方弘樹」の息子と結婚した。そして一年も経たずに離婚した。このことが彼女にとってはマイナスに作用し、その後は簡単に仕事が得られなくなった。そこで“普通の会社勤め”を始めたというわけだ。その一方で最近は“婚活”もしているらしい。元々“お嫁さん願望”が強い人なのだろう。これも、評価が難しい。近年、“お嫁さん願望”の強い女性は少なくなった。まるで社会に出て働くことが当然でもあるかのような、世間の風潮がある。けれども、今から40年ほど前までは、女性たちの多くは“お嫁さん願望”を持っていた。家庭に入って“良い奥さん”、或いは“良いお母さん”となることが、多くの女性達の願いだったのだ。そういう意味では、多岐川華子さんには“古風な点”があるのかもしれない。母親が看板女優だったからと言って、その娘が同じようになるとは限らない。似たケースでは坂口杏里さんがいる。この二人、一見、似ているが方向性が全く異なる。多岐川華子さんの方は“堅実型”である。きちんとした形で就職し、きちんとした形で結婚したいという意識が垣間見える。離婚の仕方が悪かったので、そのあと崩れても仕方がない状況ではあったが、見事“堅実型”で立ち直ろうとしている。ここに、似たような境遇にあっても、その“生き方の選択”によって、同じような人生にはならないことの“お手本”がある。短い期間に、さまざまな出来事を経験し、いろいろな人達と関わっていくことで、女優・タレントとしても、女性・多岐川華子としても、今度は“本当のスポットライト”を浴びられる日がやって来るに違いない。


最近の記事はこちら

「アップルウォッチ」が“殺人”を暴くか⁉

トルコ政府に近い地元紙「サババ」は13日、イスタンブールのサウジアラビア総領事館を10月2日に訪問して後、行方不明となっているサウジ人の新聞記者カショギ氏が、サウジアラビアから来た“暗殺集団”に激しく…続きを読む

なぜか『ムー』だけが残った

10月12日から都内で秘かに開催されているのが「創刊40周年・ムー展」である。1979年10月の創刊から正確に言うと来年で40周年になる。まあ1年前倒しでの“40周年記念イベント”らしい。創刊当時から…続きを読む

「中高生アイドル」の問題点

今年3月に自殺した松山市を拠点とする“農業アイドル”「愛の葉ガールズ」の大本萌景(ほのか)さん・享年16歳のご遺族が、娘が自殺したのは所属事務所社長のパワハラが原因として9200万円の訴訟を起こした。…続きを読む

「別件」が気になる「ミイラ取り捜査官」

時々、ニュースそのものよりも、その“関連事項”の方に惹きつけられることがある。札幌駅付近で10月10日に逮捕された成田順容疑者の「覚せい剤事件」もそうだ。実は彼は2008年4月から、ずっと“薬物捜査”…続きを読む

「福」をもたらすドロドロ鬼神

10月8日9日に沖縄の宮古島に行くと、あなたにもきっと「福」が授けられる。但し、少々汚くなるし、泥臭くもなるけど、その辺は我慢しなければならない。この島では毎年、国の重要無形民俗文化財にもなっている「…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.