今日の迷言・余言・禁言

何故か「死を招く」“150度アスペクト”の不思議

昨日、沖縄の翁長雄志知事が亡くなられた。実は今年に入って急速に顔貌が変化し痩せてきていて、おやっと思っていたのだが“すい臓がん”で4月に手術を行っていたらしい。いったんは回復したようだが、今月6日に緊急入院、昨夜亡くなった。“新基地建設反対”を最後まで貫いたが、それを表すかのような鼻脇の“法令線”が際立った顔貌だった。法令線が際立っている人は、自分が守っていかなければならない“領域”というものを常に意識している。“良い・悪い”は別として、そういう意味では“使命感”の強い人生を歩む。もう一つ、今回の“死亡”で私が改めて感じたのは、ホロスコープにおける“死の暗示”である。私は著名人が亡くなった場合、必ずと言ってよいほどホロスコープ(出生天球図)を作成し、“死の暗示”を探し出す。そうするようになって、もう何年にもなるが、ほとんどの場合にトランジットと呼ばれる現在進行中の“主要惑星”と、ネイタルと呼ばれる出生時点での惑星との間に“特異な惑星配置”が生じている。つまり、そういう惑星配置が生じることで“人生上の主要な出来事”が起こってくるのだ。その中でも、死亡時点で多いのが“トランジット惑星”と“ネイタル惑星”とが作り出す“150度アスペクト”である。翁長知事の場合にも、トランジットの冥王星が出生時の冥王星に対して150度、トランジットの海王星が出生時の海王星に対して150度、トランジットの天王星が出生時の火星に対して150度を形成した時点で命運が尽きている。なぜトランジットと出生時の“同一惑星同士”が150度となるときに“命運”が尽きやすいのか、なぜ180度ではなく150度なのか、なぜ“出生時・太陽”に対してではなく“同一惑星”に対しての時なのか、その理由はわからない。ただ圧倒的な比率で“同一惑星への150度の時”が危ないということだけはデータ的に自信を持って言えるのだ。

 


最近の記事はこちら

旧暦「七夕」は、やっぱり“手書き”

近年、中国は急速な勢いで“IT王国”に変わった。どこでもスマホ決済が当たり前になり、タクシーアプリを使うのが当然になりつつある。そんな中国で、意外に進んでいないのが“婚活事情”だ。もちろん、それは中国…続きを読む

心を癒すのは「ペットロボット」&「3Dキャラクター」

バーチャルシンガー「初音ミク」は一部で熱狂的人気を集める“2次元キャラクター”だが、その初音ミクと“結婚した”という30代の公務員が現れた。もちろん正式な「婚姻証明書」も所有している。IOTベンチャー…続きを読む

「聖職者」が「性食者」に変わる時

アメリカのペンシルバニア州の教会で70年間にわたり、カトリックの高位聖職者たちが、そこに通う子供たちに対して“性的虐待を行っていた”という驚くべき報告書が8月14日に公表された。この報告書は専門の調査…続きを読む

“富士子容疑者”は「殺人のプロ」なのか

昨日、今年5月に三重県鈴鹿市で起きた“夫殺人”の容疑者・横山富士子(46歳)が再逮捕された。同時に、これまで除外されていた富士子の実母・愛子(69歳)も“新たに逮捕”された。つまり、21歳年下の夫を不…続きを読む

新ジャンボ1等賞金20億円、6等賞金10万円⁉

総務省から昨日2017年度“宝くじ”の売上額が20年ぶりに8000億円を割り込んだことが報告された。近年の“宝くじ”は不振が続いていて、2005年度の1兆1047億円をピークに毎年減少している。昨年は…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.