今日の迷言・余言・禁言

何故か「死を招く」“150度アスペクト”の不思議

昨日、沖縄の翁長雄志知事が亡くなられた。実は今年に入って急速に顔貌が変化し痩せてきていて、おやっと思っていたのだが“すい臓がん”で4月に手術を行っていたらしい。いったんは回復したようだが、今月6日に緊急入院、昨夜亡くなった。“新基地建設反対”を最後まで貫いたが、それを表すかのような鼻脇の“法令線”が際立った顔貌だった。法令線が際立っている人は、自分が守っていかなければならない“領域”というものを常に意識している。“良い・悪い”は別として、そういう意味では“使命感”の強い人生を歩む。もう一つ、今回の“死亡”で私が改めて感じたのは、ホロスコープにおける“死の暗示”である。私は著名人が亡くなった場合、必ずと言ってよいほどホロスコープ(出生天球図)を作成し、“死の暗示”を探し出す。そうするようになって、もう何年にもなるが、ほとんどの場合にトランジットと呼ばれる現在進行中の“主要惑星”と、ネイタルと呼ばれる出生時点での惑星との間に“特異な惑星配置”が生じている。つまり、そういう惑星配置が生じることで“人生上の主要な出来事”が起こってくるのだ。その中でも、死亡時点で多いのが“トランジット惑星”と“ネイタル惑星”とが作り出す“150度アスペクト”である。翁長知事の場合にも、トランジットの冥王星が出生時の冥王星に対して150度、トランジットの海王星が出生時の海王星に対して150度、トランジットの天王星が出生時の火星に対して150度を形成した時点で命運が尽きている。なぜトランジットと出生時の“同一惑星同士”が150度となるときに“命運”が尽きやすいのか、なぜ180度ではなく150度なのか、なぜ“出生時・太陽”に対してではなく“同一惑星”に対しての時なのか、その理由はわからない。ただ圧倒的な比率で“同一惑星への150度の時”が危ないということだけはデータ的に自信を持って言えるのだ。

 


最近の記事はこちら

驚異のベストセラー⁉『反日種族主義』日本語訳の誕生

北朝鮮中央通信が9月13日、韓国で出版されている書籍に対して痛烈な批判を行った。北朝鮮のマスコミが海外の民間人が執筆した書籍に対して批評・論評することは滅多にない。どんな本に対して批判したのかというと…続きを読む

“高齢者”と“独身者”の「ハーフ婚」はいかが⁉

最近、どの調査を見ても「日本」がダントツに“1位”を獲得できるものはなくなってきている。そういう中で、唯一“ダントツ1位”をこれからも維持していけそうなのが、65歳以上の高齢者が占める人口比率であるら…続きを読む

「長命」でも「長寿」ではなかった夫婦

世の中には“何となく哀しい”と思えるような事件が時々ある。9月14日早朝、一人の老人が逮捕された。自ら110番をしてきて「家内を殺してしまった。自殺できなかった」と告白し、警察が110番した男の自宅に…続きを読む

「名月」&「雅楽」こそ“日本の美”

私はときどき、自分が日本人らしい生活の仕方をしているのか疑問に思う。少なくとも“平安時代”のような生活からは程遠い。けれども日本に産まれ、日本人の両親を持ち、日本の大地で育ってきたから、日本人特有の「…続きを読む

「ウルトラマン・ブッダ」が地球を救う⁉

タイが“仏教王国”であることは広く知られている。国民の94%が敬虔な仏教徒だ。けれども若い人たちは、必ずしも「仏陀(ブッダ)」だけが“人類を救う”とは思っていない。“正義の味方”であるウルトラマンだっ…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.