今日の迷言・余言・禁言

個性が「½」を許さなくなる

時々“そんな噂があるんだ”と思うような「噂」に驚くことがある。先日知ったのは“仲が悪い”と噂されている“芸人コンビ”たちである。例えば、“オリラジ”の藤森&中田、“ピース”の綾部&又吉、“オードリー”の若林&春日、“ナインティナイン”の岡村&矢部、“ウッチャンナンチャン”の南原&内村などである。実は、同じような“噂”を扱った別の記事では“フット”の後藤&岩尾、“とんねるず”の石橋&木梨、“アンタッチャブル”の山崎&柴田のコンビも名が出ていた。けれども、最初の記事の方が“実際の不仲”に基づいている噂のようだ。中には相方を“表舞台から消してしまおう”的な発言をする過激な人物もいるらしい。苦労を共にして脚光を浴びたコンビの発言とも思えない。そこまで言わなくても、楽屋で“一言も口を利かない”などピリピリムードのケースが多いという。共通しているのは、最近はほとんどコンビで仕事をしていない、という点である。“ピース”の綾部など、単身でのアメリカ行きまで宣言している。これでは一緒に仕事が出来るはずがない。南原氏と内村氏は別々に仕事をするようになって長い。コンビであったことを忘れさせるほどに長い。そういう点からいうと、後者の記事で取り上げていた“不仲説”の芸人たちは、今でも一緒の仕事を続行していたりもする。それにしても、どうして“芸人コンビ”は仲が悪くなっていくのだろう。一つには、それぞれの個性を“自由に発揮できる場”を与えられたからである。元々“芸人”を目指すくらいだから、個性の強い者同士なのだ。その“個性”を上手く相手に合わせながら舞台を努めてきた。それが人気が出て、TV・雑誌などに出る機会が増え、自分の個性を生のまま出してもOKの味を覚えた。もう舞台脚本に従ったセリフでなくてもOKなのだ。そちらの方がずっと楽である。笑いも取れる。“コンビで舞台”の歯車が嚙み合わなくなるのは当然なのだ。“ピース”の綾部など“大先生”を相手に突っ込めなくなったから、ニューヨークに“出稼ぎに行きたく”なるのも仕方がないのだ。“オードリー”の春日など元々“笑いのセンス”などないのだから、身体を鍛えるしかないではないか。こうして“笑えないコンビ”が増えていく。


最近の記事はこちら

入場料“1500円の書店”は成功するか

東京・六本木の青山ブックセンターの跡地に、昨日、新たな書店「文喫(ぶんきつ)」がオープンした。書店としては中型規模の売り場面積だが、入場する時に“入場料1500円”を支払わなければならない。新たなビジ…続きを読む

「千尋」から「弌大」への改名は最悪⁉

私はこれまでにも何度か「読めない文字を使った命名はすべきでない」と記してきた。今回は正にその典型である。昨日、プロ野球の日ハムに新規加入した元オリックス・金子千尋(かねこちひろ)選手の入団発表があった…続きを読む

両肢の間に「跪かせる治療法」は危ない⁉

世の中には「どう見たって…妖しい」と思うような治療法が山ほど存在する。けれども、それで実際に効果があるのであれば、誰も口をはさめない。ブラジルでは時折、その手の治療法が流行する。私がまだ20代の頃だっ…続きを読む

「転落死」しなかったことが奇跡⁉

欧米人の中には時々とんでもないことを思いつき、そして実行してしまう“危ない冒険野郎”がいる。12月5日に「動画サイト」に投稿され、現在は削除された「ピラミッド頂上で全裸になってSEX」動画がある。映像…続きを読む

ミャンマーの「赤い靴」

「赤い靴」という童謡を知っているだろうか。「♪赤い靴はいてた女の子…異人さんに連れられ行っちゃった」で始まる“もの哀しい曲”だ。私は幼い頃、この歌をなぜか“とても美しい歌”のように思っていた。それは多…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.