今日の迷言・余言・禁言

個性が「½」を許さなくなる

時々“そんな噂があるんだ”と思うような「噂」に驚くことがある。先日知ったのは“仲が悪い”と噂されている“芸人コンビ”たちである。例えば、“オリラジ”の藤森&中田、“ピース”の綾部&又吉、“オードリー”の若林&春日、“ナインティナイン”の岡村&矢部、“ウッチャンナンチャン”の南原&内村などである。実は、同じような“噂”を扱った別の記事では“フット”の後藤&岩尾、“とんねるず”の石橋&木梨、“アンタッチャブル”の山崎&柴田のコンビも名が出ていた。けれども、最初の記事の方が“実際の不仲”に基づいている噂のようだ。中には相方を“表舞台から消してしまおう”的な発言をする過激な人物もいるらしい。苦労を共にして脚光を浴びたコンビの発言とも思えない。そこまで言わなくても、楽屋で“一言も口を利かない”などピリピリムードのケースが多いという。共通しているのは、最近はほとんどコンビで仕事をしていない、という点である。“ピース”の綾部など、単身でのアメリカ行きまで宣言している。これでは一緒に仕事が出来るはずがない。南原氏と内村氏は別々に仕事をするようになって長い。コンビであったことを忘れさせるほどに長い。そういう点からいうと、後者の記事で取り上げていた“不仲説”の芸人たちは、今でも一緒の仕事を続行していたりもする。それにしても、どうして“芸人コンビ”は仲が悪くなっていくのだろう。一つには、それぞれの個性を“自由に発揮できる場”を与えられたからである。元々“芸人”を目指すくらいだから、個性の強い者同士なのだ。その“個性”を上手く相手に合わせながら舞台を努めてきた。それが人気が出て、TV・雑誌などに出る機会が増え、自分の個性を生のまま出してもOKの味を覚えた。もう舞台脚本に従ったセリフでなくてもOKなのだ。そちらの方がずっと楽である。笑いも取れる。“コンビで舞台”の歯車が嚙み合わなくなるのは当然なのだ。“ピース”の綾部など“大先生”を相手に突っ込めなくなったから、ニューヨークに“出稼ぎに行きたく”なるのも仕方がないのだ。“オードリー”の春日など元々“笑いのセンス”などないのだから、身体を鍛えるしかないではないか。こうして“笑えないコンビ”が増えていく。


最近の記事はこちら

ややこしい「X」という“第3の性”

最近は「LGBT」という用語も頻繁に見かけるようになって、説明の必要がなくなりつつある。要するに“広義の同性愛的”生き方を求める人たちの総称である。ところが、ここにきて「もう一つの形」が加わりそうなの…続きを読む

「逆イールド」が日本株を急落させる⁉

今年の1月5日、私は今年の「日本株」がドル円相場や原油価格が落ち着くまでは、完全な“上昇気流”に乗ることは難しくアップダウンの激しい相場展開になるだろうことを予告した。ドル円相場では1ドル113円台に…続きを読む

「カジノ」で“勝つ”か“負ける”かの選挙戦

北海道と大阪府の知事選で“勝つ”か“負ける”かの「鍵」を握っていそうなのが「カジノ」である。カジノというのは文字通り“勝ち・負け”を競うところだが、そのカジノ誘致が経済活性化の起爆剤と「噂」されている…続きを読む

不可思議なもの「親の血を引く兄弟」

昔、北島三郎氏は「♪親の血を引く兄弟よりも…」と歌った。実際、世の中には“実の兄弟”よりもはるかに“兄弟的な関係”となる友人・仲間・同僚を持つ人達もいる。特に20代から50代くらいまでの間、血縁者たち…続きを読む

「未来」には“さまざまな選択肢”がある

人は思いつめると「もう、これしかない」という結論に陥りがちなものである。さまざまな事件とか、犯行とかは、そういう時に起こる。世の中には、最初から“犯罪者的素質”を持って生まれている人もいることはいるが…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.