今日の迷言・余言・禁言

“健全な沢尻エリカ”には魅力がない

或る雑誌が女優・沢尻エリカ主演のドラマ「母になる」を取り上げ、それと同時に、今から十年前の「別に…」発言と、そのバッシング報道の在り方を書いていた。確かに、あの頃「エリカ様」は一躍有名になったのだ。女優が、舞台挨拶の“ちょっとした発言”一つで、これほど有名になった例は記憶にない。それだけ良くも悪くも「別に…」はインパクトがあったのだ。その結果として、この女優には何故か“ダーティー”なイメージが付き、表舞台からしばらくの間消された。今回は主演ドラマだが、残念ながら彼女のイメージとは合わない。その結果、彼女の持っている“普通”の部分だけが際立ち、つまらない作品となっている。そう、この人にはせっかく“悪女”的なイメージがあるのに、それを全く活かせていない。大体、母親役そのものが似合わない。本人も、経験のない役どころで戸惑っているかのようである。ましてや、“平凡な主婦”という役どころが何とも不似合いなのだ。自分の子供が誰かに連れ去られて、記憶をなくした後で再会する設定なのだが、そうであれば“空白の歳月”の苦悩が滲み出ていなければならない。それがまるでないのだ。子役として出ている少年も、まったく翳りがなく、より作品を“嘘っぽく”感じさせる。だからドラマの中に入っていけない。むしろ、あの「沢尻エリカ」はどこに行ってしまったんだろう、という想いだけが霧のように立ち込める。これは本人の志向なのだろうか。それとも所属する会社としての方針なのだろうか。“普通の主婦”というイメージの方が売り込みやすいからだろうか。日本には“悪女”を演じられる女性がほとんどいない。だから、悪女が出て来るような“大人の作品”は、総じてつまらないドラマになってしまうケースが多い。この女優は、そういう意味で最高のイメージを与えられていたのに、つまらない“普通の主婦”となって、すべてを失ってしまった。


最近の記事はこちら

「病は気から」は本当だったが…

北大の村上教授を中心とする免疫学チームが「病は気から」のことわざを実証するデータを15日オンライン科学誌上で発表した。つまり、マウス実験により睡眠不足などの慢性的なストレスを与えて、それに神経細胞を攻…続きを読む

「心霊スポット」は避けたがるのが霊視者

人には“霊的存在”を見たり感じたりできる体質と、そうでない体質の人達がいる。そして実際には“そうでない体質”の人達が圧倒的に多い。したがって“見たり感じたりできる体質”を否定したり、逆に、羨ましがった…続きを読む

「三つの国」へのメッセージ

昨日、北朝鮮で拘束されていたカナダ人の牧師が解放された。なぜ解放されたのか、答えは簡単である。カナダが水面下で北朝鮮との交渉に応じて何かの交換条件を呑んだか、いくばくかの金銭を支払ったか、いずれかであ…続きを読む

超アウトな「わいせつ罪」の施行

世の中にはいろいろな趣味・嗜好の人がいて、最近はいろいろな“わいせつ犯罪”が報道されるので、滅多なことでは驚かなくなった。そういう私でも“超アウト”に感じたのが今回の逮捕劇だった。静岡県で起きた父親が…続きを読む

「間近で見たい」と思わせるスター

私は個人的に人を差別する方ではないので、一般の方達の“ファン気質”というものが今一つよく解からない。例えば芸能人でも、スポーツ選手でも、政治家でも、その人が有名だから「間近で見てみたい」という風な気持…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.