今日の迷言・余言・禁言

偶然の「選択」と、必然からの「選択」

私たちの日常は“偶然の選択”と“必然からの選択”のどちらかを採用し続けて今日に至っています。もちろん“偶然の選択”とは“意図的ではなく選び出されること”で、たまたまそうなったとか、そうせざるを得なかったような場面での選択です。入学でも、就職でも、恋愛でも、結婚でも、人生上のあらゆる場面で“偶然の選択”となる場合があります。たまたま“近かった”のでその学校を選んだ。たまたま一番先に“内定が来た”のでその会社に決めた。たまたま同じ“テーブルで隣り合わせた”ので会話し恋愛が始まった。たまたま失敗し“妊娠した”ので結婚を決めた…。このようなケースとは逆に、意図的にそれだけを求めて突き進むこともあります。“希望する仕事に就くため”この学校を選んだ。尊敬する“先輩を慕って”この会社に入社した。最高に“可愛かったので”必死で恋愛にこぎつけた。どうしても“この女性と結婚したかった”ので粘り強くプロポーズし続けた…。ところが人生には“必然からの選択”が許されない場合もあります。例えば自分が気に入っても、相手側の方が拒絶する場合です。結局、“偶然の選択”ばかりというわけにもいかず、“必然の選択”ばかりというわけにもいかないのが人生なのです。しかも、そのどちらを選択すれば「幸福」なのかは一概に言えません。最終的に「運命」は、その人にふさわしいものを“選択させている”のかもしれません。


最近の記事はこちら

旧暦「七夕」は、やっぱり“手書き”

近年、中国は急速な勢いで“IT王国”に変わった。どこでもスマホ決済が当たり前になり、タクシーアプリを使うのが当然になりつつある。そんな中国で、意外に進んでいないのが“婚活事情”だ。もちろん、それは中国…続きを読む

心を癒すのは「ペットロボット」&「3Dキャラクター」

バーチャルシンガー「初音ミク」は一部で熱狂的人気を集める“2次元キャラクター”だが、その初音ミクと“結婚した”という30代の公務員が現れた。もちろん正式な「婚姻証明書」も所有している。IOTベンチャー…続きを読む

「聖職者」が「性食者」に変わる時

アメリカのペンシルバニア州の教会で70年間にわたり、カトリックの高位聖職者たちが、そこに通う子供たちに対して“性的虐待を行っていた”という驚くべき報告書が8月14日に公表された。この報告書は専門の調査…続きを読む

“富士子容疑者”は「殺人のプロ」なのか

昨日、今年5月に三重県鈴鹿市で起きた“夫殺人”の容疑者・横山富士子(46歳)が再逮捕された。同時に、これまで除外されていた富士子の実母・愛子(69歳)も“新たに逮捕”された。つまり、21歳年下の夫を不…続きを読む

新ジャンボ1等賞金20億円、6等賞金10万円⁉

総務省から昨日2017年度“宝くじ”の売上額が20年ぶりに8000億円を割り込んだことが報告された。近年の“宝くじ”は不振が続いていて、2005年度の1兆1047億円をピークに毎年減少している。昨年は…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.