今日の迷言・余言・禁言

偶然の「選択」と、必然からの「選択」

私たちの日常は“偶然の選択”と“必然からの選択”のどちらかを採用し続けて今日に至っています。もちろん“偶然の選択”とは“意図的ではなく選び出されること”で、たまたまそうなったとか、そうせざるを得なかったような場面での選択です。入学でも、就職でも、恋愛でも、結婚でも、人生上のあらゆる場面で“偶然の選択”となる場合があります。たまたま“近かった”のでその学校を選んだ。たまたま一番先に“内定が来た”のでその会社に決めた。たまたま同じ“テーブルで隣り合わせた”ので会話し恋愛が始まった。たまたま失敗し“妊娠した”ので結婚を決めた…。このようなケースとは逆に、意図的にそれだけを求めて突き進むこともあります。“希望する仕事に就くため”この学校を選んだ。尊敬する“先輩を慕って”この会社に入社した。最高に“可愛かったので”必死で恋愛にこぎつけた。どうしても“この女性と結婚したかった”ので粘り強くプロポーズし続けた…。ところが人生には“必然からの選択”が許されない場合もあります。例えば自分が気に入っても、相手側の方が拒絶する場合です。結局、“偶然の選択”ばかりというわけにもいかず、“必然の選択”ばかりというわけにもいかないのが人生なのです。しかも、そのどちらを選択すれば「幸福」なのかは一概に言えません。最終的に「運命」は、その人にふさわしいものを“選択させている”のかもしれません。


最近の記事はこちら

「果実」として生きていく姓名

人間の「姓名」というのは、時としてその人の人生を決める。その代表的な人物の一人が「フルーツしか食べない男」として知られる中野瑞樹氏だ。彼は自分の身体を“実験台”として、果物と人間との関係を研究している…続きを読む

「19,000人減」発表で1位→17位転落

2019年卒業予定の学生たちによる就職希望企業ランキングが発表された。そこには“常連”の顔がない。昨年度1位だったはずの「みずほ銀行」が消えているのだ。何んと今年は17位。別に大きな不祥事があったから…続きを読む

「宝くじ」当選で人生が変わる⁈

昨日、たまたま「宝くじ」売り場の前を通った。そうしたら、珍しいことに誰も人が並んでいなかった。それで久しぶりで購入する気になった。そういう日、宝くじが当たるのは何かしらの偶然が作用しているケースが多い…続きを読む

大仁田「フォール負け」からの出発

当然と言えば当然のことなのであるが、昨日開票となった佐賀県神埼市の市長選で現職の松本茂幸氏の四選を阻もうと出馬した元プロレスラー・参議院議員の大仁田厚氏が大敗をした。何んと十倍近い得票数の差があった。…続きを読む

過酷過ぎる減量で王者は作れない

極めて珍しい形の“王者剥奪”が起こった。ボクシングのWBC世界フライ級王者・比嘉大吾選手が、対戦前の“前日軽量”で体重が900gオーバーし“不戦負け”となってしまったのだ。ボクシングは各階級の体重制限…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.