今日の迷言・余言・禁言

優しさか、冷たさか、自由奔放か

日米首脳会談に随行する明恵夫人は10日、ワシントンの聴覚障碍者の大学を訪れたが、通常、案内役として同行する大統領夫人の姿はなかった。このことをアメリカのマスコミは“異例のこと”として取り上げている。その一方で、安倍首相とトランプ大統領の“19秒間の握手”も、同じように“異例”として取り上げられた。今回メラニア・トランプ大統領夫人は、別荘へと向かう空軍基地から合流する形をとった。なぜ、メラニア夫人は明恵夫人の案内役を嫌ったのだろう。いくつかの理由が考えられる。その一つは“聴覚障碍者の施設”等には興味がない。また案内できるほどの知識もない。そもそも自分は大統領夫人なのに、なぜ日本の首相夫人が行きたい場所に同行しなければならないのか。食事会に付き合えば十分ではないか。大体が自分は“大統領夫人”を目指して彼と結婚したのではない。私は“不動産王”と結婚したのだ。明恵夫人にしたって、元々は大手企業の社長令嬢だったはずだ。私と同じように、一人で好きなところに出掛けたいかもしれない。それに初対面で何を話せば良いか、私は政治・社会の話など興味がない。ファッションに興味のある女性なら仲良くなれるかもしれないが、どう見ても明恵夫人は“居酒屋の叔母さん”だし、趣味も違う。私は障碍者やボランティアなど興味もない。本当はファーストレディとして“外交”すること自体、私には不似合いなのだ。私はいつでも自由でいたいし、そうなれると思って“不動産王”と結婚したのだ。もし、明恵夫人が自分と同じような考えなら、私は“優しい人”になれるし、プライドの塊なら“冷たい人”に映るだろうし、包容力のある奥様なら“自由奔放な人”と思ってくれるだろう。それで良いのだ。


最近の記事はこちら

「行方不明届け」は「殺しの暗号」か

BSのTV番組欄には“推理ドラマ”の再放送が多い。それだけ“推理ドラマ”は時代が多少ずれても楽しめるからだろうか。推理ドラマは楽しければそれで良いのだが、現実の“殺人事件”は決して楽しいものではない。…続きを読む

まじめな“親子”は一緒に“穴掘り”

周辺の人達や仕事関係者たちから一様に「まじめで親切」と評価されていた“親子”が殺人遺棄をした。おそらく息子が妻を殺して母親に打ち明け、母親がそれを隠そうとして自宅の庭に、二人で“死体を入れるための穴”…続きを読む

「カジノ」を“悪魔”という前に…

日本人の中には「カジノ」を“悪魔”呼ばわりする人たちがいる。ところが、そういう人たちでも「宝くじ」には何故か寛容で“夢を買う”などと言って、購入したりする。そこで、こういう話はどうだろう。中国では、基…続きを読む

共感できても支持できない表現

近年はすぐ誰がどう発言したかが拡散する。特に芸能人、政治家、文化人などの場合がそうである。ある意味で、それは“有名度”を測るバロメーター的な部分もある。そういう意味で影響力の強いホリエモンこと堀江貴文…続きを読む

「国産ウナギ」が“輸入物”に負ける?

今年は“暑い”らしい。他人事のようなことを言うのは、北海道に暮らしているからだが、それでもやっぱり真夏は暑い。そこで多くの食卓には「うなぎ」が登場する。今週7月20日は「土用の丑の日」。ところが、実際…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.