今日の迷言・余言・禁言

元気があれば「脱獄トンネル」も掘れる⁉

人間には簡単に世をはかなんで自殺してしまう人もいるが、たとえ“死刑囚”になっても、せっせと「脱獄トンネル」を掘り続ける人もいる。しかも、彼の場合には、それが“初めて”ではなかった。2017年にも一度トンネルを掘っての「脱獄」を試みているのだ。そうして、彼は脱獄に成功はしたのだが、残念ながら3日後には捕まってしまった。そこで、今回は、より遠くへの「脱獄」を考えた。前回の場合には、バスルームの壁はぶち抜いたのだが「刑務所の塀」を乗り越えるのが大変だった。そこで時間が掛ってしまったから、結局、塀の外まで逃げ出しはしたのだが、追っ手の“緊急手配”が早く、逃げ切ることが出来なかった。そこで、今回は黙々と作業を続け、地下に向けてトンネルを掘り続けて、みごとというべきか“下水道”までの30mを掘り進んだのだ。こうして彼は、下水道を使って地上へと逃げ延びることに成功したらしい。この作戦は、何よりも警察犬の“臭い”による方向確認を狂わせる。だから、どの方面に逃げたのかを突き止めるのに時間が掛る可能性が強い。元々彼は中国国籍でインドネシアに居住していたが、メタンフェタミン110㌔を不正取引したかどで“死刑”となっている。どちらかというと“知能犯”なのだ。ジャカルタ近郊にあるタンゲラン刑務所は、現在、犯罪人であふれかえっていて、監視の眼が隅々まで行き届かない。彼カイジ・ファン死刑囚は刑務所内で台所工事が行われた際の工具を使っていたことが判明している。もしかすると出入りの工事業者を上手く巻き込んだかもしれないのだ。そうだったとしても、30メートルの地下トンネルを一人で掘り進めるのは容易な作業ではない。まず私は、この人物の“生きる”ことに対しての執念と、或る種エネルギーのようなものに感動してしまう。もちろん脱獄は決して許すことのできる犯罪ではない。けれども、簡単に“生きる”ことを放棄してしまう人が多い現代、或る意味では“見習うべき点”も大いにあるような気が私にはするのだ。


最近の記事はこちら

学校とは「生きる理由」を見つける場所

現在、立命館大学の国際平和ミュージアムで10月28日迄「世界一貧しい元大統領から学ぶ本当の豊かさ」という企画展示が行われている。2012年の国連におけるスピーチで一躍有名となったウルグアイのホセ・ムヒ…続きを読む

「赤い糸」が「一軒家を無償で借りられる権利」に発展

あなたは「赤い糸プロジェクト」をご存じだろうか。もちろん知らないだろう。大阪市鶴見区のNPO法人「みらくる」が取り組んでいるコロナ困窮者のための“支援プロジェクト”だ。今年9月に立ち上げられたばかりな…続きを読む

ピカピカの40年前に戻る「勇気」

女優の宮崎美子氏が自らの芸能生活“40周年”を記念して「カレンダー&フォトブックセット」を発売した。そして40年ぶりにカメラの前で“ビキニ姿”を公開している。ほぼ同時に「週刊現代」でも11ページにわた…続きを読む

「70代女性」の元気と「30代女性」の体力低下

日本には「スポーツ庁」と呼ばれるものがあって、そこが各世代別の体力や運動能力に関する調査報告を出した。それによると「東京オリンピック」が行われた1964年当時に比べて、令和の60代後半~70代の女性は…続きを読む

麻薬首領「ゴッドファーザー」は「前国防相」だった

あなたは「ゴッドファーザー」という名曲、或いは映画を知っているだろうか。知っているなら若くはない。とにかく私の大好きな映画音楽だった。もちろん、大ヒットした映画も「マフィア」を描いているのだが、それで…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.