今日の迷言・余言・禁言

兄弟それぞれの「病」

九州に暮らす実姉から電話があった。東京で暮らす弟が“がんで手術する”という。その話の過程で登別の兄も闘病中であることを知った。札幌の私は妻が闘病中であり、九州の姉も夫が年明けから入院中で、四人の兄弟それぞれが自分か配偶者かが“重い病を患っている”状態であることに気付いた。それぞれ齢を取って来た証拠ともいえるが、兄以外は60代で一般的には“病に伏す”ほどの年齢でもない。私の妻など40代である。こういう風に“家系・血縁”で病に伏す者が続くと、何かしらの“祟り”や“呪い”のようなものがあるのでは…と勘繰りたくもなる。けれども兄弟それぞれが離れて暮らすようになって、もう何十年にもなる。宗教や信仰もそれぞれ異なっているが、特別それで問題となったこともない。家系・血縁的な信仰が問題なら、もっと前の段階で生じているだろう。墓所が遠いのと信仰の違いから、墓参りは最近出来ないでいる兄弟が多いが、そういうケースは特別珍しくもない。結局、独身の弟の手術には兄貴の長女が立ち会うよう手配しているらしい。私はいつも思うのだが、兄弟というのは不思議なもので、幼少期には“常に一緒だった”ものが、青年期に入るとそれぞれが距離を置き、中年期には疎遠になってしまうケースも多い。特に暮らす地域が大きく離れている場合、“遠くの親戚より近くの他人”でどうしても疎遠になりがちである。ところが人間不思議なもので、高齢になって、あちこちに病が出て来るとか、身内が少なくなって、暮らし向きに変化が出て来ると、再び“兄弟の絆”が舞い戻って来る場合も多い。極端な場合、それまで“犬猿の仲”だった兄弟が、何故か幼子のよう手を取り合って一緒に生活し始めるケースさえある。親子の絆、兄弟の絆、先祖の絆…“運命の赤い糸”とは、必ずしも“男女の出逢い”だけを指すものではないのかもしれない。


最近の記事はこちら

“占い界”における藤井聡太はどこに?

最近、プロスポーツの世界では次代を担う“若き天才”たちが続々と誕生している。ここで取り上げる将棋世界の藤井聡太君など、その典型だ。まだ14歳の中学生だが、既に昨年10月からプロ棋士四段に昇格した。そし…続きを読む

「EU」が揺れている

11人が立候補したフランスの大統領選で、予想されていた通り過半数を得たものがなく、改めて5月7日に「国民戦線」のルペン氏と、「前進!」のマクロン氏との間で“決選投票”が行われることが決まった。ルペン氏…続きを読む

北朝鮮にも“隠れキリシタン”がいた!

“隠れキリシタン”と言えば、江戸時代の長崎を思い浮かべる。現在でも、その子孫の方々が存在していて“隠れキリシタンの信仰”が維持されている。もう、日本では堂々と“キリスト教徒”を名乗って良いのに、子孫の…続きを読む

“究極の美”は、“マゾ体質”の証明

確かに、その人は美しい。とても50歳には見えない。「美のカリスマ」と呼ばれる。本人も「肌の美しい人を見ると、つい傍に行って話しかけてしまう」とおっしゃる。確かに“美”へのこだわりが強いようだ。君島十和…続きを読む

寄付によって財産を使い果たす

日本電産の創業者・永守重信氏は最近、あちこちの教育機関に寄付金を与えている。寄付金と言っても一千万とか二千万とかのけちな金額ではない。70億とか100億とかいうとてつもない金額である。彼は「日本電産」…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.