今日の迷言・余言・禁言

兄弟それぞれの「病」

九州に暮らす実姉から電話があった。東京で暮らす弟が“がんで手術する”という。その話の過程で登別の兄も闘病中であることを知った。札幌の私は妻が闘病中であり、九州の姉も夫が年明けから入院中で、四人の兄弟それぞれが自分か配偶者かが“重い病を患っている”状態であることに気付いた。それぞれ齢を取って来た証拠ともいえるが、兄以外は60代で一般的には“病に伏す”ほどの年齢でもない。私の妻など40代である。こういう風に“家系・血縁”で病に伏す者が続くと、何かしらの“祟り”や“呪い”のようなものがあるのでは…と勘繰りたくもなる。けれども兄弟それぞれが離れて暮らすようになって、もう何十年にもなる。宗教や信仰もそれぞれ異なっているが、特別それで問題となったこともない。家系・血縁的な信仰が問題なら、もっと前の段階で生じているだろう。墓所が遠いのと信仰の違いから、墓参りは最近出来ないでいる兄弟が多いが、そういうケースは特別珍しくもない。結局、独身の弟の手術には兄貴の長女が立ち会うよう手配しているらしい。私はいつも思うのだが、兄弟というのは不思議なもので、幼少期には“常に一緒だった”ものが、青年期に入るとそれぞれが距離を置き、中年期には疎遠になってしまうケースも多い。特に暮らす地域が大きく離れている場合、“遠くの親戚より近くの他人”でどうしても疎遠になりがちである。ところが人間不思議なもので、高齢になって、あちこちに病が出て来るとか、身内が少なくなって、暮らし向きに変化が出て来ると、再び“兄弟の絆”が舞い戻って来る場合も多い。極端な場合、それまで“犬猿の仲”だった兄弟が、何故か幼子のよう手を取り合って一緒に生活し始めるケースさえある。親子の絆、兄弟の絆、先祖の絆…“運命の赤い糸”とは、必ずしも“男女の出逢い”だけを指すものではないのかもしれない。


最近の記事はこちら

「行方不明届け」は「殺しの暗号」か

BSのTV番組欄には“推理ドラマ”の再放送が多い。それだけ“推理ドラマ”は時代が多少ずれても楽しめるからだろうか。推理ドラマは楽しければそれで良いのだが、現実の“殺人事件”は決して楽しいものではない。…続きを読む

まじめな“親子”は一緒に“穴掘り”

周辺の人達や仕事関係者たちから一様に「まじめで親切」と評価されていた“親子”が殺人遺棄をした。おそらく息子が妻を殺して母親に打ち明け、母親がそれを隠そうとして自宅の庭に、二人で“死体を入れるための穴”…続きを読む

「カジノ」を“悪魔”という前に…

日本人の中には「カジノ」を“悪魔”呼ばわりする人たちがいる。ところが、そういう人たちでも「宝くじ」には何故か寛容で“夢を買う”などと言って、購入したりする。そこで、こういう話はどうだろう。中国では、基…続きを読む

共感できても支持できない表現

近年はすぐ誰がどう発言したかが拡散する。特に芸能人、政治家、文化人などの場合がそうである。ある意味で、それは“有名度”を測るバロメーター的な部分もある。そういう意味で影響力の強いホリエモンこと堀江貴文…続きを読む

「国産ウナギ」が“輸入物”に負ける?

今年は“暑い”らしい。他人事のようなことを言うのは、北海道に暮らしているからだが、それでもやっぱり真夏は暑い。そこで多くの食卓には「うなぎ」が登場する。今週7月20日は「土用の丑の日」。ところが、実際…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.