素顔のひとり言

再発見―という旅

久しぶりに我が地元である札幌の「中島公園」内を歩いた。実は先日も歩いたばかりなのだが、その時にはお祭り屋台が500軒以上出ていて、公園そのものはほとんど見て回れなかった。とても手入れが行き届いた広い公園で、今の季節は植物の緑と小川のせせらぎが見事に調和し、気候に恵まれれば景観的にも大変に美しい。復元された歴史的建造物等もあり、その内部も観覧出来てレトロな雰囲気の建物内で食事までしてきた。地元に居ながら、実際にはきちんと見学することなく過ごしてしまう建物・遺跡・名所・公園などは多い。歩いていける場所にありながら、いつでも行けるという安心感からか、きちんと見学や散策することなく過ごしてしまうのは、考えてみればもったいないことで、すぐ近くの「大通公園」等も街中の公園としては整備されていて人工美だが近代的で美しい。最近は地下歩道空間が出来たせいで、地上を歩く機会も少ないが、我が札幌という街は総体的に“美しい街”であることは間違いがない。

こういう風に地元を歩いて感じるのは、最近「函館」の街を観光してきたせいなのかもしれない。湯の川温泉に二泊して久しぶりに函館の街を三日間歩いたが、三日目になると主要な観光名所が無くなってしまっていることに気付いた。大体二日間あれば主要な場所は回れるもので、三日目になると街そのものを何となく歩くしかなくなった。その時、地元札幌もちゃんと歩いていないな―とぼんやり思った。函館はもう四回目だが忘れっぽい私は何処でも初めてのような印象を受ける。印象だけでなく、三つの教会内部まで入って祈りをささげたのは今回が初めてだった。その一方、湯の川温泉街のホテル13階“展望風呂”から函館の景色を眺めながら、昔20年前、見た景色とそれほど大きくは変化していないのかもしれない―とも思った。そういえば私が育った室蘭も二年前に行ったが、大きくは変化していなかった。そして、その時、札幌はどうだろう…と何となく思ったのだ。私が札幌へ移り住んでから19年程経つが種々な点で明かに大きく変貌しているような気がする。普段、あまり感じないが、毎年のように新たな公共施設とか、注目される商業ビルとか、緑化公園とか、何かが出来ている。確実に変化し、確実に進化している。新しく何かが出来ると最初だけ、試みに行ってみたりもするが、中々その後は訪れない場所も多い。中島公園のような風光明媚なところは、どの街にもあるわけではないのだから、年に数回は訪れてあげるのが市民として責務なのかもしれない。

近年は海外に出掛けることが多くなって、地元や日本の“美しさ” “情緒ある風景”に対して、やや鈍感になってしまっていたような気もする。考えてみれば、日本という国は世界的に見ても大いに誇れる名所や観光地が多数存在している。昔、フィリピンに初めて行った時、マニラの女性が“とても景色が良い場所”と言って連れて行ってくれた場所があった。そこは海岸に面していて大きなビルや建物が林立しているところだった。夕闇せまる頃で、確かにマニラとしては情緒的な場所ではあった。だが、海岸べりには多数の空き缶、ペットボトル、木片、機械類のガラクタ等が散乱し海上に浮き上がっていた。車が激しく行きかう主要道路の傍でもあるので、排気ガスもそちらから押し寄せて来る。北海道で育った私には、日本人の繊細な感性には“とても景色の良い所”として長時間いられる場所ではなかった。もうひとつ、中国での話だが、観光名所として知られている“庭園”へとガイドに連れられて行った。確かに、そこは美しい花々や池などあって、見ごたえはあった。ただ中国人ガイドは「こっちから見なければきれいじゃない」とか「写真ならここから撮らなきゃ駄目です」とか一々うるさい。しかも、その庭園を一歩離れた路地裏は“正に貧民街”で崩れかかった土塀が連なり国旗のようにあちこちぶら下がっている無数の洗濯物が風になびいていた。比較的きれいなレストランでもトイレの鍵は完全に壊れていて、針金一本でかろうじてドアが閉まる仕組みであった。もちろん、それから8年ほどたって訪れた中国はかなり整備されていて、昔のような場所はお眼にかかれなかった。フィリピンにしても、昨年行った時には新しい街が形成されていてテーマパークのように整った繁華街が見られた。急速に発展するアジア各地は今まさに “新しい都市”として生まれ変わりつつある。

今年、大きな震災があったことで、東北の風光明媚だった海岸地域の多くは瓦礫の山と化してしまった。多分景観の良さを取り戻すには十数年が掛るだろう。けれども日本には“失いたくない美しい景色”“情緒あふれる景観”が山ほど残っている。それらを故郷としてのそれらを、大切にし、保存し、より“新たな美”を追加して後世に伝えていくことが、今を生きる日本人に課せられた命題であるような気もする。今年の正月まで街に溢れていた中国人観光客の足はまだまだ戻らない。けれども、日本の美しい風景、情緒豊かな景観を、我々日本人が改めて見直す良い機会にはなった。そして、外国人よりも本来の自国の良さを再発見して国内旅行の活性化が促されるなら、こんな素晴らしいことはない。但し、国内旅行をするといつも感じるのは、海外旅行に比べて総じて高い―という印象がぬぐえないことだ。例えば、海外なら最高級のホテルに泊まっても一泊2万円前後の地域がまだまだある。けれども国内旅行の場合、一泊2万円では高級ホテルは中々泊まれない。お土産類にしても、円高のせいもあるが国内旅行は金が掛る。これらがもう少し安くなるなら、もっともっと日本の温泉や観光地は“海外の人々”にも“日本人”にもアピールできるに違いない。


最近の記事はこちら

自らが創り出す「未来」

占星学や推命学の研究者の中には“先天的な運命”を動かしがたいものとして、本人の“意志”とか“選択”とか“努力”などを認めないような判断の仕方をされている方が多い。私自身も占星学や推命学の研究者であるか…続きを読む

あまりにもお粗末な「ツタンカーメン」番組

こういう番組をどう捉えれば良いのだろう。制作サイドは日本の視聴者をあまりにも軽んじすぎているのではないだろうか。7月18日のTBS古代エジプト世紀の大発見プロジェクト「ツタンカーメンと伝説の王妃330…続きを読む

日進月歩で「後退していく」占いの世界

世の中、日進月歩で進んでいくものが多い中で、まるで“後退りしている”ような世界が「占いの世界」だといってもよい。どうして後退りなのか、ここ20年ほど「新たな研究」「新たな学説」「新たな占い」「新進気鋭…続きを読む

人は“さまよいながら”生きていく

人間社会は「勘違い」で成り立っている。例えば、私は“書きもの”などでは何でも明確に“ズバズバ書く”ので、現実にもさぞかし「即断即決の人」「迷いのない人」「怖い人」であるかのよう誤解されがちだ。とんでも…続きを読む

「パスワード」という魔物

私は元々が“IT型の人間”ではないので、日頃から“IT関連のもの”は苦手である。その中でも一番厄介なのが「パスワード」で、あらゆる場合にこの部分で躓いてしまう。何故、もう少し簡単に設定できないのか。憶…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.