今日の迷言・余言・禁言

出逢ってすぐの女性に“年齢”を訊くのが正しい?

世の中が変わり始めている。スマホだけで“男女が知り合う”、そしてデートをする。多分、若者たちにとって、それは何でもないことなのだ。そして、その流れの中でホテルにも行く。相手の名前も正確には知らない。もちろん、その素性も知らない。ただ何となく気が合って、楽しくいられて、寂しい日にたまたま傍に居たから…。ところが、この後“ギョッとする事件”が起こる。職場に警察官がやって来て、何が何だかよく解からないけど、逮捕されてしまうのだ。まさにそういう形で岩見沢市の市職員・中井慎(26歳)は、昨日、逮捕された。それはもう半年以上も前の出来事である。たまたま札幌に来ていた彼は、華やかなネオンにつられてススキノに来た。そうして酒を飲みながらスマホをいじっていた。そうしているうちに、何となく一人の女性につながったのだ。メールのやり取りを重ねて「逢おうか」ということになった。可愛い子だった。何んという偶然、そして幸運、彼は浮足立っていた。そして酒とネオンと女性の可愛らしさに、冗談半分ホテルまで誘ったのだ。拒絶されるかと思いきや、なんとすんなりOKだった。可愛らしい顔に似合わず、ホテルでは大胆だった。それだけだった。地元に戻って、市職員として普通に仕事をしていた。その間、何もなかったから、札幌での一夜のことなど、記憶の向こうにあった。ところが、それなのに逮捕されたのだ。「青少年健全育成条例」というやつである。けれども、彼には、犯罪を犯したという意識も自覚もなかった。相手の女性は「17歳の少女だった」ということを知らされたが、その時には酔っていたし、ネオンの夜の中で初対面でもあり、何歳かなど考えもしなかった。相手の女性も、その外見は“可愛らしく華やかな印象”でしかなかった。化粧もしていたし17歳には見えなかった。それでもスマホの記録は残っていて、それが証拠となって反論の余地なく、彼は逮捕された。彼は、出逢った時、最初に年齢を訊くべきだったと悔やんでいる。


最近の記事はこちら

「得体のしれない国」が周りを取り囲む

中国の広東省で大規模な“偽札づくり”が摘発された。何んとその金額が214,000,000元(日本円にして37億円)に達するらしい。これはどう考えても本格的な“紙幣づくり”であり、組織的な作業に違いない…続きを読む

「人は生まれ、人は悩み、人は死んでいった」

アラビアの格言「人は生まれ、人は悩み、人は死んでいった」ほど、真実をついた言葉はない。誰もが悩みながら生きている。文春報道を受けて、小室哲哉氏が引退を表明した。その会見は“苦悩”に満ちていた。私も、妻…続きを読む

「ユーチューバー」が消えていく

グーグルは16日、傘下に抱える動画投稿サイト「ユーチューブ」に対し“新規約”を設けると発表した。これまでは動画の“再生回数”を基準として評価していたのだが、今後は“チャンネル登録者数”と“年間視聴時間…続きを読む

「孤独担当相」は、日本にこそ必要

英国のテリーザ・メイ首相が18日「孤独担当相」という新たな“任務”を新設、政務次官だったトレイシー・クラウチ氏にそれを要請した。メイ首相は「高齢者や介護者、愛する人を喪った人、話し相手のいない人々が直…続きを読む

窓のマークが「謎」を解く鍵?

アメリカのカリフォルニア州で17歳の少女が警察に助けを求めて発覚した事件。自宅に13人の子供たちを“監禁・虐待した容疑”で、1月14日、その家の父親と母親とが逮捕された。自宅に2歳~29歳までの自分の…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.