今日の迷言・余言・禁言

出逢ってすぐの女性に“年齢”を訊くのが正しい?

世の中が変わり始めている。スマホだけで“男女が知り合う”、そしてデートをする。多分、若者たちにとって、それは何でもないことなのだ。そして、その流れの中でホテルにも行く。相手の名前も正確には知らない。もちろん、その素性も知らない。ただ何となく気が合って、楽しくいられて、寂しい日にたまたま傍に居たから…。ところが、この後“ギョッとする事件”が起こる。職場に警察官がやって来て、何が何だかよく解からないけど、逮捕されてしまうのだ。まさにそういう形で岩見沢市の市職員・中井慎(26歳)は、昨日、逮捕された。それはもう半年以上も前の出来事である。たまたま札幌に来ていた彼は、華やかなネオンにつられてススキノに来た。そうして酒を飲みながらスマホをいじっていた。そうしているうちに、何となく一人の女性につながったのだ。メールのやり取りを重ねて「逢おうか」ということになった。可愛い子だった。何んという偶然、そして幸運、彼は浮足立っていた。そして酒とネオンと女性の可愛らしさに、冗談半分ホテルまで誘ったのだ。拒絶されるかと思いきや、なんとすんなりOKだった。可愛らしい顔に似合わず、ホテルでは大胆だった。それだけだった。地元に戻って、市職員として普通に仕事をしていた。その間、何もなかったから、札幌での一夜のことなど、記憶の向こうにあった。ところが、それなのに逮捕されたのだ。「青少年健全育成条例」というやつである。けれども、彼には、犯罪を犯したという意識も自覚もなかった。相手の女性は「17歳の少女だった」ということを知らされたが、その時には酔っていたし、ネオンの夜の中で初対面でもあり、何歳かなど考えもしなかった。相手の女性も、その外見は“可愛らしく華やかな印象”でしかなかった。化粧もしていたし17歳には見えなかった。それでもスマホの記録は残っていて、それが証拠となって反論の余地なく、彼は逮捕された。彼は、出逢った時、最初に年齢を訊くべきだったと悔やんでいる。


最近の記事はこちら

「病は気から」は本当だったが…

北大の村上教授を中心とする免疫学チームが「病は気から」のことわざを実証するデータを15日オンライン科学誌上で発表した。つまり、マウス実験により睡眠不足などの慢性的なストレスを与えて、それに神経細胞を攻…続きを読む

「心霊スポット」は避けたがるのが霊視者

人には“霊的存在”を見たり感じたりできる体質と、そうでない体質の人達がいる。そして実際には“そうでない体質”の人達が圧倒的に多い。したがって“見たり感じたりできる体質”を否定したり、逆に、羨ましがった…続きを読む

「三つの国」へのメッセージ

昨日、北朝鮮で拘束されていたカナダ人の牧師が解放された。なぜ解放されたのか、答えは簡単である。カナダが水面下で北朝鮮との交渉に応じて何かの交換条件を呑んだか、いくばくかの金銭を支払ったか、いずれかであ…続きを読む

超アウトな「わいせつ罪」の施行

世の中にはいろいろな趣味・嗜好の人がいて、最近はいろいろな“わいせつ犯罪”が報道されるので、滅多なことでは驚かなくなった。そういう私でも“超アウト”に感じたのが今回の逮捕劇だった。静岡県で起きた父親が…続きを読む

「間近で見たい」と思わせるスター

私は個人的に人を差別する方ではないので、一般の方達の“ファン気質”というものが今一つよく解からない。例えば芸能人でも、スポーツ選手でも、政治家でも、その人が有名だから「間近で見てみたい」という風な気持…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.