今日の迷言・余言・禁言

前澤友作氏の「ちょっと恥ずかしい話」

こういう場合「損害賠償請求」は成り立つものなのであろうか? 前澤友作氏の「お見合い企画」に応募した女性の中には“会社を辞めた”という人までいるらしい。その場合の「損害賠償請求」だ。まあ、ちょっと気が早すぎるし、択ばれてもいないのに辞めたこと自体が問題だけど…。とにかく、さまざまな女性が応募者の中にいたことだけは間違いがない。彼が「お見合い企画」をぶち上げたのは1月9日のことである。その結果「宇宙旅行で一緒に行くパートナー」に応募した女性は27722人に達していたらしい。なかなかの数である。ところが、1月30日になって、急遽、前澤氏は「やっぱり止める」宣言をした。何んとも人騒がせなことである。止める理由として「自分の気持ちを整理することが出来ない」との“奇妙な言い訳”を掲げている。何かがおかしい。元々これはTVの企画番組である。しかも“素人参加型”の企画番組である。こういう場合、参加するタレントの方に先に打診する。この企画の場合、宇宙が絡んでくるので、本人が持ち込んだ企画なのか、TV局側が働きかけた企画なのか、その部分は私は知らない。どちらにしても、本人の方に“やる気”がなければ番組として成立しない。何しろ宇宙が相手なのだ。身代わりが利かない。だから当然、番組としての趣旨内容を把握したうえでOKを出していたはずだ。まあ、そうでなければ自分からも募集を掛けたりしない。したがって今更「気持ちの整理がつかない」というのは理由にならない。ただ私には前から奇妙に思っていることがある。彼は元々「独身主義」ではなかったのか。だからこそ、恋人を公言した剛力彩芽氏とも入籍しなかった。それなのに何故「お見合い番組」なのだろう。ただ、実はここが重要なのだが彼は最初から「入籍する」とは一言も言っていない。あくまでも「一緒に月まで行ってくれる相手」を求めていたのだ。ところがTV的には「お見合い企画」ということで、当然「結婚を希望する女性達」が大挙応募してくることになる。もしかすると彼は、どこかでTVの企画番組だから「一緒に月旅行を楽しんでくれる女性」が応募してくるものだと勘違いしていたのではないか。実は、これに応募した女性達の種類選考を始めたのが数日前なのだ。そこで彼は初めて数多くの「真摯な花嫁希望者」たちと向き合うことになった。そこで初めて、あまりに真剣で「結婚」を前提にしている女性達と向き合うことになった。宇宙飛行の訓練を想定して、既に会社を辞めて準備しているという女性までもがいる事実を知った。何かが違う。彼の中では「一緒に月旅行を楽しんでくれる女性」だったはずだ。みんな必死過ぎるのだ。だんだん彼自身の気持が萎えてきた。「気持ちの整理がつかない」という彼の言葉は、あまりにも真剣で「結婚前提」とした女性達が眼前にちらつき、うろたえてしまった彼の言葉なのだ。


最近の記事はこちら

中江滋樹&倉田まり子の「ターニングポイント」

人の一生には、あまり極端な変動なく過ごしていく人と、正に“激変”ともいうべき人生を歩む人と、大きく二つに分かれる。比較的“変動が少ない人”は大体共通していて、妙な表現だが“無難な人生”を歩んでいくこと…続きを読む

「変転運」を象徴する「水脈」の旅

週刊誌には時々、これは事実なのか、噂の域を出ないのか、微妙ともいえるような記事が出る。過日、どの週刊誌だったか忘れたが杉田水脈衆院議員について「政界引退説」というのが載っていた。そこには彼女の知人発言…続きを読む

「 」からの「人工ウイルス」大暴落

いよいよ手が付けられなくなってきた。私は年初から、これを心配していたのだ。ニューヨークの株式が1000ドル以上も大暴落している。もはや小手先の“緩和策”などでは、経済への大打撃を防ぎきれないと投資家た…続きを読む

「出でよ‼」個性際立つ“本屋さん”

大坂の中津に、その本屋さんはあるという。書店というより“本屋さん”という感じの古い2階建てだ。「ローカルメディア&シェア本棚 はっち」という奇妙な店名だ。社団法人ワオンプロジェクトの田中冬一郎氏が運営…続きを読む

ダンスケが定める「富裕層」のライン

あなたは「ダンスケ」を知っているだろうか? 多分、知らないだろう。その最大手のダンスケが今年6月から導入せざるを得なくなったのが「富裕層」を対象とした“金利の切り替え”である。心ならずも、他の銀行に見…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.