今日の迷言・余言・禁言

副署長が「白髪染め」盗んで現行犯逮捕!

7月2日の午前、その警察副署長は久しぶりの休日で一人買い物をしていた。いくつかのものを購入して清算し、いったん店を出たのだが、何故か彼は再び同じ店に舞い戻った。そうして、またいくつかの日用品を手に取ると今度は清算せず、そのまま店を出ようとした。当然、彼は警備員に取り押さえられた。それが北海道美深町の警察副署長である室田裕二容疑者(57歳)だった。彼は犯行を全面的に認めている。盗もうとしたのは白髪染め、漂白剤、ガラスクリーナーなどで、計7点2625円相当の品である。金額は小さいが、品数が多いので見つかりやすい。多分、小学生でも、そのくらいのことはわかる。しかも、解からないのは、最初きちんと清算して店を出て、そのあと再び舞い戻って、新たに手に取って持ち逃げしようとした点である。これが“白髪染め”だけだったというなら、まだ言い訳が成り立つ。けれども、7点も盗んでいる。明らかに確信犯で、いろいろ生活用品が欲しかった…としか、解釈のしようがない。それともスリルを楽しみたかったのだろうか。もしかしたら、彼はこれまでにも、同じ手口で犯行を重ねていたのかもしれない。田舎町のホームセンターである。それほど店内が広いとも思えず、それほど多くの客が出入りするとも思えない。もし、彼が同じ手口で犯行を重ねていたなら、店側は何となく気付いていて警戒していたのかもしれない。何しろ相手は警察署の副署長なのだ。それにしても、彼はなぜ盗むようになったのだろう。警察官になって36年目の人物である。もしかしたら、年下の署長から怒られてばかりいたのだろうか。それとも、奥さんからの小遣いが少なすぎたのだろうか。人に言えない借金があったのだろうか。赴任先として昨年来た街に馴染めなかったのだろうか。その理由はたぶん、公表されない。当然、もう警察官としての職務には就けない。本来なら、このような犯罪者たちに対して、温情ある言葉をかけて、二度と同じ過ちを起こさせないような役割こそ“田舎町の副署長”であったはずだ。一時期、多かった警察官や刑事のドラマが減った。あまりにも悲しい現実が“人情刑事”を追放したのだろうか。


最近の記事はこちら

「カジノ」で“勝つ”か“負ける”かの選挙戦

北海道と大阪府の知事選で“勝つ”か“負ける”かの「鍵」を握っていそうなのが「カジノ」である。カジノというのは文字通り“勝ち・負け”を競うところだが、そのカジノ誘致が経済活性化の起爆剤と「噂」されている…続きを読む

不可思議なもの「親の血を引く兄弟」

昔、北島三郎氏は「♪親の血を引く兄弟よりも…」と歌った。実際、世の中には“実の兄弟”よりもはるかに“兄弟的な関係”となる友人・仲間・同僚を持つ人達もいる。特に20代から50代くらいまでの間、血縁者たち…続きを読む

「未来」には“さまざまな選択肢”がある

人は思いつめると「もう、これしかない」という結論に陥りがちなものである。さまざまな事件とか、犯行とかは、そういう時に起こる。世の中には、最初から“犯罪者的素質”を持って生まれている人もいることはいるが…続きを読む

「怖い女たち」を彩ったトプカプの至宝

今日3月20日から六本木の「国立新美術館」でオスマン帝国の栄華を誇った時代の「トルコ至宝展」が開かれている。15世紀から18世紀の時代に使われていたトプカプ宮殿秘蔵の品々が展示されているのだ。どうして…続きを読む

「ネット民」は“敵”か“味方”か⁉

現代は「世間の声」としてのインターネット上の“書き込み”を無視できない時代となっている。時として、それが“幸運をもたらす”場合もあれば、“不幸を引き連れて来る”場合もある。昨日、モデルでタレントの梅宮…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.