今日の迷言・余言・禁言

副署長が「白髪染め」盗んで現行犯逮捕!

7月2日の午前、その警察副署長は久しぶりの休日で一人買い物をしていた。いくつかのものを購入して清算し、いったん店を出たのだが、何故か彼は再び同じ店に舞い戻った。そうして、またいくつかの日用品を手に取ると今度は清算せず、そのまま店を出ようとした。当然、彼は警備員に取り押さえられた。それが北海道美深町の警察副署長である室田裕二容疑者(57歳)だった。彼は犯行を全面的に認めている。盗もうとしたのは白髪染め、漂白剤、ガラスクリーナーなどで、計7点2625円相当の品である。金額は小さいが、品数が多いので見つかりやすい。多分、小学生でも、そのくらいのことはわかる。しかも、解からないのは、最初きちんと清算して店を出て、そのあと再び舞い戻って、新たに手に取って持ち逃げしようとした点である。これが“白髪染め”だけだったというなら、まだ言い訳が成り立つ。けれども、7点も盗んでいる。明らかに確信犯で、いろいろ生活用品が欲しかった…としか、解釈のしようがない。それともスリルを楽しみたかったのだろうか。もしかしたら、彼はこれまでにも、同じ手口で犯行を重ねていたのかもしれない。田舎町のホームセンターである。それほど店内が広いとも思えず、それほど多くの客が出入りするとも思えない。もし、彼が同じ手口で犯行を重ねていたなら、店側は何となく気付いていて警戒していたのかもしれない。何しろ相手は警察署の副署長なのだ。それにしても、彼はなぜ盗むようになったのだろう。警察官になって36年目の人物である。もしかしたら、年下の署長から怒られてばかりいたのだろうか。それとも、奥さんからの小遣いが少なすぎたのだろうか。人に言えない借金があったのだろうか。赴任先として昨年来た街に馴染めなかったのだろうか。その理由はたぶん、公表されない。当然、もう警察官としての職務には就けない。本来なら、このような犯罪者たちに対して、温情ある言葉をかけて、二度と同じ過ちを起こさせないような役割こそ“田舎町の副署長”であったはずだ。一時期、多かった警察官や刑事のドラマが減った。あまりにも悲しい現実が“人情刑事”を追放したのだろうか。


最近の記事はこちら

「手相の線」に“名前”が無くなったら…

何日か前、手相の方で名前を知られる「にしけい」こと西田桂一郎氏が、私の元を訪ねてきた。彼は手相の本を矢継ぎ早に何冊も出している“新進気鋭⁉”の手相家である。鑑定の方ではなく「占い教室」という形で私に対…続きを読む

「米」最多の雇用者数&「日」最悪の下落幅

世界で、経済の先行きが混とんとしている。アメリカでは昨日、6月の雇用者数が出て1939年に統計を開始して以来最多の480万人増を記録した。一方、日本では「日銀短観」が出て、6月の大企業製造業における下…続きを読む

「アリサ」&「リン」が、お・も・て・な・し

今年は完全に「お・も・て・な・し」が“肩透かし”を食らった格好だが、我が日本の原点は奈良県。そこで…というわけでもないのだろうが、何故か奈良市の「近鉄大和西大寺駅」のホームに登場したのが四か国語を話す…続きを読む

事務所退所は「世界に挑む」ゴーサイン⁉

最近、芸能事務所を退所する芸能人が増えている。柴咲コウ、米倉涼子、栗山千明、長谷川潤、原千晶、菊池桃子、手越祐也…といった面々だ。さらに、昨日、ローラ氏と神田うの氏が加わった。どうして、今年に入って、…続きを読む

「本能的認識」と「差別」は異なる

「新型コロナ騒動」が起こってからというもの、世界は、あらゆることに関して過剰に反応する傾向が顕著になっている。これまでなら気にもしなかったことまで“神経過敏”に反応しているような気がする。その象徴とも…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.