今日の迷言・余言・禁言

北朝鮮にも“隠れキリシタン”がいた!

“隠れキリシタン”と言えば、江戸時代の長崎を思い浮かべる。現在でも、その子孫の方々が存在していて“隠れキリシタンの信仰”が維持されている。もう、日本では堂々と“キリスト教徒”を名乗って良いのに、子孫の方々はかたくななまでに“隠れキリシタン”の信仰を維持し続けている。信仰とは奇妙なものである。私は昔、助産婦として生涯を送られた方の自伝の文章添削を依頼されたことがあるが、彼女の記録の中で一番印象として残ったのは、妊婦の病室に貼られた「安産祈願」のお札が何者かによって持ち去られ、仕方なく助産婦の方が真似て「安産祈願」の札を急きょ作って、その後十年以上、その“偽物のお札”が大いに役立った、という話を記されていたことだった。「安産祈願」のお札を盗むという行為にも驚くが、それよりも、急きょ作られた“偽物のお札”が、その後十年以上、その助産院での守護神として実際に機能していたことに驚く。「鰯の頭も信心から」と言うことわざがあるが、考えてみれば“助産婦が書いた安産祈願”の方が、出産について何もわからない神主が書くよりも“霊験あらたか”であるのは当然だったかもしれない。とろこで北朝鮮の脱北者キム・チュンソン氏によると、北朝鮮では「地下教会」と呼ばれるものが1200も作られていて、そこでは正に“隠れキリシタン”たちが祈りを捧げているのだという。本来、北朝鮮では憲法で信仰の自由は認められているのだが、実際には『聖書』を持っていたというだけで、秘密警察によって逮捕され、労働強化刑に処せられる。或いは公開処刑に処せられる。信仰の自由など存在しないのだ。秘密警察は“隠れキリシタン”たちに対して、全裸にして“冷凍室に閉じ込める”拷問を施す時もある。日本の“隠れキリシタン”たちの多くが、十字架で貼り付けられ、海中に没していったのと似たような拷問である。もっとも信仰心の篤い“隠れキリシタン”は、いつの時代でも拷問の中で“神の救い”を求めながら、命を落としていく。


最近の記事はこちら

「心の傷」&「慰謝料」を引き摺りながら…

よく企業間では“訴訟合戦”が行われたりする。稀に男女間でも“訴訟合戦”を行うことがある。その典型的な例が、大阪で起こった。2008年8月、女性は離婚して間もない30代前半の会社員だった。心身とも深く“…続きを読む

「得体のしれない国」が周りを取り囲む

中国の広東省で大規模な“偽札づくり”が摘発された。何んとその金額が214,000,000元(日本円にして37億円)に達するらしい。これはどう考えても本格的な“紙幣づくり”であり、組織的な作業に違いない…続きを読む

「人は生まれ、人は悩み、人は死んでいった」

アラビアの格言「人は生まれ、人は悩み、人は死んでいった」ほど、真実をついた言葉はない。誰もが悩みながら生きている。文春報道を受けて、小室哲哉氏が引退を表明した。その会見は“苦悩”に満ちていた。私も、妻…続きを読む

「ユーチューバー」が消えていく

グーグルは16日、傘下に抱える動画投稿サイト「ユーチューブ」に対し“新規約”を設けると発表した。これまでは動画の“再生回数”を基準として評価していたのだが、今後は“チャンネル登録者数”と“年間視聴時間…続きを読む

「孤独担当相」は、日本にこそ必要

英国のテリーザ・メイ首相が18日「孤独担当相」という新たな“任務”を新設、政務次官だったトレイシー・クラウチ氏にそれを要請した。メイ首相は「高齢者や介護者、愛する人を喪った人、話し相手のいない人々が直…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.