今日の迷言・余言・禁言

北海道なのに「日本」から消えるリゾート

北海道のリゾート地では今おかしな現象が起きている。外資に買収され「日本」でありながら、“外国の別荘地”のような状態に変わり始めているのだ。ニセコ町のニセコノーザンリゾートやヒルトンニセコビレッジ、上川管内のアルファリゾートトマム、余市郡のキロロリゾートなどがそうだ。昔は“ニセコ温泉”として道内からの旅行客で賑わったニセコ町は、今や完全にオーストラリア人などの別荘地帯となっていて、そのため27年度の地価公示は20%近くも値上がりし、住宅地としては日本一の上昇率となった。実際、ホテルの宿泊客も欧米人や富裕層アジア人ばかりで日本人の姿はめったに見掛けない。花園スキー場にあるレストランでは大型テレビが多数置かれているが日本語の映像はない。人気メニューだという“蟹ラーメン”は2300円だ。「ワールド・スキー・アワード」誌15年版では、三年連続リゾート部門で“世界1位”を獲得しているらしい。嬉しいような悲しいような「世界のニセコ」なのだ。道内最大規模のスキー場がある「星野リゾートトマム」は昨年末、中国企業に183億円で売却された。今後は中国の富裕層向けコンドミニアムや別荘の建設を進める。札幌市内のデパートでも訪日外国人向けに店内を改装したところが多く、なんとなく「日本」が消え始めている。そのうち、日本語の店内アナウンスが“無くなってしまう”日々がやってくるのかもしれない。


最近の記事はこちら

「勤労感謝の日」84歳、深夜7時間の激務

「勤労感謝の日」というのは、日頃働いている労働者が“骨休め”をして良い日だと多くの人が思っている。ところが、そうではないのだ。この日は元々「新嘗祭(にいなめさい)」という“大祭の日”であった。それが戦…続きを読む

若者より老人の方が“外出好き”だった⁉

国土交通省の調査だから多分、本当なのだろう。日本の場合、20代の若者よりも、70代の老人の方が“多く外出している”という驚くべき結果が公表された。この若者の外出が減ってきていること自体は世界的な現象ら…続きを読む

日馬富士は「流行語大賞」を狙っていたのか?

予想外の方向へと動き出した感のある「日馬富士の暴行事件」。どうも雲行きが怪しくなってきた。人は誰でも酒が入ると、ついつい口が滑る。気持ちもふらつく。だから、時には“タブーな言葉”なんかもぶつけてしまう…続きを読む

21世紀は「海底遺跡」の時代

時代が進むことで、過去が解かって来る。近年、水中考古学というものが脚光を浴び始めている。これまでは、海の底の探索はいろいろな意味で難しかった。それが、ここに来て徐々に可能となった。その結果、まだまだ知…続きを読む

人間の身体は「機械」なのかもしれない

これを読まれる99%の人が「何をバカな…」と思うことだろう。けれども、私は“人間の身体は機械かもしれない”と本気で思っている。だからこそ時々信じられないようなミスが生じる。機械として埋め込まれている部…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.