今日の迷言・余言・禁言

北海道なのに「日本」から消えるリゾート

北海道のリゾート地では今おかしな現象が起きている。外資に買収され「日本」でありながら、“外国の別荘地”のような状態に変わり始めているのだ。ニセコ町のニセコノーザンリゾートやヒルトンニセコビレッジ、上川管内のアルファリゾートトマム、余市郡のキロロリゾートなどがそうだ。昔は“ニセコ温泉”として道内からの旅行客で賑わったニセコ町は、今や完全にオーストラリア人などの別荘地帯となっていて、そのため27年度の地価公示は20%近くも値上がりし、住宅地としては日本一の上昇率となった。実際、ホテルの宿泊客も欧米人や富裕層アジア人ばかりで日本人の姿はめったに見掛けない。花園スキー場にあるレストランでは大型テレビが多数置かれているが日本語の映像はない。人気メニューだという“蟹ラーメン”は2300円だ。「ワールド・スキー・アワード」誌15年版では、三年連続リゾート部門で“世界1位”を獲得しているらしい。嬉しいような悲しいような「世界のニセコ」なのだ。道内最大規模のスキー場がある「星野リゾートトマム」は昨年末、中国企業に183億円で売却された。今後は中国の富裕層向けコンドミニアムや別荘の建設を進める。札幌市内のデパートでも訪日外国人向けに店内を改装したところが多く、なんとなく「日本」が消え始めている。そのうち、日本語の店内アナウンスが“無くなってしまう”日々がやってくるのかもしれない。


最近の記事はこちら

「ジュリー」は、もういない

世の中には“美形”に生まれて来る人もいれば、そうでない人もいる。先ごろ亡くなった樹木希林さんは“美形”ではなかったことが、後年になって“重宝”された。CMでも「美しい方はより美しく、そうでない方はそれ…続きを読む

イスラム教は、やっぱり怖い!

イギリスの中東専門ニュースサイト「ミドル・イースト・アイ」は16日、サウジ人記者カショギ氏がサウジ総領事館内で生きたままテーブルの上で身体を切断され7分で死亡した、と伝えている。切断したのは“暗殺集団…続きを読む

インドが「CoCo」で埋め尽くされる日

今から30年以上前、私はビルの中にあった“占いハウス”に出勤する形の占い師だった。或る日、30代半ばくらいのちょっとハーフっぽい男性がやって来た。彼は口数の少ない日本人だったが、ドイツで寿司職人をして…続きを読む

「インド占星術師」に転身の上祐史浩氏⁉

ちょっと驚かされるニュースが入ってきた。元オウム真理教徒で現在「ひかりの輪」を主宰している上祐史浩氏が“インド占星術師”に転身するというのだ。今回のセミナーで初めてそれを公言したらしい。元々上祐氏は古…続きを読む

「情報」や「比較」が倒産・廃業を増やす

あまり大きなニュースにはなっていないが、企業倒産の件数・負債総額とも過去最多ペースで増え続けている。おそらく今のままで進めば、今年の企業倒産は年間400件550億円に達するものと予想されている。この倒…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.