今日の迷言・余言・禁言

十代から“飛翔する”日本の若者たち

ブルガリアで開かれている“世界三大バレエ”の一つ「バルナ国際バレエコンクール」で、日本の4人の若者たちが揃って入賞した。今回は残念ながら1位は逃した。五島温大君(18)、大森一樹君(18)、井崎エレナさん(16)、高森美結さん(19)といった方達だ。このように名前を並べても、多分、誰も知らないのではないだろうか。なぜなら、いずれもが現在は海外に居住している。つまり、日本で活躍しているバレリーナではない。五島君と井関さんはベルリン、大森君はリスボン、高森さんはハンガリーの各国に留学中なのだ。だから或る意味では日本だけでなく、留学しているそれぞれの国の誇りも背負ってのコンクールなのだ。それにしても、いずれも十代だ。日本から遠く離れたヨーロッパに、日常言語も英語ではない各国に、単身十代から“芸術留学”をする。そういう時代になったのだ。私には、そのこと自体が信じがたい。ご両親も、それを望まれていたのだろうか。確かに、十代から国際バレエコンテストで入賞すれば、その後の“バレエ人生”は保証されたも同然なのだ。そして、そのためには日本国内だけでの練習や教育では難しいのだろう。音楽や踊りには“早期教育”が有効らしい。ただ一抹の“寂しさ”を私は感じる。さまざまな分野で“十代半ば”が来ると、素質のある人、能力のある人は海外に行く。それはそれで“素晴らしいこと”なのだが、結局は“普通の十代”とは違ったものになる。AKB48系の少女たちの中には、逆に“普通の十代”に戻ろうとするメンバーも出てきている。どちらが幸福なのかは誰にもわからない。特異な才能を磨くことで“輝かしい人生”を歩める可能性もある。それを棄てることで“平凡な一市民”としての人生もある。幸福度は“名声や地位”では測れない。最終的には、本人が“公開しない人生”が一番良いのだ。


最近の記事はこちら

全盲でも「太平洋」をヨットで渡れる

今から6年前、冒険旅行に旅立ったはずのキャスター辛坊治郎氏は太平洋上でヨットが動かなくなって漂流し、自衛隊に救助されて終るという“お粗末な出来事”があった。私はニュース映像で何となく見ただけで、事件の…続きを読む

神の館で「心の衣裳」は剥ぎ取られていく

近代に入って世界的にじわじわと勢力を拡大しつつあるのが「イスラム教」という宗教である。一日5回の厳格な礼拝義務を課すこの宗教が、ITが普及した現代でも受け入れられているのは奇妙な気もするが、一つだけ“…続きを読む

「くじ」で決まった“落選”が覆される⁉

人には“運不運”というものが有る。その象徴ともいえるものが「くじ運」だ。もし「くじ」で“その職業”を失ったとしたら、あなたは黙っているだろうか。松浦千鶴子氏は黙っていなかった。昨日、選挙管理委員会に対…続きを読む

「悪い予感」が的中した話

書こうか書くまいか、私には珍しく迷った。けれども、もう20年も前のことなので“懺悔”的な意味も含めて書くことにした。先日、パリのノートルダム寺院が焼けたが、あの映像を見ていて、私には何故か20年前の“…続きを読む

“最悪三人組”が経営する「怖~い病院」

「類は友を呼ぶ」という言葉があるが、確かにそういう傾向はある。昨日、福岡県警に摘発された医師達などは正にその典型と言える。どういう仲間だったのかというと、まず一人目は院長で井上勉(61歳)。この人物は…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.