今日の迷言・余言・禁言

十年後「変貌」の魔術

「運命」は解らない。熊本の地震のニュースをネットで追っていたら、奇妙な“ユーチューブ配信”を見つけてしまった。札幌出身の歌手・五ノ井ひかりが、女性タレント(?)番組の中で占いを行っていた。実は、私は彼女を何度か占ったことがある。と言ってもまだ子供の頃で中学生くらいの頃と確か高校終わりくらいの頃だ。当時は「アイドル歌手」を目指していた。大人になってからは東京へと出たので、母親を通じて「メール鑑定」をした記憶がある。記憶力の悪い私が何故覚えているかというと、彼女の母親に“占いを教えていた”からである。世の中というのは解らない。その彼女が「占いも出来るシンガー」という形でネット番組(?)で登場し、“ユーチューブ配信”されていた。実際に直接鑑定したときからは、もう十数年が経っていた。だから変貌していて当たり前なのだが、直感的には「占い師」として将来的に売れるかもしれない、という気がした。技術や知識はまだまだ“素人”だが、カリスマ的な或る種の“雰囲気”を持っている。元々勘は良いはずだから、技術さえ身に着けば「人気占い師」になっていく可能性は秘めている。正直、子供のころから「アイドル」の持つ輝きはなかったが、何かしらの分野で“自己表現”していく素質には溢れていた。十代半ばからの“女性の十年後”は本当に解らない。


最近の記事はこちら

神の館で「心の衣裳」は剥ぎ取られていく

近代に入って世界的にじわじわと勢力を拡大しつつあるのが「イスラム教」という宗教である。一日5回の厳格な礼拝義務を課すこの宗教が、ITが普及した現代でも受け入れられているのは奇妙な気もするが、一つだけ“…続きを読む

「くじ」で決まった“落選”が覆される⁉

人には“運不運”というものが有る。その象徴ともいえるものが「くじ運」だ。もし「くじ」で“その職業”を失ったとしたら、あなたは黙っているだろうか。松浦千鶴子氏は黙っていなかった。昨日、選挙管理委員会に対…続きを読む

「悪い予感」が的中した話

書こうか書くまいか、私には珍しく迷った。けれども、もう20年も前のことなので“懺悔”的な意味も含めて書くことにした。先日、パリのノートルダム寺院が焼けたが、あの映像を見ていて、私には何故か20年前の“…続きを読む

“最悪三人組”が経営する「怖~い病院」

「類は友を呼ぶ」という言葉があるが、確かにそういう傾向はある。昨日、福岡県警に摘発された医師達などは正にその典型と言える。どういう仲間だったのかというと、まず一人目は院長で井上勉(61歳)。この人物は…続きを読む

ジェドカラー「貴族の墓」は“大発見”の予兆か⁉

4月13日エジプトのサッカラで、今から4400年前のものとみられる「貴族の墓」が報道陣に公開された。古代エジプト王朝で言えば第5王朝の時代のもので、ギザの大ピラミッドで有名な「クフ王のピラミッド」から…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.