今日の迷言・余言・禁言

南北朝鮮は「統一」されていく?

多くの人は、北朝鮮と韓国との間で完全な“非核化”や“平和協定”など実現できるのだろうか、と懐疑的である。ところが、意外にもあっさりと両国は“固い握手”を交わす。なぜなら両首脳とも、最終的な狙いは一致していて「南北統一」にあるからだ。特に金正恩氏はこの機会を狙っていた。彼は「南朝鮮(韓国)」を手に入れたいのだ。それに対して文在寅大統領も“統一”へ向けての地ならしに異存はない。韓国内からは、この会談に対して批判的な声もある。北朝鮮がただで“非核化”や“平和協定”を結ぶとは考えられないからだ。けれども、文大統領は中断されている「南北の特区」である“開城工業団地”の復活が出来れば、経済効果が大きいので批判をかわせるだろうと考えている。それに、北朝鮮とアメリカの間に立って、背後からトランプ大統領の視線を浴びているだけに、文大統領としてはもはや後戻りできないのだ。それに「南北統一」に近づけることで、韓国内の“拉致問題”に対しては大きな前進となる。日本の“拉致問題”は知らないが、少なくとも韓国内の“拉致問題”解決の手段としては極めて有効なのだ。北朝鮮にとっては、アメリカからの脅威が去れば、あとはどうでも良い。いや、あとは「南北の統一」だけが課題となる。金正恩氏にとって、文在寅氏は交渉しやすい相手なはずだ。何しろ文大統領は、自国民に対しては“何らかの成果”を掲げなければならない。アメリカに対しては「米朝会談」のお膳立てをしなければならない。二つの役割を義務付けられている。金正恩氏の方は、交渉決裂なら何も決めずに手ぶらで帰っても良い。だから強気で挑めるのだ。それにしても、もしも将来「南北統一」が実現したなら、日本にとって「朝鮮国」は“敵”となるのか、“味方”となるのか、“友達”となれるのか、誰にもわからない。


最近の記事はこちら

旧暦「七夕」は、やっぱり“手書き”

近年、中国は急速な勢いで“IT王国”に変わった。どこでもスマホ決済が当たり前になり、タクシーアプリを使うのが当然になりつつある。そんな中国で、意外に進んでいないのが“婚活事情”だ。もちろん、それは中国…続きを読む

心を癒すのは「ペットロボット」&「3Dキャラクター」

バーチャルシンガー「初音ミク」は一部で熱狂的人気を集める“2次元キャラクター”だが、その初音ミクと“結婚した”という30代の公務員が現れた。もちろん正式な「婚姻証明書」も所有している。IOTベンチャー…続きを読む

「聖職者」が「性食者」に変わる時

アメリカのペンシルバニア州の教会で70年間にわたり、カトリックの高位聖職者たちが、そこに通う子供たちに対して“性的虐待を行っていた”という驚くべき報告書が8月14日に公表された。この報告書は専門の調査…続きを読む

“富士子容疑者”は「殺人のプロ」なのか

昨日、今年5月に三重県鈴鹿市で起きた“夫殺人”の容疑者・横山富士子(46歳)が再逮捕された。同時に、これまで除外されていた富士子の実母・愛子(69歳)も“新たに逮捕”された。つまり、21歳年下の夫を不…続きを読む

新ジャンボ1等賞金20億円、6等賞金10万円⁉

総務省から昨日2017年度“宝くじ”の売上額が20年ぶりに8000億円を割り込んだことが報告された。近年の“宝くじ”は不振が続いていて、2005年度の1兆1047億円をピークに毎年減少している。昨年は…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.