今日の迷言・余言・禁言

占いの「予言」は「預言」ではない

まだ私が中学生の時だったが、誰かに誘われて近くの教会に行った。その時、牧師さんが色々話をしてくれたが、正直、私には信じるということが出来なかった。個人的な質問も受けるというので、いくつかの質問をした。多分、牧師さんは、私を生意気に感じたのだろう。最後にこういうことを言った。「君は“占いの予言”と“聖書の預言”とをごっちゃにしている、もっと歴史を勉強しなさい、聖書の預言は占いのような“当てもの”ではないんだ」中学生に対しては少し高圧的なものの言い方だった。まあ、それくらい、私が生意気に見えたのかもしれないが…。だが今であれば、私は、牧師さんの言わんとしたことが少しだけ理解できる。聖書による「預言」とは、神から預かった言葉で、一般的に言うと「示唆する未来」的意味合いの言葉なのだと…。それに対して、占い上の「予言」は牧師さんに言わせれば、単なる“当てもの”ではないかと…。確かに、その通りだが、“当てもの”だからこそ、それを基にして“回避する”とか“対処する”方法も生まれようというもので、絶対的な未来なら指をくわえてみているしかない。私は、そういう“卑屈な受け入れ方”は出来ないのだ。だから“占い”の方を選ぶ。時々、占いの依頼者から「先生に言われた通りになりました」といわれる。けれども、ほとんどの場合、私は何を言ったか、憶えてはいない。そこへいくと、TVとか雑誌とかは記録されているから、自分の言葉を思い出すことが出来る。私は或る雑誌で「…これには二つの捉え方があり、一般的な“身体の足”として出て来る場合と、もう一つは“動き”です。例えば、メジャーリーグに行く、行かない、などです。このことでは相当揉める可能性、スムーズにいかない様子が窺えます。言ってみれば2017年シーズンの日ハムは大谷選手しだいでしょうね」と判断している。昨日アメリカの電子版で、大谷翔平選手に関して「今年の移籍はないだろう」という予測記事が出た。実際、そうなる可能性が強い。実は、この雑誌には、ちょうど私の上記言葉の下に【お断り】と記されて「本稿記載の占い内容は、記載された内容の正しさを保証するものではありません。情報提供者は責任を負いかねます」と編集部が注記している。日ハムに関しては、道内向けTV番組で開幕直前に出演し「主力選手が故障しやすくチームが低迷。それによって主力以外の脇役的選手が出て来る。今年一番の活躍は西川遥輝選手」と語ったが、その西川選手は、現在ではパ・リーグで安打数3位に躍り出ている。


最近の記事はこちら

「カジノ」で“勝つ”か“負ける”かの選挙戦

北海道と大阪府の知事選で“勝つ”か“負ける”かの「鍵」を握っていそうなのが「カジノ」である。カジノというのは文字通り“勝ち・負け”を競うところだが、そのカジノ誘致が経済活性化の起爆剤と「噂」されている…続きを読む

不可思議なもの「親の血を引く兄弟」

昔、北島三郎氏は「♪親の血を引く兄弟よりも…」と歌った。実際、世の中には“実の兄弟”よりもはるかに“兄弟的な関係”となる友人・仲間・同僚を持つ人達もいる。特に20代から50代くらいまでの間、血縁者たち…続きを読む

「未来」には“さまざまな選択肢”がある

人は思いつめると「もう、これしかない」という結論に陥りがちなものである。さまざまな事件とか、犯行とかは、そういう時に起こる。世の中には、最初から“犯罪者的素質”を持って生まれている人もいることはいるが…続きを読む

「怖い女たち」を彩ったトプカプの至宝

今日3月20日から六本木の「国立新美術館」でオスマン帝国の栄華を誇った時代の「トルコ至宝展」が開かれている。15世紀から18世紀の時代に使われていたトプカプ宮殿秘蔵の品々が展示されているのだ。どうして…続きを読む

「ネット民」は“敵”か“味方”か⁉

現代は「世間の声」としてのインターネット上の“書き込み”を無視できない時代となっている。時として、それが“幸運をもたらす”場合もあれば、“不幸を引き連れて来る”場合もある。昨日、モデルでタレントの梅宮…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.