今日の迷言・余言・禁言

“占い”を「哲学」にすることの「危険性」

まず誤解を避けるために、私は特定の占術家を傷つけたり、攻撃したりする気は毛頭ない。ただ根本的に“危険な部分”を孕んでいるので、それを指摘しておきたいだけだ。去年から今年にかけて占星家として知られる松村潔氏が『西洋占星術哲学』『タロット哲学』という二冊の大書を刊行されている。彼の書籍は大体がそうなのだが、分厚い。もう少し要領よく書けないものかな、と私などは思ってしまうのだが、とにかく何でもねちっこい書き方をする。今回の二冊は、多分、彼にとっては、ご自身の占術に対しての“向き合い方”を表明するものなのに違いない。ただ、彼自身は良いとして、それを“そのまま受け止める”読者がいるとすれば、少々危険なのだ。「占い」というのは、元々「哲学」なんかではない。むしろ、それとは“真逆”に位置するもので、哲学的発想から生まれたものではない。「哲学」というのは、最終的には「生きるとは何ぞや」を追求していく学問である。「占い」というのは「未来を指し示す」術技である。元々“学問”よりは“技術”に近く、そのための理論や体系でしかない。われわれは誰でも、古代からずっと、幸せを追求して生きている。その幸せを得るための“一つの方法”として未来への「道しるべ」を求めた。それは「生きるとは何ぞや」ではなくて、こっちへ向かえばこれこれが…、あっちへ向かえばこれこれが…、という極めて現実的な“可能性”を示唆するものである。本来、そういうものが「占い」なのだ。古代人は「生きるとは何ぞや」を追求するために「占い」を創始したのではない。あくまでも“生活の知恵”として、襲って来る「敵」や「自然災害」から逃れる方法、或いは負けない方法のヒントとして、後世の人々に“それ”を遺そうとしたのだ。だから、世界各国、各民族に、固有の「占い」が遺されている。宗教よりも、より現実的な“手立て”として、古代人は“星”を観て、或いは“掌”や“顔”を観て、時に動物の“骨”や“肝臓”を観て、さまざまな暮らしの中のものを観て、それを“未来を知る手立て”としてきた。未来を予知することで、少しでも“凶災”から逃れたかったからだ。「生きるとは何ぞや」を追求し過ぎると、結局、占いなんて「意味のないもの」のように扱いがちになる。自分が、これまで「占い」を研究したのは何のためだったのか、と思い悩むようなことになりやすい。それこそ、私が「危険性」を警告する一番の“落とし穴”なのだ。


最近の記事はこちら

続々と発見される「未開封の墓と棺」

このところエジプトでは「墓」や「棺」の“発見”が続いている。それも古代エジプトの古王朝時代に埋葬地として有名だったサッカラの地から相次いで発見されている。9月なって発見された13基の棺は、なぜか積み重…続きを読む

早期の「画像公開」が“発見”に繋がった

千葉県習志野市で9月10日から“行方不明”になっていた中学3年生の少女が19日に無事発見・保護された。最近は“行方不明”となっても、早期に情報公開や画像公開した場合には、その多くが発見・保護されている…続きを読む

5億4000万円「金券ショップ」も加担している⁉

2014年~2016年のわずか2年間の間に5億4000万円分もの切手が「金券ショップ」で換金されていたことが明らかとなった。それも換金したのは、東京の芝郵便局と神田郵便局の当時“課長”と“課長代理”と…続きを読む

作る「銅像」間違えている“お粗末”芸術家

有名人が、その生れ故郷に彫像や銅像を建てられることは珍しくない。そのほとんどは、その街の“誇り”として、記憶に遺したいから建てられる。ところが、たまにはまったく別の目的から、彫像や銅像を建てられること…続きを読む

「500年の寺院」と一体化したホテルが誕生

どのホテルに泊まるかによって、旅の想い出は大きく変わってくる。せっかく京都に泊まるなら、“京都らしいホテル”が良いに決まっている。そこで、おススメなのが9月28日から開業する三井ガーデンホテルだ。一見…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.