今日の迷言・余言・禁言

占い不要の「相性」の基準

「占い」など信じていない人であっても「相性」については、その“存在性”を認めている場合が多い。実際、さまざまな場面で「相性」としか言いようのない“結果”に遭遇する。恋愛・結婚相手はもちろん、取引相手との関係でも、親子・兄弟の関係でも、仲間・同僚との関係でも、上司・部下の間でも、「相性」としか呼びようのない状態や結末はあまりに多い。その「相性」について「占い」など用いなくても、事前に察知する方法がある。「相性」が良い人達というのは、その“ファッション”と“飲食”と“音楽”の好みに共通性を持っている。つまり、これらの“趣味・嗜好”に共通性があれば、間違いなく仲良くなれるし、一緒にいて楽しく、互いに相乗効果があり、その付き合いには永続性が認められる。その髪型も含めてのファッションは“生活感覚の一致”で、同じことをしていても違和感を持たず、自然に協力し合う傾向になる。同じ“飲食物”を欲するのは“肉体感覚の一致”で、男女間では“性的相性”と深く関わっている。男女間以外では“行動面で一致”するので、仲間として一緒に仕事をしていくのに大変有効となる。“音楽的な趣味”が一致するのは“思想・感性の一致”で、生活していくうえでの対応や方向性に一致点があり、考え方に違和感を持たない。つまり、相手の日常を何気なく観察していれば、その人との相性が良いかどうか、占いに等頼らなくても、解ってしまうようにできているのだ。


最近の記事はこちら

「自殺願望」9割が20代女性という衝撃⁉

厚生労働省が昨日公表したデータによると、SNSなどで“自殺相談”をしてくる人たちの9割が20代で、そのうち95%は女性だったという事実が明らかにされた。このデータだけから考えると、日本は20代女性が“…続きを読む

「死刑囚」が“自ら告白”の殺人事件は「無罪」

ややこしい事件というのがある。昨日「無罪判決」が下されたのは“二件の殺人事件”に対してである。それも、自らが手紙の中で“告白”してきた殺人なのだ。つまり自分が20年以上前に殺していたと“懺悔的に告白”…続きを読む

「福袋」じゃない「福袋」が売られている

時の流れは、嫌でも物事を“変遷”させていく。正月特有の風物も徐々に姿を変えていく。ビッグカメラは、早くも「2019年福袋」を売り出し始めた。正月より20日も前から「福袋」を売り出すということ自体にも、…続きを読む

入場料“1500円の書店”は成功するか

東京・六本木の青山ブックセンターの跡地に、昨日、新たな書店「文喫(ぶんきつ)」がオープンした。書店としては中型規模の売り場面積だが、入場する時に“入場料1500円”を支払わなければならない。新たなビジ…続きを読む

「千尋」から「弌大」への改名は最悪⁉

私はこれまでにも何度か「読めない文字を使った命名はすべきでない」と記してきた。今回は正にその典型である。昨日、プロ野球の日ハムに新規加入した元オリックス・金子千尋(かねこちひろ)選手の入団発表があった…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.