今日の迷言・余言・禁言

占い以上の精度は欲しい「地震予報」&「気象予報」

このところ「地震予報」が立て続けに外れている。そういえば大雨などの「気象予報」も外れが少なくない。特に、地震予報の方は一瞬、緊張感が走るだけに、何も起こらないと「オオカミ少年」のようにだんだん信頼度が落ちて来る。こういう“科学的”と呼ばれている予報も、実際のところは“データからの可能性”を示すもので、その本質においては「占い」とそれほど大きく違っているわけではない。ただ「占い」に比べると、過去のデータ量が膨大である。それをコンピュータ処理しているはずだから、大きく「外す」というのは、データ処理の仕方に問題があるのか、自然界の“気まぐれ”に追いついていないのか、どっちかだということになる。「占い」は“必要なデータ”を集めること自体が大変に難しい。例えば、私は“新型コロナ”に感染した人々の生年月日から、この病気に掛かり易い人の特徴として「ドラゴンヘッド」が関与していることを突き止めた。コロナによって死亡した人、死亡はしなくても重傷だったとか、暮らしが激変したとか、仕事上への影響が大きかったとか、そういう人々を主体にデータを集めた。その結果、新型コロナが運命的な役割を果たした人達には、共通してドラゴンヘッドの関与が視られるのだ。おそらく、それはドラゴンヘッドという“擬似惑星”の正体に関係している。それは黄道と白道との“交点に当たる”位置で、われわれは「日食」や「月食」としてドラゴンヘッドを観察している。コロナに限らないが、おそらく感染症というのは、人と人との“接点”から生じる病気なので、太陽の軌道と月の軌道との“接点”であるドラゴンヘッドは、感染症と共通の性質を持っている。もちろん、これは私が勝手に言っていることで、他の占星家がどう思っているのかは知らない。というか、私は他の研究者たちが「新型コロナ」に関して、どのような研究材料を持っているのか自体知らないのだ。もしかしたら、私以外に、そういうことに興味を持つ人はいないのかもしれず、いても既存の占星学に無いことは“お手上げ状態”なのかもしれない。或いは、私などよりももっと進んだ研究団体のようなものがあって、とっくに解明しているのか…いずれにしても、国家予算を投じている「地震予報」の精度が“占い程度”では、いかにも心もとない。


最近の記事はこちら

5億4000万円「金券ショップ」も加担している⁉

2014年~2016年のわずか2年間の間に5億4000万円分もの切手が「金券ショップ」で換金されていたことが明らかとなった。それも換金したのは、東京の芝郵便局と神田郵便局の当時“課長”と“課長代理”と…続きを読む

作る「銅像」間違えている“お粗末”芸術家

有名人が、その生れ故郷に彫像や銅像を建てられることは珍しくない。そのほとんどは、その街の“誇り”として、記憶に遺したいから建てられる。ところが、たまにはまったく別の目的から、彫像や銅像を建てられること…続きを読む

「500年の寺院」と一体化したホテルが誕生

どのホテルに泊まるかによって、旅の想い出は大きく変わってくる。せっかく京都に泊まるなら、“京都らしいホテル”が良いに決まっている。そこで、おススメなのが9月28日から開業する三井ガーデンホテルだ。一見…続きを読む

占星学による「死」の予兆

人間にはさまざまな“生き方”がある。それらを批判することは簡単だが、それらから“学ぶ”ことの方が人生には役立つ。昨日、タレントの岸部四郎氏(71歳)が今年8月28日に心不全で亡くなっていたことが公表さ…続きを読む

現存する世界最古(⁉)「金箔天文図」公開

何となく「金箔天文図」などと言うと“妖しく”聴こえて良い。実際に金箔を貼り付けた天文図なのだから「金箔天文図」であるのは間違いがない。そして、現存する天文図としては一応“世界最古”であることも事実だ。…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.