今日の迷言・余言・禁言

占星学と推命学が結び付く「相性」の不思議

「相性」と呼ばれるものは誰もが否定しない。「占い」に対して否定的な人でも「相性」そのものが存在すること自体には肯定的な場合が多い。つまり誰もが本能的に“存在”を認めているのが「相性」と呼ばれるものである。その「相性」の“占い的な観方”については、正直、私は“一般的な方法”を採らない。ハッキリ言うと、“一般的な方法”では当らないからである。例えば「おひつじ座」生れと「しし座」生れは“相性が良い”といった観方だ。或いは「一白水星」生れと「四緑木星」生れは“相性が良い”といった観方だ。こんな“子供だまし”のような観方をいつまでも用いているから、占いそのものが信用されなくなる。実は昨日、フリーアナウンサーでタレントの美馬怜子氏が一般人との「結婚」と「妊娠」を公表された。出産は来月だというから、もっと早くに決まっていたはずの「結婚」である。それを昨日になって公表したのは、一部ネット上で騒がれたように“騎手・武豊氏の誕生日”が昨日であることを意識したのは間違いがない。二人の“不倫疑惑報道”が出たのは4年前のことであるが、もし、マスコミ報道が出なければ交際は継続しただろう。彼女には、その自信があるのだ。だから、あえて、彼の誕生日を択んで公表したのだ。ここで、ようやく占星学と推命学の登場となる。私は西洋占星学の著書も持ち、四柱推命学の著書も持っている。洋の東西を代表する“生年月日占術”の両方の専門書を出しているのは私のみである。その私の“相性研究”では、このお二人は極めて稀なほど相性が良いのだ。“相性の良さ”を決定づけるものは“性格”や“人生観”の類似である。男女間の場合には“真逆な場合”に惹かれ合うケースもあるが、長続きさせるのには努力が伴う。通常は“相似形”の方が無理なく「一体化」出来るものなのだ。四柱命式では二人とも、ほぼ同一の“通変星”が並ぶ。大きく違っているのは「年干通変」のみである。ちなみに「結婚運」に関係が深い日支蔵干は二人とも「比肩」が表出されていて、良いとは言えない。ホロスコープの方では金星や水星の“共通アスペクト”が多い。つまり愛情や考え方に共通性が多いのだ。特に金星と海王星の150度、金星と冥王星の150度アスペクトは二人とも共通しているが、度数まで完全に一致するのは稀なケースなのだ。水星と天王星の150度も完全に一致している。したがって運命学的な観点から言えば、美馬氏が“当てつけ”のように武氏の誕生日を択んで公表したのも「別れても好きな人」という昔の歌謡曲のような証だからなのである。


最近の記事はこちら

「ガイロク」は“人生とは何か”を教えてくれる

人には誰でも「人生最大のピンチ」と言えるような時期がある。それを街角インタビューの中から“抜粋していく”のが、あまり目立たないTV番組「ガイロク(街録)」だ。近年は、普通の人達に街角でインタビューする…続きを読む

技術・研究者なら飛躍できる水星&土星《0度》の危険

誰でも疲れている時とか、あまりにも神経過敏となっている時に「幻影」を見るとか「幻聴」を聴くとかすることは稀にある。けれども、それが日常生活となったら、もはやそれは“病気”一歩手前か、本格的な“心霊現象…続きを読む

「007」が“黒人女優”に変わる時代

映画「007」シリーズと言えば、私が「男はつらいよ」と同じくらい十代の頃から好んで見た映画だ。それにしても長い、もう「寅さん」は終わったというのに「007」の方は主人公ジェームズボンド役をさまざまな男…続きを読む

なぜ今頃「人肉事件」の映画なのか

「おいしそうだったから食べたかった」という言葉はよく聞く。けれども、それが「人肉」に向けられたものだったとしたら、思わず絶句する。それが通常の感覚だろう。けれども、世の中には“そうではない人達”がいる…続きを読む

「新たなピラミッド」が発見されるか⁉

エジプトのダハシュールと言えば、ギザのピラミッドで有名なクフ王の父親スネフェル王による「赤いピラミッド」と「屈折ピラミッド」が建てられていることで有名である。そのダハシュールで新たに複数の棺やミイラが…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.