今日の迷言・余言・禁言

双子の兄弟は別々に「その児」を狙った

「血は争えない」という言葉があるが、こと“双子”に関しては、昔からさまざまな“一致点”が報告されている。今回の報告は、正直、残酷な報告としか言いようがない。向井亮太・勇生(25歳)の兄弟は双子で、どちらも建設作業員だった。その弟の勇生の方には付き合っている女性(27歳)がいた。兄の亮太とも顔見知りだったのだが、交際にこぎつけたのは勇生の方だった。いつの間にか勇生は、彼女の自宅に頻繁に出入りするようになっていた。その交際女性には、実は19歳の時に産んだ可愛らしい女の子がいた。8歳で小学2年生だった。何度も泊まっていることなどもあって、勇生にはそれなりに懐いていた。たまに、自分が仕事で遅いようなときにも勇生がいれば安心だった。ところが、或る時「また仕事で遅くなるから、勇生が行くからはずだから…」と娘に電話した時、しばらく沈黙があった。「わかったの?」念を押した女性に「ママ、勇生さん来ないようにして」と言ったのだ。その言い方が何故か気になった。妙な胸騒ぎがして、女性は仕事を早退して家に戻った。家に戻って、改めて娘に訊いた。娘は「何でもない」を繰り返した。その眼に涙が光っていた。実は女性は、ニュースになっていた“子供への虐待”の可能性を心配したのだ。きつく問いただした母親に娘は観念したように語りだした。それによると数か月前、勇生は彼女の遅い夜、8歳の娘に手を出していたのだ。しかも、タオルで少女に目隠しをさせ、幼いカラダに乱暴を行っていた。ところが、話はここで終わりではなかった。実は双子の兄の方である亮太からも、乱暴を受けていた。しかも、奇妙なことに、双子の二人は“そのこと”を互いに知らなかった。偶然にも、弟の方は自分の交際相手の娘を犯し、兄の方は顔見知りだった娘を戸外などで犯していたのだ。大阪に住む25歳の双子の兄弟が、27歳の同一女性を好ましく思い、その一方は交際に成功し、その8歳の娘までをも犯し、一方は交際ならずだったが、その相手の8歳の娘だけは強引に戸外で犯していたのだ。もちろん、母親の訴えで、双方とも「強制性交容疑」で逮捕された。


最近の記事はこちら

「神様」にも「マスク」は必要だったのか⁉

偉大なる建築家アントニオ・ガウディ氏の“没後100年”を記念して“完成”する予定であったスペインの「サグラダファミリア教会」がピンチを迎えている。新型コロナによって“工事中断”を余儀なくされている建設…続きを読む

「嘘」はついていないような気が…

女性同士がぶつかり合う場合、その気迫がすごいと、なかなか男性はその中に割って入れない。そうなりそうな対立の予感が国会の中で勃発している。自民党の杉田水脈(53歳)氏と共産党の田村智子(55歳)氏だ。杉…続きを読む

来るか「印鑑」が“不要”になる日

新政権になって河野太郎行革大臣が「ハンコ不要」に取り組みだしている。もちろん、これは役所の“行政手続き”に限ってのことで、一般社会にまで強制する“簡素化”ではない。ただ、これまで一番「ハンコ」にこだわ…続きを読む

元気があれば「脱獄トンネル」も掘れる⁉

人間には簡単に世をはかなんで自殺してしまう人もいるが、たとえ“死刑囚”になっても、せっせと「脱獄トンネル」を掘り続ける人もいる。しかも、彼の場合には、それが“初めて”ではなかった。2017年にも一度ト…続きを読む

「もう良いのでは…」と言いたい“極細ウエスト”

世の中、いろいろな分野で「世界一」を目指す人はいる。アメリカのジョージア州に住む1児の母サミー・ウィルソン氏(26歳)は2年前まで、お世辞にも“美しいプロポーション”とは言えなかった。体重が89㌔もあ…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.