今日の迷言・余言・禁言

双子の運勢の違い

芸能界では時々、双子の人達が注目を浴びる時がある。例えばそのうちの一人が結婚をする。そうすると、どうしても“もう一人の方”に注目が集まる。何となくだが結婚も一緒に行いそうなイメージがあるからだ。それはあくまで“イメージ”にすぎないのだが、占い師ではない“一般の方々”が、同じ時に「結婚運」がやって来そうな観方をしてしまいがちである。そういうわけで、昨日、双子の女優として幼い頃から有名だった“マナカナ”の“マナの方”つまり三倉茉奈氏が「結婚」の報告をした。もう一人の三倉佳奈氏の方が2012年に結婚されているので、7年の隔たりがあったことになる。一応、占星学的な観点から言えば、三倉佳奈氏の方はトランジットの海王星が出生時の太陽に0度で一体化した年に結婚し、三倉茉奈氏の方はトランジットの海王星が出生時の金星に0度で一体化した年に結婚したことになる。こういう風に、結婚期というのは必ずしも一度だけ訪れるわけではない。人生に何回かはやって来る。だから、一度や二度、結婚寸前までいって破れたとしても、もうだから“結婚できない”などとあきらめる必要はない。ただダメな年は無理してもダメで、少し間を開けた形で“何度目かの婚期”はやって来る。同じように病気や体調の変化が起こった時にも、双子の場合には,同じ時期に危険がやって来そうなイメージがある。先日、お笑い芸人の“双子コンビ=吉田たち”の吉田こうへい氏が舞台で漫才をやっている最中に倒れた。それまで普通に漫才を行っていたのに、急にこうへい氏の動きと言葉が止まって、そのあとバーンという具合に、そのまま倒れたのだ。関係者は大慌てとなり、救急搬送された。幸い、数日後には元気となって、なぜ倒れたのか、原因はハッキリしていない。けれども、こういう時でも、双子の場合、吉田ゆうへい氏の方は大丈夫なのだろうか…と思ってしまう。私の研究では、双子で“一卵性双生児”の場合でも、性格とか、才能とか、体質とか、それぞれ微妙に違っている。そして何よりも異なるのは“運気が異なる”ことで、その双子によっても違いがあるが、たいていの場合には、一方が経験したことを、もう一方は少したってから経験するような傾向がみられる。つまり、同時にやってkるケースは少ないのだ。けれども、ややずらす形にはなるが“運命的な出来事”の多くは、同じように経験する。ただ内容的にも“微妙に違う形”となるのが特徴だ。双子だから、兄や姉の方が“先に訪れる”とは限らない。それでも、多くの方が本能的に感じる“同じこと”は、そういう意味では確かに起こるのだ。


最近の記事はこちら

昔、縁起の悪かった「元号」は変えられた⁉

記憶力があいまいで、それが日本の話だっだか、中国の話だったか、判然としない。けれども、どちらかの国で間違いなく“そういう年”は、存在している。つまり「新たな元号」に変わって、悪いこと続きで“縁起が悪い…続きを読む

81%が「自分の血液型」を知らない国

日本で「自分の血液型を知らない」というのは、何んとなく“無知なこと”のように思われがちだ。かくいう私も、多分「A型」だとは思っているのだが、それはあくまで父親と母親と兄弟の血液型からの推測で、本当のと…続きを読む

「ユニコーン」が出現する夢の意味は…⁉

たまたま「東京国立博物館」の“東洋館”にあるという「アジアの占い体験コーナー」に関しての記事を読んだ。興味深い内容で、モンゴルの「シャガイ占い」について書かれていた。羊のシャガイ(くるぶしの骨)を使っ…続きを読む

手相の頭脳線と「認知症」の関係

人間は誰でも齢を取る。そうすると誰でも弱っていく。肉体的に弱っていくのは当然で仕方がないのだが、頭脳が弱っていくのは困る。生活に支障が出るからだ。漫画家でタレントの蛭子能収氏がTVの“健康診断番組”で…続きを読む

40か国「世界500店舗」紳士ブランドが破綻

かつてはウォール街で一番人気だった紳士ブランド「ブルックスブラザーズ」が銀行に“破産申請”を出した。創業200年、リンカーン大統領やケネディ大統領も愛用したスーツの老舗ブランドで、世界40か国、500…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.