今日の迷言・余言・禁言

双子の運勢の違い

芸能界では時々、双子の人達が注目を浴びる時がある。例えばそのうちの一人が結婚をする。そうすると、どうしても“もう一人の方”に注目が集まる。何となくだが結婚も一緒に行いそうなイメージがあるからだ。それはあくまで“イメージ”にすぎないのだが、占い師ではない“一般の方々”が、同じ時に「結婚運」がやって来そうな観方をしてしまいがちである。そういうわけで、昨日、双子の女優として幼い頃から有名だった“マナカナ”の“マナの方”つまり三倉茉奈氏が「結婚」の報告をした。もう一人の三倉佳奈氏の方が2012年に結婚されているので、7年の隔たりがあったことになる。一応、占星学的な観点から言えば、三倉佳奈氏の方はトランジットの海王星が出生時の太陽に0度で一体化した年に結婚し、三倉茉奈氏の方はトランジットの海王星が出生時の金星に0度で一体化した年に結婚したことになる。こういう風に、結婚期というのは必ずしも一度だけ訪れるわけではない。人生に何回かはやって来る。だから、一度や二度、結婚寸前までいって破れたとしても、もうだから“結婚できない”などとあきらめる必要はない。ただダメな年は無理してもダメで、少し間を開けた形で“何度目かの婚期”はやって来る。同じように病気や体調の変化が起こった時にも、双子の場合には,同じ時期に危険がやって来そうなイメージがある。先日、お笑い芸人の“双子コンビ=吉田たち”の吉田こうへい氏が舞台で漫才をやっている最中に倒れた。それまで普通に漫才を行っていたのに、急にこうへい氏の動きと言葉が止まって、そのあとバーンという具合に、そのまま倒れたのだ。関係者は大慌てとなり、救急搬送された。幸い、数日後には元気となって、なぜ倒れたのか、原因はハッキリしていない。けれども、こういう時でも、双子の場合、吉田ゆうへい氏の方は大丈夫なのだろうか…と思ってしまう。私の研究では、双子で“一卵性双生児”の場合でも、性格とか、才能とか、体質とか、それぞれ微妙に違っている。そして何よりも異なるのは“運気が異なる”ことで、その双子によっても違いがあるが、たいていの場合には、一方が経験したことを、もう一方は少したってから経験するような傾向がみられる。つまり、同時にやってkるケースは少ないのだ。けれども、ややずらす形にはなるが“運命的な出来事”の多くは、同じように経験する。ただ内容的にも“微妙に違う形”となるのが特徴だ。双子だから、兄や姉の方が“先に訪れる”とは限らない。それでも、多くの方が本能的に感じる“同じこと”は、そういう意味では確かに起こるのだ。


最近の記事はこちら

ホテルに残された「遺影」「骨壺」は忘れ物なのか

客足が戻りつつあるホテル業界だが、そのホテルマンが語ったという“忘れ物”についての記事が興味を引いた。ホテルの忘れ物で圧倒的に多いのが「スマホの充電器」「アクセサリー」「洋服」の三種であるらしい。確か…続きを読む

秋篠宮家の「姉・妹」は立て続けに結婚する⁉

私がここで前天皇ご夫妻が、やがてアメリカに居住するようになる秋篠宮眞子&小室圭ご夫妻の子供に逢いに行くようになる…ということを書いたのはいつだっただろう。もちろん、まだ前天皇ご夫妻が“天皇ご夫妻”だっ…続きを読む

学校とは「生きる理由」を見つける場所

現在、立命館大学の国際平和ミュージアムで10月28日迄「世界一貧しい元大統領から学ぶ本当の豊かさ」という企画展示が行われている。2012年の国連におけるスピーチで一躍有名となったウルグアイのホセ・ムヒ…続きを読む

「赤い糸」が「一軒家を無償で借りられる権利」に発展

あなたは「赤い糸プロジェクト」をご存じだろうか。もちろん知らないだろう。大阪市鶴見区のNPO法人「みらくる」が取り組んでいるコロナ困窮者のための“支援プロジェクト”だ。今年9月に立ち上げられたばかりな…続きを読む

ピカピカの40年前に戻る「勇気」

女優の宮崎美子氏が自らの芸能生活“40周年”を記念して「カレンダー&フォトブックセット」を発売した。そして40年ぶりにカメラの前で“ビキニ姿”を公開している。ほぼ同時に「週刊現代」でも11ページにわた…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.