素顔のひとり言

古代と中世の「メッセンジャー」たち

水星探査機「メッセンジャー」が、アメリカのNASAからディスカバリー計画の一環として、現地時間8月3日午前2時16分に打ち上げられました。本当は前日の予定だったそうですが、気象条件の関係で1日遅れての出発となったようです。さて、この探査機が、実際に調査を開始するのは2011年3月からだそうで、なかなかに気の長い話です。

水星は、あまりに太陽に近すぎるので、昼間の温度は摂氏400度を超え、正に灼熱の世界です。この事実だけから考えると「水星」という名称は不似合いで、むしろ「火星」と呼びたいくらいです。ところが、夜になると一転、マイナス160度にもなるのです。したがって「火星」と呼ぶに相応しい惑星とも云えないのです。

水星はシュメールでは「ネボ」、バビロニアでは「グドゥド」と呼ばれ、アッカド語になると「ナブー」と呼ばれ、バビロンの近くのボルシッパが崇拝の中心地でした。文字・知恵・書記の神として信仰を集めていました。首都バビロンの主神はマルドゥーク神ですが、その子供として「ナブー神」は位置づけられていたようです。ちなみにラテン語では「メルクリウス」で、これが英語で「マーキュリー」と呼ばれる語源です。

さて、水星は、天文学的にも謎の多い天体とされていますが、元来が地球から見えにくい惑星で、古代人も水星には手を焼いていたらしく、地動説で知られるコペルニクスでさえ、死ぬまでに1度も見たことがなかった、とされています。

今日、実在する最古のバビロニア・ホロスコープ文書として知られる粘土板には「…木星はウオに、金星はオウシに、土星はカニに、火星はフタゴに、水星は沈んでいて見えず…」と、記されています。

水星が見えるのは、日没直後の西空低くに…又は日の出直前、東の地平線上に…限られているのです。このことが、中国において、水星の化身としての聖獣「玄武(亀と蛇との合体動物)」が地平線と関連付けられる北方位を定位置とし、黒を象徴色とし、季節は冬、時間帯は夜を支配する、としていたことの理由なのです。

「玄武」は、惑星として捉えるときには「辰星」と呼ばれて、常に太陽の近くにあって、時(時節)を告げてくれる星、として捉えられていたようです。

一方、バビロニアの方で「書記・知恵・文字の神」とされていたのはどうしてなのかと言うと、これまた太陽の常に近くにあって、丁度、当時の神王の書記官のような存在、とみなされていたからだと推定されます。

水星の観測に困っていたのは古代人だけではなく、占星術師プラキドゥスによるカルルⅤ世(1500年2月24日生まれ)のホロスコープ、数学者カルダーノ自身が作成した自ら(1501年9月24日生まれ)のホロスコープ、天文学者ケプラーによるヴァレンシュタイン将軍(1583年9月24日生まれ)のホロスコープ、そのいずれもが、水星位置の計算で手こずっています。他の惑星位置は、現代のコンピュータ計算とも大体符合しているのですが、水星だけが1度弱~6度弱ずれているからです。さすがにケプラーの計算は1度弱の狂いで、急接近してきています。そんなところにも、単なる宮廷お抱えの占星術師ではなかったケプラーの側面を見ることが出来そうです。ちなみに、ケプラー自身のホロスコープでは2度弱ほどずれていて、これは自分自身のホロスコープを先に作成したから、と思われます。


最近の記事はこちら

波木星龍の公的な「予言の的中率」

占い師の評価というのは、必ずしも“的中率”にあるわけではないが、そうは言っても“どの程度的中しているのか”は、その評価の重要なポイントであるには違いない。よく“口コミ”と言われる“やらせっぽいサイト”…続きを読む

自らが創り出す「未来」

占星学や推命学の研究者の中には“先天的な運命”を動かしがたいものとして、本人の“意志”とか“選択”とか“努力”などを認めないような判断の仕方をされている方が多い。私自身も占星学や推命学の研究者であるか…続きを読む

あまりにもお粗末な「ツタンカーメン」番組

こういう番組をどう捉えれば良いのだろう。制作サイドは日本の視聴者をあまりにも軽んじすぎているのではないだろうか。7月18日のTBS古代エジプト世紀の大発見プロジェクト「ツタンカーメンと伝説の王妃330…続きを読む

日進月歩で「後退していく」占いの世界

世の中、日進月歩で進んでいくものが多い中で、まるで“後退りしている”ような世界が「占いの世界」だといってもよい。どうして後退りなのか、ここ20年ほど「新たな研究」「新たな学説」「新たな占い」「新進気鋭…続きを読む

人は“さまよいながら”生きていく

人間社会は「勘違い」で成り立っている。例えば、私は“書きもの”などでは何でも明確に“ズバズバ書く”ので、現実にもさぞかし「即断即決の人」「迷いのない人」「怖い人」であるかのよう誤解されがちだ。とんでも…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.