今日の迷言・余言・禁言

古代ヘブライ語が“謎”の鍵を握っている

60年ぶりにヨルダン川西岸のクムラン周辺で“死海文書の洞窟”が発見された。これまで11の“文書洞窟”が見つかっているので“12番目の洞窟”ということになる。この洞窟は、意図的に崩壊させた洞窟の奥に5~6メートル存在したもので、未開封の保存瓶や巻物が隠されていたらしい。“死海文書”は最初1947年に羊飼いの青年が、群れからはぐれた羊を追っていくうちに偶然発見した洞窟古文書で、現在まで850巻も見つかっている。古代ヘブライ語が主で、アラム語や古代ギリシャ語の文書もある。その内容は旧約聖書関連のものが多く、2000年前のユダヤ教、中でもクムラン教団による教義とか戒律とかを記した内容が多いとされている。けれども古代ヘブライ語なので解読できる部分が少なく、その多くは“未解読のまま”となっている。ユダヤ教からキリスト教は生まれているが、その成立前後の内容が含まれているので重要とされる。創設者イエスに洗礼を授けたとされるヨハネはクムラン教団に属していたとされ、イエスもその影響を受けていた可能性が強い。一説にクムラン教団は、仏教における“密教”と同じく“超能力集団”で、だからこそ不毛の地である死海周辺の洞窟内で禁欲生活を続けていた可能性もある。そう考えると、イエスが行ったとされる数々の奇跡も、日本で密教を身に付けた空海が行った数々の奇跡と“同様のもの”だった可能性が強くなるのだ。大体、発見されてから70年にもなるのに、その多くが未解明のままというのは何とも歯がゆい。羊飼いが偶然に発見したとされているが、“見えざる手”が導いたに違いない。今、偶然にもこの文書を偶然読んでいる日本の若き研究者が、古代ヘブライ語をマスターして、ぜひ全容を解き明かしてほしいものだ。


最近の記事はこちら

“占い界”における藤井聡太はどこに?

最近、プロスポーツの世界では次代を担う“若き天才”たちが続々と誕生している。ここで取り上げる将棋世界の藤井聡太君など、その典型だ。まだ14歳の中学生だが、既に昨年10月からプロ棋士四段に昇格した。そし…続きを読む

「EU」が揺れている

11人が立候補したフランスの大統領選で、予想されていた通り過半数を得たものがなく、改めて5月7日に「国民戦線」のルペン氏と、「前進!」のマクロン氏との間で“決選投票”が行われることが決まった。ルペン氏…続きを読む

北朝鮮にも“隠れキリシタン”がいた!

“隠れキリシタン”と言えば、江戸時代の長崎を思い浮かべる。現在でも、その子孫の方々が存在していて“隠れキリシタンの信仰”が維持されている。もう、日本では堂々と“キリスト教徒”を名乗って良いのに、子孫の…続きを読む

“究極の美”は、“マゾ体質”の証明

確かに、その人は美しい。とても50歳には見えない。「美のカリスマ」と呼ばれる。本人も「肌の美しい人を見ると、つい傍に行って話しかけてしまう」とおっしゃる。確かに“美”へのこだわりが強いようだ。君島十和…続きを読む

寄付によって財産を使い果たす

日本電産の創業者・永守重信氏は最近、あちこちの教育機関に寄付金を与えている。寄付金と言っても一千万とか二千万とかのけちな金額ではない。70億とか100億とかいうとてつもない金額である。彼は「日本電産」…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.