今日の迷言・余言・禁言

向かっていく“ツキ”を間違えた「かぐや姫」

『かぐや姫』と言えば「月」に帰って行ってしまうお話しだが、今様「かぐや姫」とも呼ばれる大塚家具の大塚久美子社長は、自分の帰るところを見失ってしまったようだ。マスコミ騒動からすでに一年半以上が経ち、もう落ち着いてよいはずの久美子氏だが、未だ迷走中のようで赤字が膨らみ、近く中古・アウトレットの家具店を展開するらしい。経営者としての素質は十分あるのに、自分が“進むべき道”を見失っているため、焦りが目隠しをして“帰るべきところ”を忘れてしまったのだ。この人が「大塚家具」の後継者となったこと自体は決して間違いではない。当初の対処の仕方も、特別おかしかったわけではない。問題は“分裂騒動以降”で、その後の方針が完全に誤っていた。「大塚家具」が「ニトリ」や「イケヤ」をマネて勝てるはずがない。そんなことがどうしてわからないのだろう。もし、“安売り”で勝負したいなら、徹底的に安くしなければだめなのだ。「安物」を求める人たちというのは“1円の違い”で流れていく。そういうところと、なぜ張り合おうとしたのだろう。元々が“高級家具”で売ってきたのに、なぜ今更“中価格帯で勝負”などするのだろう。彼女が売るべきものは「お姫様家具」でなければならない。それならば、みんなが「助けてあげようかな」という気持ちになるのだ。元々「かぐや姫」と呼ばれるくらい“お嬢様”で育った人物である。それなら、なぜ、それを活かそうとしないのか。なぜ、解ってもいない“庶民”の暮らしに介入しようとするのか。それが間違いなのだ。だから中古・アウトレットの家具店も100%失敗する。そういうものを購入したことのない人が手出しすべき商売ではない。「ニトリ」が“低価格商品”で成功したのは、元々が“そういう家”でひもじさの中で育っているからだ。リヤカーを必死で引っ張りながら仕事をした少年期の記憶が、ニトリ少年を大成させたのだ。もちろん、彼が“高級家具”に手出しをしたなら、即座に失敗する。「お姫様家具」だけが、彼女自身を救うことに早く目覚めてほしい。


最近の記事はこちら

セブン&ローソン「居酒屋」を兼ねる⁉

7月17日から「セブン―イレブン」では店頭で“生ビール”を発売するそうだ。レジ横にビアサーバーが設置され、Sサイズ100円、Mサイズ190円也の“生ビール”を販売するらしい。もちろん、会社帰りのサラリ…続きを読む

「命のロウソク」は売っていないのに…

東京江戸川区の住宅で13日の夜、練炭による“集団自殺”の可能性が高い5人の死体が発見された。おそらく、この家の持ち主が“自殺志願者”たちを道連れにして集団自殺を図ったと思われる。今のところ、男性一人、…続きを読む

美穂は「黄金期」を再来できるか

丁度、80年代から90年代にかけて日本の“バブル期”と重なっていたのがフジテレビの“黄金期”だった。そのフジテレビが“復活”を目指すべく“白羽の矢”をたてたのが女優・中山美穂氏である。確かに、89年「…続きを読む

「死後」も“お騒がせ”しております⁉

よく“生前”いろいろとトラブルを起こしていた人物が亡くなった時「これでようやく穏やかな日常が過ごせるね」等と親戚たちが話しているのを耳にする。ところが、世の中には“死んでから”もトラブルを起こし続ける…続きを読む

カラダの“空洞”とココロの“空洞”

TV番組やインターネット配信は、時に予期せぬ形で“人気者”を生み出したり、“巨富”を与えたりする。TV「あいのり」に2007年より素人参加した「桃」もそういう女性の一人だった。素人参加者たちが8か国を…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.