今日の迷言・余言・禁言

嚙み合わない会話

途中から“何かが違う”と感じ始めていた。けれども、それが“何なのか”わからなかった。“何なのだろう”と自分に問いかけた。ぼんやりと“虚勢かな”と感じ始めた。実弟は3歳下だ。昨日、私の記憶が確かなら15年ぶりに逢った。前は東京に私が仕事で出掛けたときに逢ったのが最後だった。正直、弟が今回、何でやってきたのか、私には分からなかった。登別の実兄のところに一昨日泊って特急で札幌まで来た。私は義母の危篤状態が続いているので、夕食を共にするのが精いっぱいだった。私のところは妻も闘病中である。実際に逢っていて、私は弟の仕事もプライベートも、近況を何一つ把握していないことに気付いた。それを訊こうとしたが、あまり触れてほしくないようだったので質問を変えた。弟は、昔、私に対して借金をしたのだが、もちろん、そのことに対しての話など一切出さない。別に返してほしいわけでも、問い詰めるつもりもないが、せめて病気の“見舞金”くらいは包むのが礼儀であるような気はした。もっとも、実の兄弟なので、それはそれで“他人行儀”なのかもしれず、私は弟がとりあえず“元気で逢いに来てくれた”ことを喜ぶべきなのかもしれなかった。弟は、私に対する質問はほとんどしなかった。自分の“自慢話”ともいえるようなことを得々と語った。昔から“虚栄心”の強いところがあった。私は本当に久しぶりに逢ったのだが、弟から親戚の情報を得ることに作戦を変えた。それらを知って、もう十分な気がした。弟の腕は“毛むくじゃら”で、そこだけ欧米人のようであった。髭剃り後も濃かった。毎日、ジョギングをしていると言っていたが、ポッコリとお腹が出ていて、どう対応して良いか分からなかった。まあ、私も太りだしているので偉そうなことは言えない。結局、大昔の“同僚”に逢ったような違和感だけが残った。


最近の記事はこちら

「心の傷」&「慰謝料」を引き摺りながら…

よく企業間では“訴訟合戦”が行われたりする。稀に男女間でも“訴訟合戦”を行うことがある。その典型的な例が、大阪で起こった。2008年8月、女性は離婚して間もない30代前半の会社員だった。心身とも深く“…続きを読む

「得体のしれない国」が周りを取り囲む

中国の広東省で大規模な“偽札づくり”が摘発された。何んとその金額が214,000,000元(日本円にして37億円)に達するらしい。これはどう考えても本格的な“紙幣づくり”であり、組織的な作業に違いない…続きを読む

「人は生まれ、人は悩み、人は死んでいった」

アラビアの格言「人は生まれ、人は悩み、人は死んでいった」ほど、真実をついた言葉はない。誰もが悩みながら生きている。文春報道を受けて、小室哲哉氏が引退を表明した。その会見は“苦悩”に満ちていた。私も、妻…続きを読む

「ユーチューバー」が消えていく

グーグルは16日、傘下に抱える動画投稿サイト「ユーチューブ」に対し“新規約”を設けると発表した。これまでは動画の“再生回数”を基準として評価していたのだが、今後は“チャンネル登録者数”と“年間視聴時間…続きを読む

「孤独担当相」は、日本にこそ必要

英国のテリーザ・メイ首相が18日「孤独担当相」という新たな“任務”を新設、政務次官だったトレイシー・クラウチ氏にそれを要請した。メイ首相は「高齢者や介護者、愛する人を喪った人、話し相手のいない人々が直…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.