今日の迷言・余言・禁言

地下に豪華な「五つ星ホテル」が誕生

最近はちょっとやそっとの“変わり種ホテル”では人々は驚かなくなった。それでも地上から地下15階まで“降りていくホテル”というのは、かなり珍しい。“地下のホテル”というと、窓が無く景観が失われた暗いイメージを持つが、ここはそうではない。何しろ“豪華な五つ星ホテル”、その外観から内部まで“五つ星”に相応しい要素が揃っている。大きな窓からは魚たちの群れが見える。まさに“竜宮城気分”を味わえるホテルなのだ。もちろん、反対側からはリゾート感覚の美しい中庭や下界も見える。どうしてこういう不可思議な景観が楽しめるのかというと、元々ここが上海郊外の広大な鉱山跡地だったからだ。だから山を丸ごと刳り抜いた印象の地形を利用し、莫大な予算を投じリゾート開発を行ったのだ。そうして出来上がったのが地上2階、地下16階、高さ88メートルの奇妙な“五つ星”ホテルなのだ。2009年に着工して予定よりもだいぶ遅れ、9年かかってようやく完成の運びに至った。正式には11月20日から正式開業するらしい。竜宮城気分を味わえるホテルやレストランは確かドバイにもあったが、上海なら一度は見てみたい気もする。本当は泊まってみたい気もするのだが、その地下15階のスイートルームの一泊の料金を聴くと誰もが尻込みする。一泊170万円也。ちょっと高すぎるんじゃないの。いくら中国人が好奇心旺盛で、金持ちが多いといっても、ドバイの超高級ホテルよりも高すぎるのは問題かも…。それに向こうは超高層界の景色を眺められるからまだ良いけど、こっちは奇妙な“地下世界”だからなあ。“おさかなさん”たちと戯れるのも、最初の2~3日は良いけど、5~6日目なんなは飽きちゃいそうだし、何となく気分も沈んじゃうよ。かなり大きいホテルだから、或る程度、客室が埋まらないと投資分が回収できないような気もするのだが、果たして現在の“予約状況”はどうなっているのか。まさか、我が家の占いと同じような“予約状況”だなんてことは…⁉


最近の記事はこちら

「癒しのジョーク」か⁉「人騒がせ」か⁉

もしもあなたが知人の葬儀に参列していて、その途中で故人の棺桶の中から「お~い、お~い、ここから出してくれ!」という声が聴こえたなら、どうするだろう。もちろん、その場は一瞬、凍り付いた。誰もが、けげんな…続きを読む

“怪しい運動”がBBCで「100人の女性」と評価⁉

欧米人と日本人とでは「評価の基準が異なる」と感じることは多い。英BBCが毎年行っている“人々に感動や影響を与えた”世界各国の「100人の女性」の発表が10月16日に行われ、日本では“女相撲”の復活に取…続きを読む

コンビニもタクシーも「無人」に変わる日

最近は日本のスーパーでも“無人のレジ”が出現し始めている。日本の場合はまだ店内を見渡せば必ず店員さんがいるから良いようなもののアメリカのように“完全無人化の店”が出来始めるのも時間の問題なのかもしれな…続きを読む

「天災」と「死後生命」の不思議

東日本大震災以降「似顔絵ボランティア」を続けて来たイラストレーターの森琢磨氏(46歳)が10月14日に亡くなった。今年2月に「肺がん」が発覚し、その後は闘病が続いていた。彼が東北各県で“似顔絵”をプレ…続きを読む

“無記名書き込み”が「死」を招く

韓国芸能界では、同じような事件があまりにも多い。昨日、ソウル近郊の自宅で、元ガールズグループ“f(x)”で現在は女優主体に活動するソルリ氏(25歳)の自殺遺体が発見された。連絡しても反応がないのに不信…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.