今日の迷言・余言・禁言

地球が“燃え出した”夏⁉

今年の夏は何かが狂っている。台風が“逆走していく”なんて思いもしなかった。そのあとは再び猛暑だ。何しろ異常気象は世界各地で起こっている。スウェーデンでは暑さと乾燥とが続き国内50か所で森林火災が発生しているらしい。北極圏に近いノルウェー北部でも7月17日には史上最高33.5度を記録した。デンマーク自治領の170人が暮らす小さな島では100メートル級氷山が崩れて流れ着き、沿岸部では避難勧告が出ている。水没してしまう可能性が出てきたのだ。アフリカ北部アルジェリアのウアルグラでは7月5日に51.3度を観測した。それには負けるが、アメリカ・カリフォルニア州チノでは48.9度まで気温が上昇。1万5000平方キロメートルの森林が焼け続けている。ギリシャでもアテネ郊外で森林火災が発生、187人の負傷者と300名以上の行方不明者が出ている。この火災は23日に発生したのだが、現在も延焼中であり、放火の可能性も指摘されている。暑くなりすぎると“狂う人”も出てくるのだ。カナダ東部のケペック州では熱波によって死者が70名を超えた。日本でも毎日のように熱中症による死者が出ている。あまり大きく報道されないので見過ごしがちなのだが、2010年には年間で1731人もの熱中症による死者が出ていたのだ。科学者たちの言う如く“地球温暖化現象”が引き起こしているにしても、早急な対策は“世界の頭脳”を寄せ集めてでも、医療や科学の分野で検討されなければならない。何十年もかかるような対策では意味がないのだ。


最近の記事はこちら

日本とは異なる「米ホームレス」の“闇”

昔からそう思っていたがアメリカは“矛盾の多い国”である。その中でもひときわ“矛盾が集約している”のがサンフランシスコという都市だ。今、この都市には街中のいたるところにホームレスがいる。繁華街でテント暮…続きを読む

俄然「横浜」が“熱く”なって来た

日本人はどちらかと言えば保守的な人達が多い。だから“危ないもの”には極力手を出さない。けれども、そういう日本に対して今、海外からの“熱い眼差し”が注がれている地域がいくつかある。IR候補地である。要す…続きを読む

メルカリが日本の「終活」を変える⁉

「メルカリ」という企業については、何となく名前くらいは誰もが聴いたことがあるだろう。ただ実際にはどういう企業なのか、知らない人も多いことだろう。一般的には“フリマアプリ大手”という位置づけである。要す…続きを読む

驚異のベストセラー⁉『反日種族主義』日本語訳の誕生

北朝鮮中央通信が9月13日、韓国で出版されている書籍に対して痛烈な批判を行った。北朝鮮のマスコミが海外の民間人が執筆した書籍に対して批評・論評することは滅多にない。どんな本に対して批判したのかというと…続きを読む

“高齢者”と“独身者”の「ハーフ婚」はいかが⁉

最近、どの調査を見ても「日本」がダントツに“1位”を獲得できるものはなくなってきている。そういう中で、唯一“ダントツ1位”をこれからも維持していけそうなのが、65歳以上の高齢者が占める人口比率であるら…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.