今日の迷言・余言・禁言

地震500回超「硫黄島」が危ない⁉

私が初めて“それ”を書いたのは5月19日だった。《キラウエア山だけではない爆発的噴火》と題して、地球の“収縮運動”が進んでいるので、ここだけでは済まないだろうことを記した。比較的赤道に近いインドネシア、フィリピン、キューバなどの火山が危ないと記しておいた。その後、キューバのすぐ隣り、グアテマラで火山の爆発的噴火が起こった。そこで6月10日に《火山噴火「グアテマラ」の次は?》を記しておいた。そうしたところ7月2日に予想通りというべきかインドネシアのバリ島アグン山で爆発的噴火が起こった。そこで7月3日に《爆発的噴火にオマケは附く⁉》を加えておいた。つまり、もう一ヵ所くらい、オマケでの“火山噴火”が起こるのではないか、と記したのだ。但し、その時も、私は日本列島は除外した。赤道からは“遠すぎる位置”だからである。けれども、日本国というのは、実は意外なほど広範囲に島を持っている。一日の地震回数が500回超となり、もういつ“爆発的噴火”が生じてもおかしくない状態となった「硫黄島」もその一つだ。ここは一応“東京都”の管轄なのだが、位置的には東京都よりもフィリピンの方がはるかに近い太平洋のど真ん中にある。つまり、日本で唯一“赤道に近い島”なのだ。太平洋戦争の時に戦地となった。今も自衛隊の基地が置かれていて、一般人は立ち入りできない。因みに日本には「硫黄島」と記す島がもう一つある。その位置は鹿児島県で、こちらは赤道から離れているので問題はない。それにしても、今年は自然災害が多い。おかしな形でやって来る自然災害が多い。台風もコースから外れていて、予測をつけにくいものが多い。それだけ、地球そのものが“変動期”に差し掛かっているのだろう。“新たな恐竜”に関するニュースもあったが、われわれが生まれる前に、地球上で二足歩行をしていたのは恐竜たちだったのだ。


最近の記事はこちら

柔軟な交渉能力こそ「平和」を作る力

人は誰も“争い”の中で暮らしたいとは思わない。それなのに世界のどこかで常に戦闘がある。争いごとの多くは互いの“主張”と“利害”に基づく。双方の主張がぶつかり、利害が交錯するから争いごとに発展する。どこ…続きを読む

町が地図上から消える炎

既に25万人が“避難生活”を強いられている。竜巻でもなく、豪雨でもなく、地震でもなく、津波でもなく、火山噴火でもない。とにかく、もう44人が亡くなったことだけはハッキリとしている。そして6500棟の住…続きを読む

UFOと北朝鮮の漂流船

「判読不明の数字が書かれていた」「なぜ北海道沿岸で多数が目撃されるか解からない」「誰も乗っていないことが多い」「漂着した遺体からは国籍も性別も解からない」このようにニュースの一部だけ書くと、何となく“…続きを読む

自身を観る「眼」を信じろ!

近年、海外で活躍している日本人は多い。特に芸術やスポーツの分野でそれが著しい。たまたま海外からのニュースの中で二人の人物が登場した。その一人は永久メイさん。まだ18歳の少女だが、中学1年で親元を離れて…続きを読む

「雪が降る」という“名曲”のごとく

北国の「雪」には、どこか“もの悲しい雰囲気”が漂っている。だから“冬”など無くなってしまうのが本当は良い。完全になくなってしまうのも少し寂しい気がするので、2週間くらいだけ“冬”がやって来て、足早に去…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.