今日の迷言・余言・禁言

地震500回超「硫黄島」が危ない⁉

私が初めて“それ”を書いたのは5月19日だった。《キラウエア山だけではない爆発的噴火》と題して、地球の“収縮運動”が進んでいるので、ここだけでは済まないだろうことを記した。比較的赤道に近いインドネシア、フィリピン、キューバなどの火山が危ないと記しておいた。その後、キューバのすぐ隣り、グアテマラで火山の爆発的噴火が起こった。そこで6月10日に《火山噴火「グアテマラ」の次は?》を記しておいた。そうしたところ7月2日に予想通りというべきかインドネシアのバリ島アグン山で爆発的噴火が起こった。そこで7月3日に《爆発的噴火にオマケは附く⁉》を加えておいた。つまり、もう一ヵ所くらい、オマケでの“火山噴火”が起こるのではないか、と記したのだ。但し、その時も、私は日本列島は除外した。赤道からは“遠すぎる位置”だからである。けれども、日本国というのは、実は意外なほど広範囲に島を持っている。一日の地震回数が500回超となり、もういつ“爆発的噴火”が生じてもおかしくない状態となった「硫黄島」もその一つだ。ここは一応“東京都”の管轄なのだが、位置的には東京都よりもフィリピンの方がはるかに近い太平洋のど真ん中にある。つまり、日本で唯一“赤道に近い島”なのだ。太平洋戦争の時に戦地となった。今も自衛隊の基地が置かれていて、一般人は立ち入りできない。因みに日本には「硫黄島」と記す島がもう一つある。その位置は鹿児島県で、こちらは赤道から離れているので問題はない。それにしても、今年は自然災害が多い。おかしな形でやって来る自然災害が多い。台風もコースから外れていて、予測をつけにくいものが多い。それだけ、地球そのものが“変動期”に差し掛かっているのだろう。“新たな恐竜”に関するニュースもあったが、われわれが生まれる前に、地球上で二足歩行をしていたのは恐竜たちだったのだ。


最近の記事はこちら

矛盾しているTV「小室圭氏の追っかけ」

時々マスコミというのはストーカーまがいの「追っかけ」をする。芸能人の場合もあれば、スポーツ選手とか、政治家とか、事件の主役の場合もある。たとえ“事件の主役”であっても、“容疑者”であっても、その顔をT…続きを読む

新社名「大樹生命」は、“巨木”に生れ変れる⁉

古くからの会社が継続していることで知られる“生命保険”業界。会社そのものの業態についはよく知らなくても、その社名だけは“知っている”という企業が多い。そういう企業名の一つであった「三井生命」が、今年4…続きを読む

日本が「告発社会」に変わっていく“怖さ”

昨日から今日にかけて、二つの“小さな出来事”がニュースとなった。その両方を読みながら、最近の日本が徐々に北朝鮮と同じような「告発社会」に変わりつつあるような気がして怖くなった。小さな出来事の一つは29…続きを読む

誰でも“身の丈に合った生活”が心地好い

大昔のアイドルで現在は女優の大場久美子氏が18日にブログを更新し、現在のサラリーマンの夫との“質素な生活”が「とても心地よくリラックスできる」と綴っている。もう少しで“還暦”を迎える今になって気付いた…続きを読む

「宗教」が世界の「平和」を奪っていく

サウジアラビアの記者がトルコの大使館内で殺害された事件は記憶に新しいが、政権批判はどの時代や地域においても“暗殺”の対象となる。特に、それが“宗教批判”とも密接に関わっている場合、その危険性がより高く…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.