素顔のひとり言

均一の時代から選択の時代へ

街を歩いていて、女性だけではなく男性たちの服装や髪型の多様さに或る種の感慨を持つことがある。私の少年時代、女性はともかく、男性は大体共通した服装や髪型とをしていたものだ。それが今やあらゆる服装、髪形が受け入れられる国へと変貌した。もちろん、その多様さは女性の方がはるかに勝ってはいるが、近年では男性の方も選択肢が実にさまざまだ。どんな服装や髪形をしていたとしても、誰もそれを咎めない。良い国になったものだ。

私は昔からネクタイと云うものが嫌いで、よほどの必要性がなければ締めようと云う気にならない。ところが会社勤めの時には、どうしてもそれを要求される。厳しいところは髪型まで指示される。通常の会社勤めとして髭も長髪も許されない時代だった。私はこれに半ば反発する形で、ノーネクタイ、長髪、夏は下駄ばきで会社へと通った。ところが今は街を歩いていて、スーツ姿できちんとネクタイをし、髪を七三に分けたサラリーマンを見掛けることが少なくなった。

イスラムの国々へ行くと感じるが、信仰上の理由から服装や髪型に半強制的な教えの強い地域は、今でも自由に選択すると云うことを許さないような雰囲気がみられる。けれども考えてみれば、そういったことはどの国であっても近代まで行われていたことであって、例えば日本でも士・農・工・商によって服装や髪型は決まっていた。身分の高い人達は、それなりの流行を持っていたらしいが、女性の場合は未婚と既婚とで服装・髪型に違いを付けていた。つまり服装・髪型・化粧法を見れば、すぐに未婚であるか既婚であるかが誰にでも分かるような仕組みとなっていた。このような仕組みは、確かヨーロッパの一部地域でも行われていたようだが、考えようによっては便利で分かりやすい方法と云えなくもない。

デパートなどへ行って、どの人が店員さんか分からないより、その売り場特有の制服を着ていた方が声を掛けやすいのと同様だ。そう考えると、戦後・昭和の日本男性はサラリーマンであることを表示し、会社勤めであることに誇りを持っていたのかもしれなかった。今やどの男性がサラリーマンであるのか、服装や髪型からだけでは見分けられなくなっている。時には、男性なのか女性なのか、服装や髪型からだけでは判別できないケースさえもある。これは男性の服装や髪型がカラフルになったせいもあるが、一方では女性の服装や髪型が男性化してきたせいでもある。

一年中ジーンズしかはかない女性は、まるでイスラムの教えを忠実に守り続ける回教徒のように、素足を他人に見せないで生きていくことを誓わされてでもいるかのようだ。せっかく「均一の時代」から「選択の時代」に移行したと云うのに、その選択を事実上奪っているものは何なのだろう。

あらゆるファッションやオシャレが許されているとは云いながらも、どこかしら周囲を窺がいながらの選択のような気が私にはする。その結果として本当に自由なファッションやオシャレをしているのはごく一部で、多くの女性たちは「着せ替え人形」をするほどには自分のファッションやオシャレを楽しんで居るようには見えない。

男性たちにしても「ちょい悪オヤジ」等が流行ると急に砕けた服装になったりするが、本来が男性と女性のオシャレは違うはずで、日本人男性はその外貌からも極端な服装や髪型は似合わない。私は昔からシャツをズボンから外に出すことは好まず、今でも必ず中に入れる。それは古いと云われそうだが、古いとか新しいとかの問題ではなく、男性はその方が体型的に整って見える。特に日本人男性は肢が長くないので、ベルトが外に出ていないと余計に肢が短く見える。肩幅が極端に広ければ、ヒップが小さければ、それでも恰好がつくのだが、肩幅も狭く、ヒップも大きいとシャツを外に出すファッションはどう見ても釣り合いがとれない。流行だからと云ってしまえばそれまでだが、良い物は多いに取り入れるべきだが悪いものまで流行だから、時代だからと飛びつくのは感心しない。

このように書いてきて、私は大昔の会社勤めの時代を思い出していた。真夏には会社まで1時間以上も掛けてカランコロン下駄を鳴らしながら通ったこともあった。私は昔から晴天の日に長時間歩くのは苦にならない。独りで歩道を歩きながらさまざまな空想を巡らすのが好きであった。小学生の時からそうであった。下駄を履く機会さえも無くなってしまったが、そのうち海外の知らない街を下駄ばきで歩いてみたい。


最近の記事はこちら

自らが創り出す「未来」

占星学や推命学の研究者の中には“先天的な運命”を動かしがたいものとして、本人の“意志”とか“選択”とか“努力”などを認めないような判断の仕方をされている方が多い。私自身も占星学や推命学の研究者であるか…続きを読む

あまりにもお粗末な「ツタンカーメン」番組

こういう番組をどう捉えれば良いのだろう。制作サイドは日本の視聴者をあまりにも軽んじすぎているのではないだろうか。7月18日のTBS古代エジプト世紀の大発見プロジェクト「ツタンカーメンと伝説の王妃330…続きを読む

日進月歩で「後退していく」占いの世界

世の中、日進月歩で進んでいくものが多い中で、まるで“後退りしている”ような世界が「占いの世界」だといってもよい。どうして後退りなのか、ここ20年ほど「新たな研究」「新たな学説」「新たな占い」「新進気鋭…続きを読む

人は“さまよいながら”生きていく

人間社会は「勘違い」で成り立っている。例えば、私は“書きもの”などでは何でも明確に“ズバズバ書く”ので、現実にもさぞかし「即断即決の人」「迷いのない人」「怖い人」であるかのよう誤解されがちだ。とんでも…続きを読む

「パスワード」という魔物

私は元々が“IT型の人間”ではないので、日頃から“IT関連のもの”は苦手である。その中でも一番厄介なのが「パスワード」で、あらゆる場合にこの部分で躓いてしまう。何故、もう少し簡単に設定できないのか。憶…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.