今日の迷言・余言・禁言

多様性を認めない社会

アメリカで11歳の少女ベサニーさんが親友に「もうこれ以上耐えられない」との伝言を遺してピストル自殺した。学校で連日のように“イジメ”が続いていたのだ。彼女は周囲に黙っていたのではなく、その二日前にも校長にそれを相談していた。3歳の時、脳腫瘍を患い、その治療で顔の神経にまひが残り、笑うと表情がゆがむことが“イジメ”の対象となった。近年のアメリカでは日本と同じように“イジメ問題”が深刻化していた。かつて、世界でもっとも“寛容な国”でヒューマニティーにも富んでいると思われていたアメリカだが、ここ数年、経済格差や教育格差の増大によって、さまざまな対立構造が生まれている。その延長線上に、日本とはまた違った“イジメ問題”の深刻さがある。元々が“移民の国”であったはずのアメリカだが、今や大統領候補トランプ氏に代表されるように“白人優位社会”を取り戻そうとする人々も多くなった。雑多な人種・民族の“自由な国”だとみなされてきたアメリカだが、それが揺らぎつつあるのだ。この傾向はアメリカだけの問題ではない。イギリスがEUから離脱したのも、結局は“グローバリズム”を嫌う人たちが多いからだ。日本でも近年は“みんな一緒”でなければ許さないような風潮がそこかしこで見られる。特に幼稚園や小学校の“子供社会”でそれが著しい。それが“イジメ”を助長していることに、多くの人達は気付いていない。むしろ、それが“みんな仲良く”につながるものだと錯覚している。みんなと“違ったって良いんだよ”という風な教育の仕方をしないと、決して“イジメ”はなくならない。今後、在日外国人が増えていく社会が予想される中で、子供たちの意識を“みんな一緒に”から“違って良いんだよ”に変えないと、悪意なき“イジメ”が横行するだろう。


最近の記事はこちら

“占い界”における藤井聡太はどこに?

最近、プロスポーツの世界では次代を担う“若き天才”たちが続々と誕生している。ここで取り上げる将棋世界の藤井聡太君など、その典型だ。まだ14歳の中学生だが、既に昨年10月からプロ棋士四段に昇格した。そし…続きを読む

「EU」が揺れている

11人が立候補したフランスの大統領選で、予想されていた通り過半数を得たものがなく、改めて5月7日に「国民戦線」のルペン氏と、「前進!」のマクロン氏との間で“決選投票”が行われることが決まった。ルペン氏…続きを読む

北朝鮮にも“隠れキリシタン”がいた!

“隠れキリシタン”と言えば、江戸時代の長崎を思い浮かべる。現在でも、その子孫の方々が存在していて“隠れキリシタンの信仰”が維持されている。もう、日本では堂々と“キリスト教徒”を名乗って良いのに、子孫の…続きを読む

“究極の美”は、“マゾ体質”の証明

確かに、その人は美しい。とても50歳には見えない。「美のカリスマ」と呼ばれる。本人も「肌の美しい人を見ると、つい傍に行って話しかけてしまう」とおっしゃる。確かに“美”へのこだわりが強いようだ。君島十和…続きを読む

寄付によって財産を使い果たす

日本電産の創業者・永守重信氏は最近、あちこちの教育機関に寄付金を与えている。寄付金と言っても一千万とか二千万とかのけちな金額ではない。70億とか100億とかいうとてつもない金額である。彼は「日本電産」…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.