タロットの秘密

ここに示した4種類のタロットカードは、いずれも古代エジプト文明を、その図柄デザインの中に取り入れているカードです。 ただし、私の秘密のカード解釈は、一般に知られているものとはその多くが異なり、まったく独自の古代エジプト文明解釈に裏打ちされており、 エジプト系カードを用いながら、原初タロットカードの真実の姿を皆様にお伝えしようとするものです。

大アルカナ「20」=審判

JUDGEMENT(審判)

アンセント・タロット
アンセント・タロット
ネフェルタリー・タロット
ネフェルタリー・タロット
トート・タロット
トート・タロット
カラシマ・タロット
カラシマ・タロット
タロット解説
四枚のエジプト系カードの内、ネフェルタリー・タロットとカラシマ・タロットでは、文字通りミイラが描かれていて、その上部に「バー」と呼ぶ「霊魂」が旋回しているようです。また、アンセント・カードも含めて、ここに描かれているミイラとしての人物は「オシリス神」で、古代エジプトの神話・伝承に基づく「オシリスの復活」場面を描こうとしたもののようです。トート・タロットだけが違っていて「ハロエリス」と云う子供時代のホルスを半透明に描き、成人後の「ホルス神」を実像として小さく描いています。
オシリス神話において、エジプト原初の王とされるオシリスは、妻であったイシスの魔法によって「二度死んで三度生まれる」のですが、最後は肉体的蘇りは無理で、その結果として冥界王となり、初期王朝以降の王たちに「蘇りの力」を与えることとなったのです。
古代エジプト人たちが、死後の復活をどこの国の人々よりも確信していたのは、人間と云う生命体に対する捉え方が、他の古代文明とは明らかに違っていたからです。
まず彼らは、死後の肉体をミイラ化し、腐敗させることなく長期保存を可能としました。生前そのままの肉体が朽ち果てることなく存在し続ける、と云う事実を目撃していたのです。古代エジプトの死生観では、肉体が死亡するとその肉体から人頭鳥身の魂である「バー」が飛び立ち、或いは発光体である「アク」が浮遊すると考えました。けれども、やがて口開きの儀式によってミイラが完成すると、死後生命である「カー」が肉体に宿り始める、と規定したのです。
これによって、死後の肉体は「カー」が存在しているかどうかによって、死後生命として復活できるケースもあれば、二度と蘇れない身体となってしまうケースも出て来るものと考えたようです。その「カー」を表わす文字は「支える形の両腕」として表現されました。これは、捉えようによっては、神官によるミイラ身体の支え、或いは、幼児「ハロエリス」に対する成人「ホルス」神の支え、とも考えることができます。蘇るためには、何らかの支えが必要なのです。ただ、彫像などで表現されている「カー神像」などから考えると、死後生命としての「カー」は生前と全く同様で、心霊学上で云う「幽体」に近い存在なのかもしれません。
実占上において「審判」のカードは、再チャレンジ精神が旺盛な時に出現するカードで、何度挫折・失敗しても決して挫けず立ち上がっていく勇気を表わしたカードです。生命力は旺盛な時なので、誰かに支えられているようなら十分に実力を発揮できるでしょう。一度失われたものを見つけ出す点においても、優れた働きをしてくれそうです。日頃から、神仏に対する信仰心が強いほど、良い働きをしてくれるカードと云えるでしょう。

最近の記事はこちら

大アルカナ「20」=審判

四枚のエジプト系カードの内、ネフェルタリー・タロットとカラシマ・タロットでは、文字通りミイラが描かれていて、その上部に「バー」と呼ぶ「霊魂」が旋回しているようです。また、アンセント・カードも含めて、こ…続きを読む

大アルカナ「19」=太陽

古代エジプト文明の歴史において、太陽神の存在は、その原初から切り離すことのできない重要な位置を占めていました。元々が砂漠に隣接するエジプトの生活は、太陽を抜きにして語ることのできない地域だからです。エ…続きを読む

大アルカナ「18」=月

古代エジプト文明と云うと、どうしても太陽神主体で、月神は隅っこに追いやられてしまいがちな印象を受けます。けれども、月神が存在しなかったわけではないのです。ここに示した四枚のカードの内、カラシマ・タロッ…続きを読む

大アルカナ「17」=星

四枚のカードの内、三枚までが裸の女性が片立ち膝姿で川辺にいる姿で表現されています。もう一枚も洋服は身に着けているようですが、川辺であることは同一です。また、四枚のうち三枚までが二つの壺を操り、すべての…続きを読む

大アルカナ「16」=塔

エジプト系四枚のカードの内、カラシマ・タロットが「ピラミッド」を表わし、アンセント・カードはピラミッドとオベリスクの双方を描き、ネフェルタリー・カードはオベリスクのみを表わし、トート・カードはそのどち…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.