今日の迷言・余言・禁言

大ピラミッドに「未知の部屋」は存在していた!

日本・エジプト・カナダ・フランスの合同チーム「スキャンピラミッド」が、ギザにある大ピラミッド内の温度調査の結果から、ほぼ確実に「大ピラミッド(クフ王のピラミッド)」内に“未知なる部屋”、或いは“長い通路”が存在していることが確実になった、と報告しています。これまでにも仮説として種々提出されてきましたが、学術的にも裏付けられたのは初めてです。もしかすると、伝説のクフ王ミイラが眠る“運河に囲まれた部屋”というのが存在するかもしれません。


最近の記事はこちら

トランプ・ゲームはもう“終わった”か!

今年の1月20日って“何の日”だったか覚えていますか? そりゃもう覚えてなんかいませんよね。実はトランプさんの大統領就任式の日だったのですよ。でもね。もしかしたら、彼の“雄姿?”って、あの日が見納めだ…続きを読む

「血は水よりも濃い」という選択

自分の母親を自宅で介護する…よくありがちな光景で、特別、注目すべきことでもないのだが、それが女優・杉田かおるさんということになると…ホントなの? と念を押したくなる。それくらい昔の「杉田かおる」は問題…続きを読む

90代女性が300人働いている企業

私など“80代”でもすごいと思うのだが、その80代では2600人が働いているという。そして“90代”で300人が働く。しかも全員が女性達である。神谷知子執行役員によれば、その80代から90代の“仕事人…続きを読む

81歳「心中」“見せかけ殺人”なのか?

昨日まで入院していた81歳の女性が、退院と同時に“元夫の殺人容疑”で逮捕された。馬場妙子容疑者だった。けれども彼女は「心中しようとしたのだ」と言って殺人を否定している。今月16日午前4時ごろ、博多港か…続きを読む

「慰安婦はアイドル」の訪日韓国人たち

韓国にも良識のある人はいる。その一人は世宗大教授の朴裕河(パク・ユハ)氏だ。彼は『帝国の慰安婦』を出版、その内容が慰安婦の方々の名誉を傷つけるとして起訴されたが、今年1月無罪となった。その朴氏だが、こ…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.