今日の迷言・余言・禁言

大事な“女優”が抜けている「殺人事件」

8月24日にフジテレビ系で放映される「船越英一郎殺人事件」は、主演・船越英一郎氏の“芸能生活35周年記念”として彼自身が「船越英一郎」本人役で登場する興味深い設定だ。このドラマタイトルは確かに良い。ところが、その内容はというと、サスペンスドラマ撮影中にプロデューサーの遺体が発見され、船越氏がこれまでのサスペンスドラマでの経験を活かして解決に立ち向かうというもの。う~ん、何かが違うんだよなあ。まず、殺されるのは「船越英一郎」本人であるのが良い。それも抵抗することもなく身体中を滅多刺しにされていた。その方が誰だって、見てみようかな、という気になる。そして、それが「誰が殺したのかわからない」という設定にすれば、ますます見たくなる。そうして調査していくうちに、さまざまな“女性の存在”が浮上してくる。そうするとますますドラマとしては面白い。そして、どの女性とも「妻は面識があった」という設定が一番良い。もちろん、妻役は女優・松居一代氏に決まっている。こういう設定だったなら、素晴らしい視聴率になるだろう。私が思うに、船越英一郎氏も、松居一代氏も、俳優として“素晴らしい演技”を見せるに違いない。そうして、最終的には船越氏がいつも飲んでいた健康食品の中に、巧妙に“覚せい剤”が包み込まれていて、迷宮入りになりそうな事件を、妻がその事実を“執念で発見していく”というストーリー。実質的には松居一代氏の方が主役かな。そうして犯人は、実際には関わりのあった女性たちではなく、ストーカーの熱狂的ファンの女性だった、というのはどうだろう。なに? いろいろと問題がありすぎるだろうって、ごもっとも。


最近の記事はこちら

親は「一番の理解者」となれるか

自分の子供が途中から“思いがけない方向”に向かい出してしまうことがある。そんな時、親は、どう捉え、どう受け止め、どう見守ることが正しいのか。その一つの回答を二人の“親”が証明している。その一人は片岡鶴…続きを読む

地下に豪華な「五つ星ホテル」が誕生

最近はちょっとやそっとの“変わり種ホテル”では人々は驚かなくなった。それでも地上から地下15階まで“降りていくホテル”というのは、かなり珍しい。“地下のホテル”というと、窓が無く景観が失われた暗いイメ…続きを読む

柔軟な交渉能力こそ「平和」を作る力

人は誰も“争い”の中で暮らしたいとは思わない。それなのに世界のどこかで常に戦闘がある。争いごとの多くは互いの“主張”と“利害”に基づく。双方の主張がぶつかり、利害が交錯するから争いごとに発展する。どこ…続きを読む

町が地図上から消える炎

既に25万人が“避難生活”を強いられている。竜巻でもなく、豪雨でもなく、地震でもなく、津波でもなく、火山噴火でもない。とにかく、もう44人が亡くなったことだけはハッキリとしている。そして6500棟の住…続きを読む

UFOと北朝鮮の漂流船

「判読不明の数字が書かれていた」「なぜ北海道沿岸で多数が目撃されるか解からない」「誰も乗っていないことが多い」「漂着した遺体からは国籍も性別も解からない」このようにニュースの一部だけ書くと、何となく“…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.