今日の迷言・余言・禁言

大事な“女優”が抜けている「殺人事件」

8月24日にフジテレビ系で放映される「船越英一郎殺人事件」は、主演・船越英一郎氏の“芸能生活35周年記念”として彼自身が「船越英一郎」本人役で登場する興味深い設定だ。このドラマタイトルは確かに良い。ところが、その内容はというと、サスペンスドラマ撮影中にプロデューサーの遺体が発見され、船越氏がこれまでのサスペンスドラマでの経験を活かして解決に立ち向かうというもの。う~ん、何かが違うんだよなあ。まず、殺されるのは「船越英一郎」本人であるのが良い。それも抵抗することもなく身体中を滅多刺しにされていた。その方が誰だって、見てみようかな、という気になる。そして、それが「誰が殺したのかわからない」という設定にすれば、ますます見たくなる。そうして調査していくうちに、さまざまな“女性の存在”が浮上してくる。そうするとますますドラマとしては面白い。そして、どの女性とも「妻は面識があった」という設定が一番良い。もちろん、妻役は女優・松居一代氏に決まっている。こういう設定だったなら、素晴らしい視聴率になるだろう。私が思うに、船越英一郎氏も、松居一代氏も、俳優として“素晴らしい演技”を見せるに違いない。そうして、最終的には船越氏がいつも飲んでいた健康食品の中に、巧妙に“覚せい剤”が包み込まれていて、迷宮入りになりそうな事件を、妻がその事実を“執念で発見していく”というストーリー。実質的には松居一代氏の方が主役かな。そうして犯人は、実際には関わりのあった女性たちではなく、ストーカーの熱狂的ファンの女性だった、というのはどうだろう。なに? いろいろと問題がありすぎるだろうって、ごもっとも。


最近の記事はこちら

新社名「大樹生命」は、“巨木”に生れ変れる⁉

古くからの会社が継続していることで知られる“生命保険”業界。会社そのものの業態についはよく知らなくても、その社名だけは“知っている”という企業が多い。そういう企業名の一つであった「三井生命」が、今年4…続きを読む

日本が「告発社会」に変わっていく“怖さ”

昨日から今日にかけて、二つの“小さな出来事”がニュースとなった。その両方を読みながら、最近の日本が徐々に北朝鮮と同じような「告発社会」に変わりつつあるような気がして怖くなった。小さな出来事の一つは29…続きを読む

誰でも“身の丈に合った生活”が心地好い

大昔のアイドルで現在は女優の大場久美子氏が18日にブログを更新し、現在のサラリーマンの夫との“質素な生活”が「とても心地よくリラックスできる」と綴っている。もう少しで“還暦”を迎える今になって気付いた…続きを読む

「宗教」が世界の「平和」を奪っていく

サウジアラビアの記者がトルコの大使館内で殺害された事件は記憶に新しいが、政権批判はどの時代や地域においても“暗殺”の対象となる。特に、それが“宗教批判”とも密接に関わっている場合、その危険性がより高く…続きを読む

「過去は幻」なぜ「今」を信じなかった⁉

誰にでも「過去」はある。時には“触れてはならない過去”もある。日本でも年末になると、普段は「宝くじ」を購入しない人が、不意に思いついて“宝くじ売り場”に並んだりする。この人も、そういう人の一人だった。…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.