今日の迷言・余言・禁言

大自然への祈りが「気象災害」を減らす?

このところ九州と北海道が「気象災害」の標的となるケースが多い。昨年、九州では“熊本地震”もあったが、火山の噴火も多かった。それが今年は福岡や大分の集中豪雨で台風以上の被害がもたらされている。地震も怖いが豪雨による土砂崩れや流木で家が飲み込まれるのも怖い。大地と天空に見守られるように人々は生きて来た。けれども、いったん、それらが“怒り出す”と、手に負えない“生き物”と化す。邪馬台国がどこにあったか定かではないが、九州説では、このところ災害が多発している地域の近くが有力とも言われる。今回の豪雨被害が大きかった地域は“卑弥呼の聖地”だという説もある。その一方で、北海道では何日か前、深夜に震度5の地震があった。ところがその数時間後の早朝、今度は九州の熊本で震度5の地震が発生した。興味深いのは、ここ三日間、北海道の帯広など広い範囲で急速に気温が上昇し、35度以上の“猛暑日”が続いていることだ。公式の気温は35.5度の帯広だが、駅前にある気温計では39度越えを達成している。熱中症による救急搬送者が全国で525人にも上っている。ただならぬ暑さなのだ。つまり、日本の北では猛暑の夏と化し、南の端では豪雨の夏と化す、正に“怒れる天空と大地”に挟まれてわれわれは生きている。太古の日本が、各地域の大自然に“神々を見た”のは当然であるのかもしれない。その神々の“怒り”を鎮めるために、われわれ日本人は八百万の神々を祀ってきた。山を“神”とし、樹を“神”とすることも多かった。今回の“無数の流木”は、そのまま“神々の遺体”なのかもしれないのだ。実際、樹齢何百年という樹に、じっと掌を押し当ててみると解かるが、明らかに樹木からの強い脈動が感じられる。生きていることを実感するものだ。古代の人々のように、“天空への祈り”や“大地への祈り”が、神々に見守られる日本を呼び戻すためには必要なのかもしれない。


最近の記事はこちら

「アップルウォッチ」が“殺人”を暴くか⁉

トルコ政府に近い地元紙「サババ」は13日、イスタンブールのサウジアラビア総領事館を10月2日に訪問して後、行方不明となっているサウジ人の新聞記者カショギ氏が、サウジアラビアから来た“暗殺集団”に激しく…続きを読む

なぜか『ムー』だけが残った

10月12日から都内で秘かに開催されているのが「創刊40周年・ムー展」である。1979年10月の創刊から正確に言うと来年で40周年になる。まあ1年前倒しでの“40周年記念イベント”らしい。創刊当時から…続きを読む

「中高生アイドル」の問題点

今年3月に自殺した松山市を拠点とする“農業アイドル”「愛の葉ガールズ」の大本萌景(ほのか)さん・享年16歳のご遺族が、娘が自殺したのは所属事務所社長のパワハラが原因として9200万円の訴訟を起こした。…続きを読む

「別件」が気になる「ミイラ取り捜査官」

時々、ニュースそのものよりも、その“関連事項”の方に惹きつけられることがある。札幌駅付近で10月10日に逮捕された成田順容疑者の「覚せい剤事件」もそうだ。実は彼は2008年4月から、ずっと“薬物捜査”…続きを読む

「福」をもたらすドロドロ鬼神

10月8日9日に沖縄の宮古島に行くと、あなたにもきっと「福」が授けられる。但し、少々汚くなるし、泥臭くもなるけど、その辺は我慢しなければならない。この島では毎年、国の重要無形民俗文化財にもなっている「…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.