今日の迷言・余言・禁言

大谷・清宮…天才にも「運命」は平等

私が「占い」を好きなのは、“神のごとき平等さ”を持っているからだ。世の中には“好き嫌い”や“倫理観”から、不平等な扱いを行う輩がごまんといる。けれども、こと「運命の神」に関しては、どのような人物に対しても平等に“光の運気”と“闇の運気”を体験させる。決して“幸運だけの人生”はないし、“不運だけの人生”もない。ただ、それらが“どの部分”で発揮されるか、また“いつ訪れるか”の違いだけなのだ。それを見事に証明しているのが、現在の大谷翔平選手と清宮幸太郎選手の“現状”である。二人とも「天才型の野球選手」だが、それでもやっぱり本来の力を発揮できない“闇の運気”は訪れて来る。そして、この“闇の運気”にどう対応するかによって、その後の人生が大きく変わっていく。焦り過ぎたり、自棄になったりすると、転落が始まることもある。焦らず、騒がず、問題点を整理し、本来の形を取り戻し、忍耐強く“時”を待ちながら、将来に備えることが出来れば、どんなに苦しい“闇の運気”も乗り切って、再び輝ける“光の運気”を迎えることが出来る。これは、どんな人にも言えることなのだ。はからずも、今年は見事にそれを証明している。二人が、今年活躍できるとすれば“夏場以降”だろう。二人とも「天才型」なので、場所や形式が変わろうと“驚異的活躍”を見せるのが本来の姿なのだ。ところが“方位作用”も加わって、凶意が表れている場合、それを脱出するのには時間を要する。方位の凶作用は9カ月くらい継続する。一般の方でも3月4月は、転任、異動、進学、就職の季節だが、大きく動いた場合、その後、間もなく病気・怪我・事故・トラブルに見舞われたなら、方位的な凶意や作用に巻き込まれている場合も多い。そういう時に無理に打開しようと動き過ぎると、ますます“闇の中”へと引き摺りこまれていく。とりあえず、嵐が過ぎ去るまで、じっとしていることも、時には必要なのだ。焦りさえしなければ、必ず“光の運気”はやって来て、その人に見合った活躍やステージが与えられるものだから…。


最近の記事はこちら

「国産ウナギ」が“輸入物”に負ける?

今年は“暑い”らしい。他人事のようなことを言うのは、北海道に暮らしているからだが、それでもやっぱり真夏は暑い。そこで多くの食卓には「うなぎ」が登場する。今週7月20日は「土用の丑の日」。ところが、実際…続きを読む

「歴史」は創るものではなく、出来上がるもの

「貿易戦争」という言葉が一般化してきた。昨日、中国では“世界フォーラム”が開かれたが、その中で楊潔氏は「中国は貿易戦争を望まないが、恐れもしない」という表現で、アメリカとの対決姿勢を前面に打ち出した。…続きを読む

セブン&ローソン「居酒屋」を兼ねる⁉

7月17日から「セブン―イレブン」では店頭で“生ビール”を発売するそうだ。レジ横にビアサーバーが設置され、Sサイズ100円、Mサイズ190円也の“生ビール”を販売するらしい。もちろん、会社帰りのサラリ…続きを読む

「命のロウソク」は売っていないのに…

東京江戸川区の住宅で13日の夜、練炭による“集団自殺”の可能性が高い5人の死体が発見された。おそらく、この家の持ち主が“自殺志願者”たちを道連れにして集団自殺を図ったと思われる。今のところ、男性一人、…続きを読む

美穂は「黄金期」を再来できるか

丁度、80年代から90年代にかけて日本の“バブル期”と重なっていたのがフジテレビの“黄金期”だった。そのフジテレビが“復活”を目指すべく“白羽の矢”をたてたのが女優・中山美穂氏である。確かに、89年「…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.