今日の迷言・余言・禁言

大雪がもたらす「冷凍缶詰」の危機

昨日夜、新潟に向かう電車が途中で停電し、3時間ほど動かなくなったらしい。大雪で送電システムに故障が生じたのだ。もちろん、暖房や照明もストップしたらしいが、幸い乗客に体調を崩した方は出なかったらしい。もし、このような事態が北海道の真夜中に起こっていたなら、大変な事態になる可能性がある。昨夜など氷点下29度まで下がった地域があるからだ。3時間もストップしていたら、その車両全体が「冷凍人間缶詰」として固まってしまう。ましてや今日・明日と大学のセンター試験が全国一斉に行われる。受験生に「すべる」は禁句だが、大雪に寒波は間違いなく“滑りやすい路面”を作り出す。「固まる」とか「すべる」とか、どうも“縁起が良くない”ではないか。それにしても大雪というのは北国・北海道よりも、北陸や関東甲信越の方が2メートルを超す地域さえあり、はるかに上回っている。住宅メーカーは、屋根の雪を“瞬時に溶かしてしまう”装置のようなものを開発できないものであろうか。毎年、屋根の“雪下ろし”で亡くなる人が出るたび、それを思う。IT技術は、あまり日常に関わらないようなものに関しては“目覚ましい進化”を遂げているが、肝心の暮らしに直結するような部門に関しては、中々発明・発見や技術改良などがおこなわれない。JR電車の“大雪停電”によるストップなど、今回は直接的な被害が出なかったから良いようなもの、早急に“対応策”を考えなければ、冗談ではなく「冷凍缶詰」の車両が生まれて来るだろう。


最近の記事はこちら

「行方不明届け」は「殺しの暗号」か

BSのTV番組欄には“推理ドラマ”の再放送が多い。それだけ“推理ドラマ”は時代が多少ずれても楽しめるからだろうか。推理ドラマは楽しければそれで良いのだが、現実の“殺人事件”は決して楽しいものではない。…続きを読む

まじめな“親子”は一緒に“穴掘り”

周辺の人達や仕事関係者たちから一様に「まじめで親切」と評価されていた“親子”が殺人遺棄をした。おそらく息子が妻を殺して母親に打ち明け、母親がそれを隠そうとして自宅の庭に、二人で“死体を入れるための穴”…続きを読む

「カジノ」を“悪魔”という前に…

日本人の中には「カジノ」を“悪魔”呼ばわりする人たちがいる。ところが、そういう人たちでも「宝くじ」には何故か寛容で“夢を買う”などと言って、購入したりする。そこで、こういう話はどうだろう。中国では、基…続きを読む

共感できても支持できない表現

近年はすぐ誰がどう発言したかが拡散する。特に芸能人、政治家、文化人などの場合がそうである。ある意味で、それは“有名度”を測るバロメーター的な部分もある。そういう意味で影響力の強いホリエモンこと堀江貴文…続きを読む

「国産ウナギ」が“輸入物”に負ける?

今年は“暑い”らしい。他人事のようなことを言うのは、北海道に暮らしているからだが、それでもやっぱり真夏は暑い。そこで多くの食卓には「うなぎ」が登場する。今週7月20日は「土用の丑の日」。ところが、実際…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.