今日の迷言・余言・禁言

大雪がもたらす「冷凍缶詰」の危機

昨日夜、新潟に向かう電車が途中で停電し、3時間ほど動かなくなったらしい。大雪で送電システムに故障が生じたのだ。もちろん、暖房や照明もストップしたらしいが、幸い乗客に体調を崩した方は出なかったらしい。もし、このような事態が北海道の真夜中に起こっていたなら、大変な事態になる可能性がある。昨夜など氷点下29度まで下がった地域があるからだ。3時間もストップしていたら、その車両全体が「冷凍人間缶詰」として固まってしまう。ましてや今日・明日と大学のセンター試験が全国一斉に行われる。受験生に「すべる」は禁句だが、大雪に寒波は間違いなく“滑りやすい路面”を作り出す。「固まる」とか「すべる」とか、どうも“縁起が良くない”ではないか。それにしても大雪というのは北国・北海道よりも、北陸や関東甲信越の方が2メートルを超す地域さえあり、はるかに上回っている。住宅メーカーは、屋根の雪を“瞬時に溶かしてしまう”装置のようなものを開発できないものであろうか。毎年、屋根の“雪下ろし”で亡くなる人が出るたび、それを思う。IT技術は、あまり日常に関わらないようなものに関しては“目覚ましい進化”を遂げているが、肝心の暮らしに直結するような部門に関しては、中々発明・発見や技術改良などがおこなわれない。JR電車の“大雪停電”によるストップなど、今回は直接的な被害が出なかったから良いようなもの、早急に“対応策”を考えなければ、冗談ではなく「冷凍缶詰」の車両が生まれて来るだろう。


最近の記事はこちら

お遊びの「宝探し」を“神”は許さない

「宝探し」という言葉から、あなたは何を思い出すだろうか。海に沈んだ“財宝”、山奥に隠された“金塊”、埋葬された遺体と“黄金”、密林の向こうの“黄金遺跡”…いくつかのパターンやシーンが頭に浮かぶ。そうい…続きを読む

「ご要望がある限り…」という“名言”

「グラビアアイドル」という名称は、いったい誰が付けたのだろう。誰なのかはわからないが、よくよく考えると“奇妙な名称”である。だが、何となくは理解できる。そして実際に、そういう形で多くの女性達が“仕事”…続きを読む

「聖なる殺人もする」思想教育の恐ろしさ

最近、日本ではあまり「IS(イスラム国)」のことがニュースで取り上げられなくなった。けれども、刻々と情勢は変化し、5月28日早朝のロシア爆撃機スホイ34、戦闘機スホイ35の空襲で「IS(イスラム国)」…続きを読む

「神様」と「運命」

時々「神様」や「運命」は平等だろうか…と考える。正直、どちらも平等だとは思わない。私は大昔、ラジオの深夜放送をよく聴いていて、時々その番組のパーソナリティー宛に、ちょっとした詩やエッセイや物語の混ぜこ…続きを読む

「地球は生きてるんだ!」と、噴火は続く

今年4月、またまた「西之島」が再噴火した。2013年11月に噴火を始めて、2015年11月にいったん沈静化、これで収まるのかと思いきや、2017年4月に再噴火、現在も噴火継続中であり、島は少しづつ大き…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.