今日の迷言・余言・禁言

天使の女性が「ゴミ箱奥の命」を救った

「運命」というのは、どこでどう働くか誰にもわからない。その日、たまたまゴミ収集車の到着が遅れた。もしも、いつも通りの時刻に来ていれば、ゴミ箱の中身はすべて一括して収集車に回収され、押しつぶされて“その命”も果てた。ところが、その日は定刻よりも遅れた。丁度その時間帯に、天使の女性は野良猫たちにエサを与えていた。けれども、その女性の行為は、必ずしも周辺住民からは歓迎されていなかった。「天使の女性」ではなく「物好きな女性」或いは「おせっかいな女性」とみられていたのだ。その日に限って、一匹の猫だけがゴミ箱の周辺に居た。だから、その近くまで女性もやってきた。そしてゴミ箱の中から“鳴き声”がしていることに気付いたのだ。ゴミ箱(ゴミ捨て場)と言っても、日本のように“簡易の金具箱”ではない。ギリシャ南部のカラマタ市のそれは石造りのガッチリとした円筒形であり、底まで3mはある。円形の丸い蓋がついていて、それを開けてゴミを投げ入れる方式だ。したがって、鳴き声はしても、外からは見えない。最初は動物の鳴き声かと思ったが、やがて人間の赤ん坊の“泣き声”だと女性は直感した。慌てて警察に通報し、ゴミ箱の蓋を開いて中を覗いた。それらしきものは見えない。けれども“泣き声”は乳児のものだった。付近を歩いていた人達にも声をかけ、救い出そうとした。何人か寄って来たが、中を覗いても何も見えない。“声”はするが、どこか動物のようでもある。「ネコなんじゃないの」とスタスタ歩きだす人もいた。誰も真剣に救い出そうとしない。やがて、警察から救急隊が着て、紙袋に入っていた赤ん坊を救い出してくれた。こうして“棄てられた命”は救い出されたのだ。もし、ゴミ収集車が定刻通り到着していたなら、ゴミ全部を引き上げ中に放り込み押しつぶすので、間違いなく死んでいた。また「天使の女性」がいなければ、その泣き声は誰にも気付かれなかった。そして野良猫が一匹だけゴミ箱の方へ行かなければ、その女性も傍まで行かなかった。「神」はいるのか、いないのか、誰にも答えられない。


最近の記事はこちら

「金持国」が「貧乏国」に“変わる”可能性⁉

アラビアの多くの国は現在「金持国」である。それはなぜかと言えば、いうまでもなく“石油が出る”からだ。昔、貧しかった国の多くは“石油”が出たことで「金持国」に変わったのだ。大昔から“お金持ち”だったわけ…続きを読む

「四川省の森林火災」が予告するもの

私が年初からもっとも“不安視”していたものが、徐々に具体化しつつある。年初から、何をもっとも“怖れ”ていたかと言えば「防ぎようのない自然災害」だった。私は年初にオーストラリアで森林火災が猛威を振るって…続きを読む

小さな「疑い」と「救済」が増える⁉

世の中が“暗い世相”に変わっていくと、ニュースとして扱われる社会的な事件にも、世相を反映し、ちょっとした“暗い出来事”が多くなってくる。例えば昨日、北海道では次のような“二つの事件”があった。その一つ…続きを読む

「東洋の神秘」が崩れ去る時

私は時々“東洋人”と“西洋人”には、“男”と“女”の違いにも似た“違い”を感じることがある。この人の場合など、その“違い”がプラスに働いた典型なのだ。その名は「こんまり」こと近藤麻理恵氏のことである。…続きを読む

「ペスト・感染症」が歴史を塗り替えて来た

厳密に言えば「新型コロナ」と「ペスト」は同一ではないが、運命学的な見地で言えば“同類感染症”である。そこで、現在のような状況に陥った時、もっとも重視すべきは「ペストの歴史」なのだ。ペストというのは“ネ…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.