今日の迷言・余言・禁言

天使の女性が「ゴミ箱奥の命」を救った

「運命」というのは、どこでどう働くか誰にもわからない。その日、たまたまゴミ収集車の到着が遅れた。もしも、いつも通りの時刻に来ていれば、ゴミ箱の中身はすべて一括して収集車に回収され、押しつぶされて“その命”も果てた。ところが、その日は定刻よりも遅れた。丁度その時間帯に、天使の女性は野良猫たちにエサを与えていた。けれども、その女性の行為は、必ずしも周辺住民からは歓迎されていなかった。「天使の女性」ではなく「物好きな女性」或いは「おせっかいな女性」とみられていたのだ。その日に限って、一匹の猫だけがゴミ箱の周辺に居た。だから、その近くまで女性もやってきた。そしてゴミ箱の中から“鳴き声”がしていることに気付いたのだ。ゴミ箱(ゴミ捨て場)と言っても、日本のように“簡易の金具箱”ではない。ギリシャ南部のカラマタ市のそれは石造りのガッチリとした円筒形であり、底まで3mはある。円形の丸い蓋がついていて、それを開けてゴミを投げ入れる方式だ。したがって、鳴き声はしても、外からは見えない。最初は動物の鳴き声かと思ったが、やがて人間の赤ん坊の“泣き声”だと女性は直感した。慌てて警察に通報し、ゴミ箱の蓋を開いて中を覗いた。それらしきものは見えない。けれども“泣き声”は乳児のものだった。付近を歩いていた人達にも声をかけ、救い出そうとした。何人か寄って来たが、中を覗いても何も見えない。“声”はするが、どこか動物のようでもある。「ネコなんじゃないの」とスタスタ歩きだす人もいた。誰も真剣に救い出そうとしない。やがて、警察から救急隊が着て、紙袋に入っていた赤ん坊を救い出してくれた。こうして“棄てられた命”は救い出されたのだ。もし、ゴミ収集車が定刻通り到着していたなら、ゴミ全部を引き上げ中に放り込み押しつぶすので、間違いなく死んでいた。また「天使の女性」がいなければ、その泣き声は誰にも気付かれなかった。そして野良猫が一匹だけゴミ箱の方へ行かなければ、その女性も傍まで行かなかった。「神」はいるのか、いないのか、誰にも答えられない。


最近の記事はこちら

「恋」は「世間に謝罪」すべきものなのか

文春報道で俳優の東出昌大氏と女優の杏氏とが別居していることが明らかになった。そして同時に、東出氏が共演女優・唐田えりか氏と“不倫”したことがその決定的原因であるとも報道された。それらの報道を受けて、不…続きを読む

中国の「春節」は「日本」が1位

それが何であっても、1位に選ばれるのは気持ちが良い。ましてや“おめでたいこと”ならなおさらである。このほど中国の旅行予約サイトで、興味深いランキングが発表された。今年の春節期間中、どこに出掛けるか、そ…続きを読む

「日本刀」で、妻と弁護士の魂を分つ⁉

アメリカ人には時々、ユニークな行動を真顔でとる人がいる。カンザス州に暮らすデビット・オストロム氏もそういう一人だ。彼は今、妻から“離婚訴訟”を起こされ、その内容にひどく憤慨していた。そこで彼は真摯に裁…続きを読む

1日16時間で「歌う弁護士」になる⁉

或る雑誌に、12歳から芸能活動を始め、17歳で歌手になってTV番組エンディングでも使われ、その後大学に入って大学院まで出て外資系製薬会社で働き、33歳から別な大学で法律を学び、5年後に司法試験を突破し…続きを読む

「チーム風土」なのか「小松美羽」なのか

現代の芸術・芸能の世界は、その舞台を“片田舎”から…あっという間に“世界”に変える。けれども、そこには“影の仕掛人”が存在しているケースも多い。今や日本を飛び出し、そういう形で世界に羽ばたきつつある人…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.