今日の迷言・余言・禁言

天気予報士は“楽”で良いなあ…の巻

私のように北海道で暮らしていると、この時期はいつも寒く、雪が降り積もるので、多少それが続いたとしてもそれほど大事のようには感じない。けれども、元々が雪の少ない地域とか、あまり気温が低くならない地域で暮らしている方たちにとって“真冬の大雪”や“大寒波”というのは生活に支障が出やすいものなのに違いない。そういう点で気になるのは、今後1週間ほど日本の上空に“寒気が居座る”という予報である。それに伴う“大雪”や“大寒波”が心配されている。確かに、それは数日前から“予報”されている。けれども、去年の年末や今年の年初めに、それを予報した「天気予報士」の方はいたのであろうか。私は、年末に“来年は穏やかで平年より暖かな正月になる”と聴いた。年始の長期予報でも“今年は例年よりも暖かな冬が過ごせそうです”と聴いた。つまり、天気予報士は、誰も“大雪が降る”とか、“大寒波になる”とか予報していない。まだ年始から十日しか経っていないのだ。一体、天気予報士って何なの? 今日の天気なら、空を見れば何となくわかるし、明日の天気なら、漁師さんに訊けば直ぐ答えてくれる。つまり、今日・明日の天気など、何百人もの天気予報士の方達が“ねじり鉢巻き”で考えなくても、勘の良い人なら判ってしまうたぐいなのだ。そうだとすれば、本当は“数日後の天気”、或いは“十日後の天気”、さらには“一月後の天気”を的確に教えてくれる“予報士”として、国家資格を持っているのではないのか…と言いたいところだが、残念ながら、その点に関しては実に“頼りない”のが実情である。まあ簡単にいうと“当てられる”自信はないというのが天気予報士の本音なのだ。そこへいくと私など一年前に「暦」の原稿を書いている。そして、その中で2017年の予測として「冬場の大雪や猛吹雪で“身動きが取れなくなる形”が出ている」と警告しているのだ。


最近の記事はこちら

日本が「告発社会」に変わっていく“怖さ”

昨日から今日にかけて、二つの“小さな出来事”がニュースとなった。その両方を読みながら、最近の日本が徐々に北朝鮮と同じような「告発社会」に変わりつつあるような気がして怖くなった。小さな出来事の一つは29…続きを読む

誰でも“身の丈に合った生活”が心地好い

大昔のアイドルで現在は女優の大場久美子氏が18日にブログを更新し、現在のサラリーマンの夫との“質素な生活”が「とても心地よくリラックスできる」と綴っている。もう少しで“還暦”を迎える今になって気付いた…続きを読む

「宗教」が世界の「平和」を奪っていく

サウジアラビアの記者がトルコの大使館内で殺害された事件は記憶に新しいが、政権批判はどの時代や地域においても“暗殺”の対象となる。特に、それが“宗教批判”とも密接に関わっている場合、その危険性がより高く…続きを読む

「過去は幻」なぜ「今」を信じなかった⁉

誰にでも「過去」はある。時には“触れてはならない過去”もある。日本でも年末になると、普段は「宝くじ」を購入しない人が、不意に思いついて“宝くじ売り場”に並んだりする。この人も、そういう人の一人だった。…続きを読む

「貿易戦争」が「仮想通貨」を上昇させる⁉

アメリカから第4弾の“制裁関税”が通告された14日から、中国の外務省はそれまでの「貿易摩擦」という表現をやめ「貿易戦争」という表現に切り替えた。このタイミングに合わせるかのように一気に暴騰したものがあ…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.