今日の迷言・余言・禁言

天皇家に生まれなくて良かった!

6月2日[退位特別法案]が衆院を通過した。天皇陛下が実際には十年も前から切望していた「譲位」が、これでやっと形になりそうである。本当は「生前退位」ではなく「譲位」なのだが、とにかく十年も前から「譲る形」を取りたかった天皇陛下としては、これでやっと責務が果たせたと思っていることだろう。「譲位」という形を取ることで、今後も天皇家は存続できる。万一、高齢のまま「天皇」を継続し、認知症的な状態のまま“各種書類にサイン”させられ、万が一、皇室が存続できなくなったら「譲位」を求めなかった自分の過失責任になる。早めに「天皇」を変えていくことで、古代から伝わる各種神事も正しく継承していくことが出来る。“象徴天皇”として国内や海外をくまなく巡ることもできる。高齢になってから、毎日のスケジュールをこなすのは体力的にも限界なのだ。天皇を囲む懇談会のような席で「譲位」の意向を何度言ってもらちが明かないから、昨年、国民に向けての“TV放映”という形で訴えた。実際、天皇家に生れることは、その出生の時点で“逃れられない十字架”を背負うことで、好き勝手な人生を歩むことは出来ない。「憲法で縛られた人生」となるのだ。私は幼い3~4歳の頃「天皇陛下になりたい」とバカなことを言って周囲を戸惑わせたらしい。今では天皇家に生まれなくて良かったと心底思うが、何より天皇と同じ82歳まで仕事をし続けるなんて“ご勘弁を…”という心境である。まあ、あと十年余りは仕事が出来るかもしれないが、それから先までも働いていかなければならないのは、ちょっと辛い。第一、頭脳も体力も気力もへなへなになっている。今でさえ、やっとなのだから…そうだ、誰かに「波木星龍」を譲ろう、誰か10億円くらいで買ってくれないだろうか…何?、10円でも買わない。そうか、その判断は正しい。


最近の記事はこちら

「聖なる殺人もする」思想教育の恐ろしさ

最近、日本ではあまり「IS(イスラム国)」のことがニュースで取り上げられなくなった。けれども、刻々と情勢は変化し、5月28日早朝のロシア爆撃機スホイ34、戦闘機スホイ35の空襲で「IS(イスラム国)」…続きを読む

「神様」と「運命」

時々「神様」や「運命」は平等だろうか…と考える。正直、どちらも平等だとは思わない。私は大昔、ラジオの深夜放送をよく聴いていて、時々その番組のパーソナリティー宛に、ちょっとした詩やエッセイや物語の混ぜこ…続きを読む

「地球は生きてるんだ!」と、噴火は続く

今年4月、またまた「西之島」が再噴火した。2013年11月に噴火を始めて、2015年11月にいったん沈静化、これで収まるのかと思いきや、2017年4月に再噴火、現在も噴火継続中であり、島は少しづつ大き…続きを読む

「宝石」には“念”が宿っている

大昔、王侯貴族は好んで宝石を身に付けた。その典型がツタンカーメン像だ。彼らは、もちろん、宝石に光り輝く財宝としての価値を見出していたからだが、それだけで常に身に付けていたわけではない。古代において、宝…続きを読む

子供たちが“女性となった”「父」を祝福する?

世の中、最近、面倒になってきている。「父の日」は、性転換して女性となった父親にも“その権利?”があるらしい。海外の話題だが、性転換して女性となった父親が、二人の娘たちから「父の日」を祝福されている写真…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.