今日の迷言・余言・禁言

天皇家に産まれなくて良かった!

80代になっても「公務」という仕事を続けている天皇・皇后のお二人には頭が下がりますが、なぜ死ぬまで働かせるのか、ちょっと残酷な気もします。フィリピンは暑い国です。常にスーツを着用し、種々の儀礼に参列し、起立して対応し、民衆には笑顔を振りむかねばならない仕事は、ご高齢には大変な激務と思われます。私は幼い頃、とても貧しい家に産まれたので、天皇家に産まれた皇太子をうらやましいと思ったりしたものですが、今では逆に、貧しい家だったから、こうして自由な“生き方”や“生活”が出来たこと、周囲に気を遣うこともなく、好きなことを言い、好きなことを行い、好きなことろへ出かけ、好きなものを食べ、疲れたら休み…こんな自由でわがままな生活が出来るのも、貧しい家庭に生まれたからと感謝するようになりました。両親が早くに亡くなったこと、初婚で居た娘が母親の方で育ったこと、今の妻との間に子供がいないこと…結局すべて「自由」を獲得するため与えられた世界かもしれないのです。世の中は考えよう一つ、客観的には哀しい出来事も“幸せ気分”に変えることが出来るのです。


最近の記事はこちら

親は「一番の理解者」となれるか

自分の子供が途中から“思いがけない方向”に向かい出してしまうことがある。そんな時、親は、どう捉え、どう受け止め、どう見守ることが正しいのか。その一つの回答を二人の“親”が証明している。その一人は片岡鶴…続きを読む

地下に豪華な「五つ星ホテル」が誕生

最近はちょっとやそっとの“変わり種ホテル”では人々は驚かなくなった。それでも地上から地下15階まで“降りていくホテル”というのは、かなり珍しい。“地下のホテル”というと、窓が無く景観が失われた暗いイメ…続きを読む

柔軟な交渉能力こそ「平和」を作る力

人は誰も“争い”の中で暮らしたいとは思わない。それなのに世界のどこかで常に戦闘がある。争いごとの多くは互いの“主張”と“利害”に基づく。双方の主張がぶつかり、利害が交錯するから争いごとに発展する。どこ…続きを読む

町が地図上から消える炎

既に25万人が“避難生活”を強いられている。竜巻でもなく、豪雨でもなく、地震でもなく、津波でもなく、火山噴火でもない。とにかく、もう44人が亡くなったことだけはハッキリとしている。そして6500棟の住…続きを読む

UFOと北朝鮮の漂流船

「判読不明の数字が書かれていた」「なぜ北海道沿岸で多数が目撃されるか解からない」「誰も乗っていないことが多い」「漂着した遺体からは国籍も性別も解からない」このようにニュースの一部だけ書くと、何となく“…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.