今日の迷言・余言・禁言

奇跡は“二度”起こらない

時々“奇跡的生還”という言葉が使われる。実際、神秘としか言いようがないような“奇跡”によって、死を免れる人たちが稀に居る。彼カーク・ジョーンズ氏もそういう一人だった。彼は2003年、一つの「挑戦」として落差51mのナイヤガラの滝に飛び込んだのだ。それまで、生きて帰ったのは、救命胴衣だけの状態で流された7歳の少年唯一人だけであった。そんな危険な場所に自ら飛び込むのは“命知らず”の人物だけである。彼は、その「挑戦」に見事成功した。まったく、奇跡的な生還であった。その後も長く、そこは“死の滝壺”となって多数の犠牲者を出した。2009年、またしても或るカナダ人男性が飛び込んだ。誰もが「死」を覚悟したが、何故か、彼は生還した。彼は自殺するつもりだったのだ。2011年8月には日本女性も転落死している。さて、奇跡の生還者ジョーンズ氏だが、今年4月19日に、またしても“奇妙な挑戦”を行った。透明バルーンの中に入ってナイヤガラの滝に飛び込んでみようというのである。彼は53歳になっていた。その後どうなったか、判然としていなかった。つい先日、流れ着いた透明バルーンの近くで亡くなっているのがジョーンズ氏であったことが確認された。彼は、何故“奇跡は二度ある”と思ったのであろう。神は“一度だけの奇跡”を彼に与えた。なぜ彼は、それに満足できなかったのか。或いは、彼も今度は“自殺志願”だったのか。いや、それならば“透明バルーン”など用いない。彼は“透明バルーン”の中から笑顔で手を振る姿を、世界に公開したかったに違いない。2003年の奇跡を憶えている人たちは少なく、今なら“ユーチューブ”で世界に配信してもらえる。再び“奇跡の英雄”として輝かしい日々を送りたいと思ったに違いない。けれども、神の奇跡は、売り物ではない。二度と起こらないからこそ“奇跡”なのだ。


最近の記事はこちら

続々と発見される「未開封の墓と棺」

このところエジプトでは「墓」や「棺」の“発見”が続いている。それも古代エジプトの古王朝時代に埋葬地として有名だったサッカラの地から相次いで発見されている。9月なって発見された13基の棺は、なぜか積み重…続きを読む

早期の「画像公開」が“発見”に繋がった

千葉県習志野市で9月10日から“行方不明”になっていた中学3年生の少女が19日に無事発見・保護された。最近は“行方不明”となっても、早期に情報公開や画像公開した場合には、その多くが発見・保護されている…続きを読む

5億4000万円「金券ショップ」も加担している⁉

2014年~2016年のわずか2年間の間に5億4000万円分もの切手が「金券ショップ」で換金されていたことが明らかとなった。それも換金したのは、東京の芝郵便局と神田郵便局の当時“課長”と“課長代理”と…続きを読む

作る「銅像」間違えている“お粗末”芸術家

有名人が、その生れ故郷に彫像や銅像を建てられることは珍しくない。そのほとんどは、その街の“誇り”として、記憶に遺したいから建てられる。ところが、たまにはまったく別の目的から、彫像や銅像を建てられること…続きを読む

「500年の寺院」と一体化したホテルが誕生

どのホテルに泊まるかによって、旅の想い出は大きく変わってくる。せっかく京都に泊まるなら、“京都らしいホテル”が良いに決まっている。そこで、おススメなのが9月28日から開業する三井ガーデンホテルだ。一見…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.