今日の迷言・余言・禁言

女の観察眼が暴く“財布の中身”

時々、雑誌が企画で行うアンケート調査には“見逃せない実態”が含まれている。最近『SPA』が20~50代の女性たち500人を対象として行った「お金が貯まらない男性が持っている財布の共通点」という調査が興味深い。つまり女性たちによる日頃の観察眼は、どういう財布を使っている男性が“お金から嫌われているか”本能的に見抜いているのだ。その調査によると、とびぬけて多かった回答は「レシートや領収書であふれている財布(97%)」と「カードを溜め込みすぎて財布がパンパン(86%)」で、つまり“余分なもので膨らみすぎた財布の男性”には金運がない、と見抜いているようなのだ。もう一つの共通点は「付録にありそうな安っぽい財布(57%)」や「マジックテープ式の財布(47%)」や「ぼろぼろの財布(43%)」など、“財布にお金をかけない男性”には金運がない、と感じているようだ。もう一つ、私が気になったのは「お札の向きや角度がバラバラ(54%)」という部分で、つまり日頃から財布を点検して、きちんと整理・整頓していない男性は“金運に乏しい”と見抜いているらしい。実は、他の自己申告による低収入男性たちのアンケート調査でも「ポイントカードで財布がパンパン」「クレジットカードを大量に所有している」とか「コンビニATMで5000円ずつ下している」「コンビニATMを月3回以上利用する」とかの回答が多いのだ。もう一つ、私が注目するのは「投資に興味はあるが、実は何もしていない」という男性が75%となっていることだ。これらの調査だけで決めつけることはできないが、男性たちの金運は、女性たちの観察眼と本能的な直感で語らずとも“お見通し”となっている可能性が強いということである。


最近の記事はこちら

『この占いがすごい!2018年版』は300頁以上のボリューム

私の本はそれでなくても“ぎゅうぎゅう詰めの本”が多く、一般書籍の文字量からすると多めに構成されている。もっとも編集レイアウトが上手く整理・工夫されているので、読みにくくはない。本来であれば、二冊に分け…続きを読む

もう漢字一文字の時代ではないのかも…

今年の漢字一文字は「北」となったそうだが、誰もが感じているように、いまひとつピンとこない。そのせいかどうか知らないが、さまざまな人達が自分にとっての今年を漢字一文字で公表している。昨日、離婚が正式合意…続きを読む

「ふれあい」で“地位”も“名誉”も失う時代

いつからだろうか。「ふれあい」が「セクハラ」という言葉に変わったのは…。もはや優しく抱きしめるとか、肩を抱き抱えるとか、そっと頭を撫でてあげるとか…そういう行為も、みんなみんな「セクハラ」にされて、職…続きを読む

「♪心ひとつで…」大寒気に襲われる日本

どっかで聞いた気もするけど、よく知らない言葉の一つ「ラニーニャ現象」。海流と大気の状態から、今後一年、日本全体が低温化する可能性がある現象がペルー沖で発生したらしい。まずい。寒いのは困る。それでなくて…続きを読む

自らの「終活」に入った明石家さんま氏

18日に放映されるNHKの音楽番組で、タレント明石家さんま氏が元妻で女優の大竹しのぶさんを“禁断ゲスト”に招き、二人でトークやデユエットを行ったという。別の局だが、最近、明石家氏は単独トーク番組で“真…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.