今日の迷言・余言・禁言

女の観察眼が暴く“財布の中身”

時々、雑誌が企画で行うアンケート調査には“見逃せない実態”が含まれている。最近『SPA』が20~50代の女性たち500人を対象として行った「お金が貯まらない男性が持っている財布の共通点」という調査が興味深い。つまり女性たちによる日頃の観察眼は、どういう財布を使っている男性が“お金から嫌われているか”本能的に見抜いているのだ。その調査によると、とびぬけて多かった回答は「レシートや領収書であふれている財布(97%)」と「カードを溜め込みすぎて財布がパンパン(86%)」で、つまり“余分なもので膨らみすぎた財布の男性”には金運がない、と見抜いているようなのだ。もう一つの共通点は「付録にありそうな安っぽい財布(57%)」や「マジックテープ式の財布(47%)」や「ぼろぼろの財布(43%)」など、“財布にお金をかけない男性”には金運がない、と感じているようだ。もう一つ、私が気になったのは「お札の向きや角度がバラバラ(54%)」という部分で、つまり日頃から財布を点検して、きちんと整理・整頓していない男性は“金運に乏しい”と見抜いているらしい。実は、他の自己申告による低収入男性たちのアンケート調査でも「ポイントカードで財布がパンパン」「クレジットカードを大量に所有している」とか「コンビニATMで5000円ずつ下している」「コンビニATMを月3回以上利用する」とかの回答が多いのだ。もう一つ、私が注目するのは「投資に興味はあるが、実は何もしていない」という男性が75%となっていることだ。これらの調査だけで決めつけることはできないが、男性たちの金運は、女性たちの観察眼と本能的な直感で語らずとも“お見通し”となっている可能性が強いということである。


最近の記事はこちら

「500年前の件」で謝罪し、絵文書も貸せ⁉

500年前、現在のメキシコは「アステカ王国」だった。それなのにスペイン人たちがやって来て、先住民たちに対して残虐な行為を働き、略奪をし、服従させた過去を持っている。だから「謝れ」と、現メキシコのアムロ…続きを読む

ホテルに残された「遺影」「骨壺」は忘れ物なのか

客足が戻りつつあるホテル業界だが、そのホテルマンが語ったという“忘れ物”についての記事が興味を引いた。ホテルの忘れ物で圧倒的に多いのが「スマホの充電器」「アクセサリー」「洋服」の三種であるらしい。確か…続きを読む

秋篠宮家の「姉・妹」は立て続けに結婚する⁉

私がここで前天皇ご夫妻が、やがてアメリカに居住するようになる秋篠宮眞子&小室圭ご夫妻の子供に逢いに行くようになる…ということを書いたのはいつだっただろう。もちろん、まだ前天皇ご夫妻が“天皇ご夫妻”だっ…続きを読む

学校とは「生きる理由」を見つける場所

現在、立命館大学の国際平和ミュージアムで10月28日迄「世界一貧しい元大統領から学ぶ本当の豊かさ」という企画展示が行われている。2012年の国連におけるスピーチで一躍有名となったウルグアイのホセ・ムヒ…続きを読む

「赤い糸」が「一軒家を無償で借りられる権利」に発展

あなたは「赤い糸プロジェクト」をご存じだろうか。もちろん知らないだろう。大阪市鶴見区のNPO法人「みらくる」が取り組んでいるコロナ困窮者のための“支援プロジェクト”だ。今年9月に立ち上げられたばかりな…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.