今日の迷言・余言・禁言

“妖しい人物”の“妖しい通貨”

女性で“妖しい”と表現したくなる人物は時々いるが、男性で“妖しい”と表現したくなる人物はそうそう居ない。けれども、この人物には“妖しい”という表現が良く似合う。それが歌手・俳優のGACKT氏だ。その彼が、突然、本名を公表した。「大城ガクト」というのが本名だそうだ。まあ、しかし「大城」という苗字は既に何かで知っていたような…。彼は本名の公表と同時に、“仮想通貨事業”に乗り出すことをも併せて発表した。「事業?」という部分が何となく引っ掛かる。どういうことなのだろう。実は、彼の言う仮想通貨は「ビットコイン」等ではない。どうやら新たな通貨(?)らしく「SPINDLE」という“投資通貨”らしい。その出来立てらしい事業開設コラムによると、要約すれば“透明性”と“公平性”が最大の“ウリ”の投資通貨のようである。まあ、一言で言うと“妖しい通貨”ということである。大体、“仮想通貨”や“投資通貨”と言いながら、その一方で「透明性」とか「公平性」とか謳うこと自体が不可思議である。本来、投資というものに透明性や公平性はない。それがあるのであれば、そもそも“投資”になどならない。どうなるのかわからないから“投資”なのだ。ところが、日本人で投資に興味を抱く人の中には、この“根本的な部分”を理解していない人が多い。つまり“投資”に確実性を求めるのだ。それは“占い”に100%の的中率を求めるのと同じで、無意味なことなのである。或る程度の“見込み”や“見通し”は建てられても、絶対性など求めてはいけないのが“投資”なのだ。それと同じで“透明性”や“公平性”など、強調すること自体が“妖しい”証拠なのである。その妖しい事業を始めるにあたって本名を公表したのは、自らの「透明性」を示したかったからだろう。けれども、もし、本当にそう思うのであれば、彼はもっとプライベートなどオープンにすべきである。それが出来ないのに、本名だけ知らされて“金”を預けられるであろうか。まあ、彼自身に“投資したい”というファンなら別であろうが、それ以外の人達には“妖しい存在”でしかない。“妖しい通貨”の“妖しい広告塔”として、正月が似合う“一流芸能人”の今後が注目される。


最近の記事はこちら

「ガイロク」は“人生とは何か”を教えてくれる

人には誰でも「人生最大のピンチ」と言えるような時期がある。それを街角インタビューの中から“抜粋していく”のが、あまり目立たないTV番組「ガイロク(街録)」だ。近年は、普通の人達に街角でインタビューする…続きを読む

技術・研究者なら飛躍できる水星&土星《0度》の危険

誰でも疲れている時とか、あまりにも神経過敏となっている時に「幻影」を見るとか「幻聴」を聴くとかすることは稀にある。けれども、それが日常生活となったら、もはやそれは“病気”一歩手前か、本格的な“心霊現象…続きを読む

「007」が“黒人女優”に変わる時代

映画「007」シリーズと言えば、私が「男はつらいよ」と同じくらい十代の頃から好んで見た映画だ。それにしても長い、もう「寅さん」は終わったというのに「007」の方は主人公ジェームズボンド役をさまざまな男…続きを読む

なぜ今頃「人肉事件」の映画なのか

「おいしそうだったから食べたかった」という言葉はよく聞く。けれども、それが「人肉」に向けられたものだったとしたら、思わず絶句する。それが通常の感覚だろう。けれども、世の中には“そうではない人達”がいる…続きを読む

「新たなピラミッド」が発見されるか⁉

エジプトのダハシュールと言えば、ギザのピラミッドで有名なクフ王の父親スネフェル王による「赤いピラミッド」と「屈折ピラミッド」が建てられていることで有名である。そのダハシュールで新たに複数の棺やミイラが…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.