今日の迷言・余言・禁言

“妖しい人物”の“妖しい通貨”

女性で“妖しい”と表現したくなる人物は時々いるが、男性で“妖しい”と表現したくなる人物はそうそう居ない。けれども、この人物には“妖しい”という表現が良く似合う。それが歌手・俳優のGACKT氏だ。その彼が、突然、本名を公表した。「大城ガクト」というのが本名だそうだ。まあ、しかし「大城」という苗字は既に何かで知っていたような…。彼は本名の公表と同時に、“仮想通貨事業”に乗り出すことをも併せて発表した。「事業?」という部分が何となく引っ掛かる。どういうことなのだろう。実は、彼の言う仮想通貨は「ビットコイン」等ではない。どうやら新たな通貨(?)らしく「SPINDLE」という“投資通貨”らしい。その出来立てらしい事業開設コラムによると、要約すれば“透明性”と“公平性”が最大の“ウリ”の投資通貨のようである。まあ、一言で言うと“妖しい通貨”ということである。大体、“仮想通貨”や“投資通貨”と言いながら、その一方で「透明性」とか「公平性」とか謳うこと自体が不可思議である。本来、投資というものに透明性や公平性はない。それがあるのであれば、そもそも“投資”になどならない。どうなるのかわからないから“投資”なのだ。ところが、日本人で投資に興味を抱く人の中には、この“根本的な部分”を理解していない人が多い。つまり“投資”に確実性を求めるのだ。それは“占い”に100%の的中率を求めるのと同じで、無意味なことなのである。或る程度の“見込み”や“見通し”は建てられても、絶対性など求めてはいけないのが“投資”なのだ。それと同じで“透明性”や“公平性”など、強調すること自体が“妖しい”証拠なのである。その妖しい事業を始めるにあたって本名を公表したのは、自らの「透明性」を示したかったからだろう。けれども、もし、本当にそう思うのであれば、彼はもっとプライベートなどオープンにすべきである。それが出来ないのに、本名だけ知らされて“金”を預けられるであろうか。まあ、彼自身に“投資したい”というファンなら別であろうが、それ以外の人達には“妖しい存在”でしかない。“妖しい通貨”の“妖しい広告塔”として、正月が似合う“一流芸能人”の今後が注目される。


最近の記事はこちら

まじめな“親子”は一緒に“穴掘り”

周辺の人達や仕事関係者たちから一様に「まじめで親切」と評価されていた“親子”が殺人遺棄をした。おそらく息子が妻を殺して母親に打ち明け、母親がそれを隠そうとして自宅の庭に、二人で“死体を入れるための穴”…続きを読む

「カジノ」を“悪魔”という前に…

日本人の中には「カジノ」を“悪魔”呼ばわりする人たちがいる。ところが、そういう人たちでも「宝くじ」には何故か寛容で“夢を買う”などと言って、購入したりする。そこで、こういう話はどうだろう。中国では、基…続きを読む

共感できても支持できない表現

近年はすぐ誰がどう発言したかが拡散する。特に芸能人、政治家、文化人などの場合がそうである。ある意味で、それは“有名度”を測るバロメーター的な部分もある。そういう意味で影響力の強いホリエモンこと堀江貴文…続きを読む

「国産ウナギ」が“輸入物”に負ける?

今年は“暑い”らしい。他人事のようなことを言うのは、北海道に暮らしているからだが、それでもやっぱり真夏は暑い。そこで多くの食卓には「うなぎ」が登場する。今週7月20日は「土用の丑の日」。ところが、実際…続きを読む

「歴史」は創るものではなく、出来上がるもの

「貿易戦争」という言葉が一般化してきた。昨日、中国では“世界フォーラム”が開かれたが、その中で楊潔氏は「中国は貿易戦争を望まないが、恐れもしない」という表現で、アメリカとの対決姿勢を前面に打ち出した。…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.